後期高齢者医療制度

2016/12/18 01:05:18 | 後期高齢者医療制度
後期高齢者医療制度に尽さまざまな問題がありますが、中けれども心配なものは、医療サービスが縮小される可能性があることです。この制度によって、各、都道府県で違う医療報酬がこなせるようになりました。それによって、地域での医療報酬の違いが起きることになります。また、それ以上に心配されていることが、医療サービスが縮小されて仕舞うことです。経営難で閉鎖する病院が増えている中、医療格差によって、病院格差が生まれる可能性があります。そうなれば人気がある病院、人気のない病院の区別がきちんと付いてしまいます。経営がうまく行っている病院はつぎつぎよくなるでしょうし、反対に患者が来なくて経営状態が腹黒い病院は医療サー...
2016/12/17 01:05:17 | 後期高齢者医療制度
高齢者の掛け金ですが、ご存知の方も多いように、後期高齢者医療制度により変化しています。では、これによって、実際に病院で払う医療費はどのように変化するのでしょうか。後期高齢者医療制度によっての医療費の変化はありません。以前と変わらず、通常の1割負担として、所得が一定以上ある高齢者は3割負担となります。これは、75歳以上の後期高齢者と呼ばれている人の視点で貫くということです。では、70歳から75歳の前期高齢者と区分される自身はどうでしょうか?前期高齢者は、窓口での負担が2割合変わっています。ですが、平成23年3月まで1割負担で凍結しているとのことです。勿論、現役並の所得者は3割負担のままです。この...
2016/12/16 01:05:16 | 後期高齢者医療制度
高齢化している現在、お年寄りたちが、趣味や生きがいを保ち、面白く暮らしていることは理想的です。お年寄りが心豊かになる暮らしをしていることは、誰もが狙うことです。高齢者全員がこのように満たされた暮らしをしてほしいということは、日本での大きな課題のひとつでしょう。この課題を解決するため、全国の各市町村には、長寿社会課を設けている自治体があります。この長寿社会課は、各種市町村に存在しますが、おんなじ理念で動いているのです。簡単に言えば、高齢者の余生に対してサポートをすることです。定年退職し、年金をもらいながら生活を送っているお年寄りが、何を楽しみに、何を生きがいに生活しているのか、これらを提案し、サ...
2016/12/15 01:05:15 | 後期高齢者医療制度
日本には沢山の病院があります。病気などの研究をしているのは病院だけではありません。高齢者の健康についての研究を中心にしている、病院があることをみなさんはご存知でしょうか。それが、長寿医療センターと呼ばれている病院なのです。本当はこの長寿医療センターという施設は、日本中にいくつもあります。ですから、聞いたことがある方もいらっしゃるでしょうね。沢山ある施設ですが、その中で断然有名な施設は、愛知県にある、国立長寿医療センターという施設なのです。ここでは、広い分野において、研究が進められています。それほど老化に関しての研究、また、老化を制御することの研究などが行われています。そうしたら、長寿の人がいか...
2016/12/14 01:05:14 | 後期高齢者医療制度
2008年に現在の「後期高齢者医療制度」が実施されました。このたまに、本当は名称の変更もありました。それまで「後期高齢者医療制度」と呼んでいた制度を「長寿医療制度」にしたのです。このときの首相は、福田康夫氏でしたよね。本当は、この名称が変更になった背景には、「後期高齢者」という呼び方に問題があったからです。後期高齢者という名称はとても不評でした。この不評な後期高齢者という呼び名ですが、その数年前から、本当はこうした名称がありました。65歳から74歳を前期高齢者と呼び、75歳以上を後期高齢者と叫ぶ区分があったので、ここから名前をとった制度でした。後期高齢者という言い方には、末期というイメージがあ...
2016/12/13 01:05:13 | 後期高齢者医療制度
後期高齢者医療制度は、か弱い立場である、お年寄りの医療負担を、以前よりもものすごくする制度だと思っている人も多いようです。お年寄りになると、自然と病院に通う回数も、増えてしまう。また、あちらこちらに不具合が出て、各種病院に通う人もいらっしゃると思います。でも、家族の扶養になっていたお年寄りは、それまでは掛け金は家族が払っていますから、安心して、病院にかかっていられたと思います。ですが、ここへ来て目新しい制度のため、自分自身で、掛け金を負担することになりました、本来は、掛け金を平均化して徴収し、各自の負担差を無くし、高齢者のための医療費を、将来的に確保するシステムとして、スタートしました。国の医...
2016/12/12 01:05:12 | 後期高齢者医療制度
後期高齢者医療制度という、初々しい医療制度が実施されました。長寿医療制度と呼ばれることもある、この制度は、実施されてから各種社会問題が起きています。ニュースや新聞でも取り上げられ、様々な報道もされました。多分、目新しいことをやろうとする際は、何か問題が起こるものです。完全制度など無理なことなのでしょうからね。その症状だけを取り上げて、あれやこれやいう報道も多いようです。症状をあげてなんだかんだ言うよりも、真に、この制度が、私達のためになるのか、どのくらい役に立っているのか、そういった点を見るべきなのかもしれませんね。制度としてスタートしているものだから、人々個人が拒否することも出来ませんから。...
2016/12/11 01:05:11 | 後期高齢者医療制度
後期高齢者医療制度は、案の定どんなまま、利用できるのでしょうか。ご自分が、既に該当者である方や、該当する家族がいる人は、その点が気になると思います。病院での自前が今まで通りに収まることは、ご存知の方も多いようです。それ以外にも、後期高齢者医療制度で、支給されるお金もあります。では、ここでどんな場合なったら、支給を受けられるのか、ここでご紹介ください。覚えておいて、いざという時は、きちんと申請したいものですね。意外と、その支給内容には、どんなケースがあるのでしょうか。病気、または怪我をして、病院で治療を受けた場合には、療養の給付が行われます。病気、怪我で病院にかかった時、かかる医療費の1割、また...
2016/12/10 01:05:10 | 後期高齢者医療制度
新しく後期高齢者医療制度と呼ばれる、言わば高齢者の保険制度がスタートしていますが、この被保険者証はどのようになるのでしょうか?以前、もらっていた保険証とは、違ってくるのでしょうか。この制度の対象となった人には、カードタイプの後期高齢者医療被保険者証がいける。受け取りの記録が居残るように、自治体から配達記録などで郵送されるでしょう。更に申請する必要はなく、誰でも75歳になれば保険に加入することになるのです。自治体では住民全員の誕生日を把握していますから、申請しなくても誰がいつ対象者となるのかを把握しています。そうしたら、この被保険者証の有効期間ところが、平成20年度に限っては75歳の誕生日から、...
2016/12/09 01:05:09 | 後期高齢者医療制度
後期高齢者医療制度の対象となると、2008年4月からは老人保健医療受給者証や、各保険などの被保険者証が使えなくなります。新制度における初々しい被保険者証は、以前の被保険者番号ではありません。それとは違うNEW番号を貰うことになります。後期高齢者医療制度では、75歳以上の方、ひとりひとりが被保険者となります。ですから、該当する高齢者の方たちも、市町村などの自治体から支給される、それぞれの被保険者証をひとりに一枚ずつ所持することになるのです。因みに、生活保護受給者の場合、被保険者から除かれます。それにかかる掛け金はどうなるのでしょうか?それは、後期高齢者の方が各自で、掛け金を納めるのです。たとえば...
2016/12/08 01:05:08 | 後期高齢者医療制度
みなさんは、後期高齢者医療制度をご存知でしょうか?現在は健康保険、または国民健康保険において、扶養家族になっている方で、75才以上の人に対する、初々しい健康保険制度が作られたのです。2008年からスタートしているこの新しい医療制度ですが、対象者でない限り、いまひとつ興味が沸かないものですよね。また、対象者が家族にいらっしゃらない方もあんまり興味がないかもしれません。75歳以上の方、またはその歳にまもなくなりそうなご家族を持つ方は、このような制度に敏感だと思います。関係ないとしている方も。わが国の高齢者に関する医療制度ですから、いずれ私達もお世話になる制度なのです。知っていても損はありませんから...