生命保険について

2016/12/19 01:05:19 | 生命保険について
今日は、生命保険会社の料金の比較についてをお話していきます。生命保険を選ぶとなると、前もって一番気にしがちなのが「掛け金」ですよね。大きいと済むプランに来れるし老後も安心だけど、払いきれるか心配し、できれば安いほうが嬉しい…ほとんど、みなさんこう思っていることでしょう。今までこのサイトの中それでは、「共済」や「ネット保険」など、掛け金の手ごろなものをご紹介してましたが、やっぱ、個人的にも、「極力安っぽい」保険に入りたいという願いは変わりません。この不況の中まずは、何においても経済的に済ませるに越したことはありませんからね。但し、料金的に安っぽいものに入って、保険金が全く下りないのと、料金的には...
2016/12/18 01:05:18 | 生命保険について
WEBの生命保険の比較サイトで、自分の年齢や性別に合った生命保険を一括で編み出すことができますが、試したことはありますか?診断チェックも、一分で適うようなものもあれば、時間は増えるけれど、しっかり診断出来るものもあります。そういった時間のかかる診断を受け、どういった会社のどういった保険がいいかを一括検索にわたってみると、自分に当てはまる余裕掛け金や、入るべき保険が一秒で表示されます。中には、死亡保障はどのくらいがいいか、入院費はどれくらいほしいか、などと非常に細く入力出来るものもあるので、コンサルタントを頼らなくても、ある程度目安を探ることが出来るようになりました。但し、入るべき保険が、いかな...
2016/12/17 01:05:17 | 生命保険について
保険大国である日本は、それと共々「保険金殺人大国」でもあります。そのため日本人は、「生命保険」に対して、どっか大金目当ての犯罪が表裏一体になっているイメージを抱きがちなところがあるように思われます。こういうイメージは「必ず払ってもらえるのか?」「どんな災害も、保険金はしっかり下りるのだろうか」という被害者意識、及び保険に対するのほほんとした不安に達するのでしょう。ただし、こういう不安を払拭するために、保険業界には「ソルベンシーマージン(solvency margin)」比率というものが存在します。ソルベンシーマージン(solvency margin)とは、「支払い余力」のことをあらわす用語です...
2016/12/16 01:05:16 | 生命保険について
生命保険ひとつ選ぶといっても「アフラック」の生命保険、「アリコ」の生命保険、「チューリッヒ」の生命保険など、会社もさまざまですし、比較してみると、各社によって内容もさまざまです。また、忘れられがちなのが「簡保」の存在ですが、簡保の場合は、診断書なしで給付金を受け取れるといったポイントがあります。どの会社でも言えることだが、給付金を察するためには「診断書」が必要です。診断書は、言わずもがなですが、自分が結構その症状を発症しているということを、証明するためのものですね。この診断書を見て、「正にがんなので、給付金を渡しますね」となるのが保険会社の通常のパターンです。但し、診断書というものは一通で四万...
2016/12/15 01:05:15 | 生命保険について
生命保険には「定期型」と「終身型」がありますが、ともかく、お金に余裕があるとすれば、終身保険に入るべきかと個人的には思います。結婚して、子供を持ち歩いて、「死後の責任」を感じる人は余計に、「いかなることがおこっても、安心できる」終身型の生命保険がいいのではないでしょうか。死亡保障の手厚さは魅力的ですし、仮に、万が一自分が事故で死んでしまったとしても、降りた保険金から葬式代も出せますし、飼う人がいなくても家族はそのお金でちょっぴりは生活することができます。生命保険を比較すると、死亡保障がめったに充実していないものもあるので、自分が死んでしまったときのことを不安に思うならば、お金はかかりますし、満...
2016/12/14 01:05:14 | 生命保険について
そうして生命保険の比較情報を追ってゆくと、「これに入るべきか、あれに入るべきか」というダブルバインド(ダブル拘束)に陥るかもしれませんが、「保険に入らない」という選択もあることを忘れてはなりません。「保険に入る」ということは非常にお金の繋がることだが、なんだか日本では「保険に入るのは当たり前」という認識があります。ただし、それは「日本の常識」であり、「世界の常識」とはまったく異なっています。そもそも日本は世界的に見ても、アメリカにそれで二番目に大きな保険市場を展開する「保険大国」です。知ってる方のが短いかもしれませんが、日本は「掛け金にお金をかける」ナショナリズムがあるのです。その裏には、保険...
2016/12/13 01:05:13 | 生命保険について
生命保険の会社にもさまざまなものがありますが、外資生命保険と、国内系生命保険の会社とでは何が違うのでしょうか。比較してみると、外資のほうがガン保険にしばらく特化してるという特徴があるくらいで、大きな差はほとんどありません。ついつい、国内のもののが安心するイメージがありますが、今国内で一番人気のある保険会社は、外資であるアメリカンファミリーのアフラックであるとも言われています。国内のものはなんとなく掛け金がおっきいサービスが多いのに対し、外資はそこそこ短い「ような気がする」というその程度の差しか無く、いまいち生命保険の会社が、国内系か外資であるかそうでないかは、気にする必要は内科と思われます。と...
2016/12/12 01:05:12 | 生命保険について
世の中には生命保険、と聞いただけで、悪質なセールスを彷彿として不快顔をする人もいます。とにかく、玄関にすわりこむ生保レディのおばさんに、うんざりしている人の存在は少なくありません。わたしの知り合いにもカップル、生保レディを通じている、団塊の世代の人がいますが、なぜか態度が横柄で意地悪で、常に男性とのトラブルをかかえているので、かかわらないようにしています。勿論、意外と相手のためにセールスを通している生保レディというのもあるのかもしれません。ただし残念ながら、私は正直、いまひとつそういった生保レディを見たことがありません。生保レディも相当一大もので、ひと月に一件も契約できないとなると、自分が契約...
2016/12/11 01:05:11 | 生命保険について
生命保険に入る際に、ほとんど見落しがちなのが「特約(オプション)」の存在です。その会社によってオプションはものすごくことなりますし、選んだそのオプションによって、保険金は大きく変わってくる。オプションの中それでも「三大疾病特約」など、日本人の死因の上位にのぼる「心不全」などのものをあつかった特約が有名ですが、本当はありとあらゆる特約の中それでもこの「三大疾病特約」が最も「無用」特約だと言われてます。無用、というより、他のオプションと比較しても「意味がないまま締め括る」ことの多い特約として知られています。まさに効力を発揮するときもあるのですが、本当はこの「三大疾病特約」は、条件を満たすケースが非...
2016/12/10 01:05:10 | 生命保険について
生命保険の比較の際に、わすれてはならない、ほんとに重要なことがあります。それは、保険を選ぶ際に「安さ」をものさしにとめるということです。やはり経済的に無理があるものを、払い積み重ねることはできないので、自分の通帳と相談した上で決めなければならないのはもっともです。ただし、それだけではいけません。長い人生の中で、十年後、二十年後も後悔しないものを選ばなければならないのです。知人や友人から、ノルマ目的に求められた生命保険に馬鹿正直に入ることなども、駄目が、安いから入る、というのでは判断を間違うことが多くあります。前もって一生で一番大きな投資ともいえる「保険」は、徐々に形づくる必要があるのです。掛け...
2016/12/09 01:05:09 | 生命保険について
怪我も病気もしたことのない若い人でも、「生命保険」は無関係なわけではありません。大体、若い人は「きっかけ」がなければ保険に対して練り上げることはないようですが、生命保険を比較するための予備知識程度なら、もっておいたほうがよいのではないかと思われます。若い人が生命保険についてを意識するのは、結婚をしたり、病気をしたりといったことを経験した時が多いようですが、若い人とある程度年を経た人の保険の選び方はすごく異なります。とりあえず、若い人の場合は、死亡保険は決して意識する必要がありません。病気になったときに、入院費などの交付金が高いかとどうかを重視して選ぶとよいかと思われます。その保険金も、生命保険...
2016/12/08 01:05:08 | 生命保険について
がん保険、医療保険、損害保険、地震保険など、「仮に」の形に備えて、社会にはさまざまな種類の保険が存在します。殊に生命保険は、病気や怪我などの基本的「心配ごと」に備える内容となっており、皆から需要があります。多くの、は「入らない人もいる」ということを示しますが、そうして保険に入らずにいてある日急きょ死んでしまって「家族に何遺せない」人というのがごまんと存在します。彼らの大半は「依然初々しいし」「自分は病気打ち切るから」と考えていたのだろうと思われますが、今までなかったというだけで、はからずも明日病気になるかもしれないのです。健康に過ごしてるお医者さんでも、いつ病気になってもおかしくないのですから...