介護保険料

2016/12/14 01:05:14 | 介護保険料
OLの場合等は、会社から読み取る給与額によって介護掛け金が変わってきます。ただ、OLが味わうお金は給与だけではありませんね。すべての企業が当たるわけではありませんが、各社員にはボーナスによる収入もあります。通常、サラリーマンは夏は6月か7月、冬は12月にボーナスをもらうのが一般的です。また、これら以外にも決算賞与という臨時ボーナスが発生するケースもあります。ボーナスは、介護掛け金に影響して生じるのでしょうか。結論から言えば、ボーナスも介護掛け金に影響を与えます。介護保険は、社会保険の一つです。そうして、社会保険はボーナスに対しても掛け金が掛かります。従って、もちろん介護保険もその範疇に入ること...
2016/12/13 01:05:13 | 介護保険料
何とか義務とはいえ、納税できるほどの手狭という人は大勢いるかと思います。税金は非常に様々な種類があり、それぞれに納税義務があるので、なんだか支払えないケースは出るものです。そうして、同様に社会保険、そしてその中の一つである介護掛け金に関しても、状況によっては支払いが困難なケースも出るでしょう。仮にそんな状況で支払いをしない場合は滞納となってしまうかというと、本当はそれほどとは限りません。場合によっては、介護掛け金を免除してもらえるケースがあります。但し、あくまでも一定期間それで注意が必要です。介護掛け金を免除できるのは、「3歳未満の子供を育て上げるための育休を作る被保険者」、「日本国内に住所が...
2016/12/12 01:05:12 | 介護保険料
3年に1度、あるいは毎年の見直しが必須となっている介護掛け金ですが、まさに見直しによって料率が変動した例はどれくらいあるのかというと、本当はかなりの頻度で変更が行われています。2000年からスタートした介護保険制度ですが、発足当時の国民健康保険加入者に対する料率は、6.00%でした。会社勤めの人は会社が折半できるので、何となく3.00%という非常に低料率で介護掛け金を支払っていたことになります。つまり、発足当初は非常に掛け金が低かったということです。ただし、この料率では賄えないということは根っから明らかで、当初から一年足らずで急性料率の引き上げがあるというアナウンスはされていました。まさに、2...
2016/12/11 01:05:11 | 介護保険料
65歳以上の第1号被保険者の介護掛け金は、基準額にそれぞれの条件に見合った係数をかけることで算出されます。その中の条件は、所得段階によって最低でも6段階、多い市町村では10段階くらいまで分かれてあり、それぞれの条件に適合させて介護掛け金を決定していくことになります。所得段階における第ワンステップは、いわゆる生活保護受給者です。この条件に引っかかる人の場合は、基準額×0.5が掛け金となります。第2段階は、世帯全員の市町村民税が非課税であり、それから課税年金収入額+合計所得金額が年間80万円以下の人です。年金以外に所得がないことも条件となります。この場合は、基準額×0.5~0.75という設定になり...
2016/12/10 01:05:10 | 介護保険料
2000年より制度が開始された介護保険は、40歳以上になるととにかく加入しなくてはなりません。従って、40歳以上の国民全員が介護保険制度の利用者であり、共に介護掛け金を払う必要があります。しかし、国民健康保険に代表される医療保険に加入していることが利用の条件です。介護掛け金は、第1号被保険者と第2号被保険者でその料金が異なります。また、被保険者となっている種類それでも料金が異なるので、誰もが一律おんなじ掛け金というわけではありません。介護掛け金を滞納すると、介護サービスを受けられない可能性があります。とはいえ、かなり受けられないというわけでもなく、サービスが手薄になるに関してが多いようです。従...
2016/12/09 01:05:09 | 介護保険料
第2号被保険者が介護サービスを受ける場合には、要介護状態が大前提となります。一方、第1号被保険者の場合は、要介護状態の人だけではなく、要支援ときの人も介護掛け金さえしっかり支払っていれば介護を受けることが可能です。第1号被保険者は介護掛け金は年金から天引き罹るので、基本的には問題ありません。但し、要介護と要支援ではサービス内容が異なってくるので、注意が必要です。要支援の人は、社会復帰をより念頭に置いたリハビリ運動などを立ち向かうサービスが中心となります。介護保険のサービスとしては、主に「家庭訪問」、「日戻り通所」、「短期入所」、「福祉用具、住宅改修」などがあります。その中で主に「在宅サービス」...
2016/12/08 01:05:08 | 介護保険料
1990年代後半あたりから、日本では深刻な高齢化問題が社会問題として奪い取りられるようになりました。団塊の世代やベビーブームによって生まれた世代が高齢化し、その一方で少子化が進んだことで、全体の人口の中で高齢層が占める割合が圧倒的に高くなったからです。それによって高齢者への生活保障、最も要介護者に対しての保障の整備が急務として、2000年に介護保険制度が誕生しました。介護保険制度によって受給できる介護保険金によって、高齢者の介護に関する負担をやわらげるための保険ですね。勿論そのためには、介護掛け金を払う必要があります。介護保険は、介護を目的とした行為を補助するための保険で、他の保険同様、公的な...