扶養家族

2017/03/13 01:05:13 | 扶養家族
妻が扶養家族の場合それでも働くという事は多いに考えられます。それが自営業を通じている人の妻も、サラリーマンの妻も扶養圏外という事になればそれなりの時間、仕事をしなくてはならなくなります。すると家事や育児と仕事の両立はかなり難しくなるとして良いでしょう。この時サラリーマンの妻であるとすれば100万~150万円位で動くのであれば損をする可能性が出てきますので扶養の範囲内で働いた方が良いと思います。自営業の妻で有ればその辺は大丈夫だと思います。もし可能それであれば扶養家族の圏外ではたらく場合は正社員であるのが一番良いかもしれません。正社員として頑張れるならば社会保険や厚生年金に入る事が出来ます。これ...
2017/03/10 01:05:10 | 扶養家族
国民健康保険や社会保険は本当に支払わなければならないものですよね。社会掛け金は勤め人を通していると給料から天引きされますので自動的に払う事になりますが、国民健康保険は自営業の方が多いので、基本的には払いますが、払いが詰まる人も多い様です。仮に自営業の方で扶養家族がいる場合それでも扶養家族がいない場合けれども、支払う事が出来なくなったらどうすればいいのでしょうか。国民健康保険に関してですが、一定事情がある場合は掛け金の納付が免除されたり減額されたりするケースが在る様です。その事由には病気、解雇、倒産、失業等が挙げられますが。この事由は自治体ごとに違いますので聞いてみると良いでしょう。どうにもなら...
2017/03/07 01:05:07 | 扶養家族
扶養をする為の扶養家族には認定基準が設けられています。これは扶養する側の収入や扶養家族の年収、もう一度生計を同一にしているかどうか、親族かどうかという事が基準として問われています。同居していなければいけないという基準も有りますが、生計が一緒であれば別居も扶養家族として認定する事が可能となっています。今までは扶養家族にすると健康保険の保険証が1世帯に1枚で届けられていました。その保険証の中には家中の名前が書いてあって、病院に行く場合けれども共有して使用しなければなりませんでした。こういう場合、旅行に行った先で病院にかからなければならなくなったなど、不便な事も多かったのですが、今は保険証自体がカー...
2017/03/03 01:05:03 | 扶養家族
被扶養者とは扶養家族の事を指していて、扶養する人の配偶者、子供、両親等が主にあたるのですが、これらの家族が扶養する人の収入で生計を立てている人の事を指しています。扶養家族に当たる人は血族、親族になります。では、扶養家族として認められない人とはどんな人なのでしょうか。・「健康保険の被保険者である人」は個人で生計を立てているという事になりますので扶養家族としては認められない事になります。・18~60歳の人でかつ学生あるいは身体障害者または病気等で仕事が出来ない人以外の人は扶養家族としては認められない様です。・年間130万円以上の収入が継続的にある人は扶養家族にはなれません。そういった収入の中には遺...
2017/02/28 01:05:28 | 扶養家族
失業保険に関してですが、失業すると失業保険を買う場合が有るというのです。その受給額や受給期間は雇用保険に加入していた期間や貰っていたお給料で変わってきますのでおしなべて何とも言えない所が有ります。失業保険を貰っていて二度と扶養家族になるとするとすれば何かと注意が必要になります。場合によっては扶養家族になれないケースもあるそうなのです。結婚して会社を辞めて失業状態になった時、先ずは失業保険を貰おうとしますよね。その額によっては旦那さんの扶養家族になれないケースが有るそうです。それは旦那さんの入っている組合によるのでしょうが扶養家族にする為の上限額というのが設定されているそうです。失業保険をたくさ...
2017/02/25 01:05:25 | 扶養家族
税金面において様々な利点が扶養家族になると頂ける事になります。税金面と言うのは所得税や健康保険、社会保険等に関する金額になります。では誰でも扶養家族になってしまえば良いんじゃないかと思いがちですが、扶養家族になる為には見て取れる一定の条件をクリアしなければならないのです。扶養家族になる為には申請する必要が有り、その手続き自体がちょこっと面倒かもしれませんが、控除が頂けると一層頑張ると思いますので、ぜひ申請する事をお勧めします。税金の加わり方だが、扶養家族の立場とか年収とかで変わって来る。ここでは配偶者の場合で考えてみたいと思います。配偶者の収入が100万円以下の場合、住民税が課税されない事にな...
2017/02/21 01:05:21 | 扶養家族
健康保険や社会保険に加入している人の事を被保険者と呼んでいます。その被保険者の扶養家族として認定されている人の事を被扶養者と呼んでいます。この被扶養者と認定される為には、被保険者の収入で生計を立てているという条件が基本的には必要になる様です。まずは被扶養者として認定されるには、どういう条件が有るのでしょうか。先ずは被保険者と扶養家族の方が同居している場合の条件としては、被扶養者の年収が130万円未満でかつ、被保険者の年収の半分未満で在るという条件が必要となります。再び被扶養者の年収が130万円未満でかつ、被保険者の年収の半分以上の年収となっているでも、被保険者の年収よりは低くて被保険者の年収で...
2017/02/18 01:05:18 | 扶養家族
「扶養家族」とはどんな意味があるのかご存知でしょうか。簡単に言うと自分が養育(扶養)しなければいけない家族の事を刺しています。この扶養家族がいるいないで社会保険や健康保険等何かと変わってきますので、全く重要なものです。まずは1人あたりの扶養家族の人数についてですが、扶養家族が何人だったとしても社会掛け金は貫くそうですが、結婚や家族の死亡、子供が生まれたなど人数の増減が有った場合には、早速働いている会社の事業主に対して変更届を提出する必要が有ります。この扶養家族制度は色々な制度との絡みがはなはだ奥深い制度となっています。社会保険、健康保険、確申、税金等実に様々な税金絡みです。扶養家族制度を上手に...
2016/12/18 15:10:18 | 扶養家族
色々な規定を基に税制が控除されるという仕組みが扶養家族には有ります。その規定は税制によって違う様ですのでいくつか説明して見たいと思います。先ずは住民税についてですが被保険者の配偶者の収入が100万円以下であれば課税罹る事は有りません。しかし100万円を超えた場合は超えた分に対して住民税が課税罹る様になりますので注意しましょう。次に所得税についてです。扶養家族として103万円以内の年収であれば所得税は課税罹る事は有りませんし、配偶者控除がもらえる様になっています。103万円以上の場合ところが一層ある一定の基準内で有れば課税はされないようです。再び所得税は複雑で、配偶者の年収が103万円~141万...