介護保険制度

2016/12/17 01:05:17 | 介護保険制度
「介護」「保険」という名前が入っている介護保険制度ですが、社会保険方式で賄える様な狙いが含まれている様なのです。それは介護サービスに関する費用についてですが、国や都道府県、市町村から出されている公費を財源とするのではなくて、被保険者が支払っている介護掛け金を財源として償う様にする事で、被保険者が受ける介護サービスは介護掛け金を支払っている事の見返りとして貰えるのだという利害関係が一致する事になるのです。この介護掛け金を財源とする事を社会保険方式と言っているのです。その他の狙いとしては介護保険制度が開始される前は、老人福祉と老人医療は分かれていた事も有り、利用者は一緒に受ける事が出来ない現状が有...
2016/12/16 01:05:16 | 介護保険制度
介護保険制度を受ける為には、被保険者になっておかなくてはならないのですが、資格の取得時期や喪失時期について説明しておきます。介護保険の資格取得は有る一定条件が満たされた時に自動的に取得出来る事になっています。この様な資格の取得の仕方を事実発生主義と言っています。一際我らで手続きをする必要はないのです。その条件は以下の通りです。【被保険者資格の取得条件】・各市町村に住民票が在る医療保険加入者の方が、40歳になると資格が取得されます。・40歳~64歳の医療保険加入者、余計65歳以上の方なら誰でも、他の地域から住所を移した時に資格取得となります。・生活保護を通している40歳~64歳の方が医療保険に加...
2016/12/15 01:05:15 | 介護保険制度
介護保険制度がスタートしてからある程度の年月が経ちました。介護サービスを利用する人も増加してきましたし、サービスを提供する介護事業者も増えてきました。利用する人、提供する人が増えてくるとあまりに財源が問題になるのではないかと思いますよね。財源が無いとサービスの質が低下してきたり、不正業者が出てきたりする等、今までに無かった問題が勃発して生じる様になります。介護保険制度の問題は今後増えてくると予想されますが、ここで挙げてみたいのは介護従事者達の質について挙げてみたいと思います。介護をする人はそれなりの資格を持ち歩いている事が義務付けられています。現在介護を通じている人が持ち歩いている資格は「介護...
2016/12/14 01:05:14 | 介護保険制度
介護保険制度から提供されているサービスの1つに訪問介護サービスが有ります。これは日常生活を自力でするのに支障がある介護利用者に対して、ホームヘルパーが自宅へ赴き、介護や世話を通して得るサービスとなっています。訪問介護では生活介護と身体介護というサービスを主に提供しています。【身体介護】身体に関する介護の事を指しています。主に食事や排せつの世話、入浴の介助、寝たきりの人の場合は体位を変えてあげたり、移動させてあげたりする事も有ります。また洋服の着脱のお手伝い、起床や終身に関する介助や、外出のお手伝い等も行っています。この他にも身体的に必要だと感じる介護が行われています。【生活介護】生活に関する介...
2016/12/13 01:05:13 | 介護保険制度
民間が経営している高齢者施設として有料老人ホームが有ります。食事や日常生活に関するサービスを提供している施設で、常に10人以上の高齢者の方が入所している様になっています。この中で介護サービスを通じている施設は相当あるというんですが、介護保険制度の要件を満たす事で「特定施設入居者生活介護」という指定を受ける事が出来るようになりますそうすると介護保険の対象施設である事になりますので、院内の職員から介護保険制度に合わせた介護サービスを提供して味わう事が可能となります。介護保険制度の対象とならない施設の場合は、訪問介護等、施設以外の所からサービスを提供して貰うというかたちになります。有料老人ホームには...
2016/12/12 01:05:12 | 介護保険制度
介護保険制度は利用する側の意思が仰る制度になっています。上手に利用すると可愛い制度ですが、よく理解しないと損をしてしまう可能性も有りますので、上手に使ってみて下さい。介護保険制度は以前の措置制度とは違って、介護を受ける側の申請から始まって提供される制度となっています。また受けるサービスに関しても選択が出来ますので、介護保険制度に関する規則正しい知識を持ち歩いておかなくてはなりません。この介護保険制度基本的部分は全国共通だと思いますが、各市町村によって勧められている制度も有りますので、詳しい運営方法は各市町村によって移り変わる事になります。また掛け金についても全国一律ではなく、市町村で決めて請求...
2016/12/11 01:05:11 | 介護保険制度
介護保険制度の制定が行われてから、ケアマネージャーという資格が注目を集めています。要介護認定で介護レベルが判断され、介護認定基準と判断される事によって介護保険サービスを利用する事が可能となります。どんな介護サービスを受けられるか、如何なる周期で受ければいいのか司るのがケアサービスと呼ばれる計画になります。このケアサービスだが、介護を受ける側が我らで形づくる事はおそらくなく、大抵はケアマネージャーに依頼して作成して買うのが一般的となっています。このケアマネージャーは、介護保険制度のスペシャリストとしてなっていて、ケアサービスの作成はもちろんですが、介護保険に関する相談、各種申請や手配、介護掛け金...
2016/12/10 01:05:10 | 介護保険制度
介護保険サービスを利用する前に、ご自分が介護が必要かどうかを判断して貰う要介護認定を申請しなければなりません。これは介護支援制度においてなさる認定になりますので必ず必要になります。申請自体は本人あるいはご家族が行う事になりますが、各市町村で基本的には申請できる様になっています。また、各都道府県が指定した施設(「指定居宅介護支援業者」「指定介護保険施設」)も申請する事が出来るのですが、ここでは代行申請という事になりますので、その施設にお願いして申請をして買う事になります。どちらが良いか判断に迷った場合は各市町村の介護担当、または担当医師に問い合わせてください。介護保険制度を利用するにあたって要介...
2016/12/09 01:05:09 | 介護保険制度
介護保険法を基に介護保険制度が制定されています。この制度を賢く運営して出向く為には財源が必要になります。この財源、半分はわれわれが支払っている税金で賄われています。税金と言っても国と各都道府県、各市町村の3箇所がそれぞれ負担する形になっています。そうして残りの半分は介護掛け金と呼ばれる40歳以上の人が無条件で加入させられている掛け金で支払われているのです。無条件と書きましたが、これは法律で定められている介護保険制度を運営する為になりますので、必ずや加入する事が義務付けられているのです。ですから、「自分は介護保険サービスを使わないから掛け金を払わない」という事は認められないのです。では、専業主婦...
2016/12/08 01:05:08 | 介護保険制度
これからすすむ高齢化社会に対応する様に介護保険制度が2000年に制定されスタートしました。この介護保険の特徴としては介護を必要としている人、それとその家族をメインとした考え方で、有利に利用出来る制度という事が言える様です。この介護保険を利用するに当たっては、利用者本人若しくは利用者のご家族が申請をする事、どの介護サービスを利用するか選択する事、選んだ介護サービスを扱っている事業者との契約をする事となっています。つまり介護保険制度は自分で利用も申請も行なう必要がある為に、どんな制度になっているのかという事を一概に理解しておかなければならないというのです。とは言っても大いに介護保険制度のしくみって...