住宅ローン減税

2017/02/13 01:05:13 | 住宅ローン減税
住宅ローン減税は、政府が作った制度であり、それを受けようとする人は色々手続きが面倒だと言われています。たとえば、200年住宅、省エネ住宅には、有利になるように減税制度を作っていますよね。これらの長期優良住宅は、普通の住宅と比べたら住宅ローン減税の幅が大きくなります。ですが、自分の住宅を長期優良住宅と認めて貰うには、それようの認定基準があり、納税者である弊社が、税務署に対して「認定を受けた住宅です」という証拠を出さなければなりません。そのための書類を用意し、提出して、減税が貰えるのです。無論、申請をしなければ、たとえ省エネの住宅を作ったところで、とっても得をしないということになります。払った税金...
2017/02/10 01:05:10 | 住宅ローン減税
住宅ローン減税についてお話して来ましたが、実際にどれくらいのお金を得するのか、金額について気になっている方も多いと思います。無論、おうちの年収によっても違ってきますよね。ここで、例として、年収と住宅ローン減税について、どれくらいお金が返還されるのか、ご紹介してみたいと思います。一般住宅を購入したという想定で、住宅ローン借入の条件においては、全期間固定金利3パーセントとしています。また、返済期間を35年とし、元利均等返済として、ボーナス返済無しと仮定しています。そうして、2009年12月実行で、返済開始が2010年1月から、という過程でシュミレーションしたものです。やはり、現場、市町村、家族構成...
2017/02/06 01:05:06 | 住宅ローン減税
転勤後の再適用条件が2009年度の税制改正において緩和されました。転勤が終わって、マイホームにまた住むようになった場合における、住宅ローン減税の適用が緩和されたのです。これは、転勤が多いサラリーマンにとっては、素晴らしい制度ですよね。元々、住宅ローン減税には、再適用の要件がありました。この要件が、一部、緩和されることになったのです。ますます5年間、住宅ローン減税が延長され、最大控除額もかなり増えました。それにプラスして、所得税から控除する額が足りない人は、併用して、住民税からも控除できるシステムになったのです。当然、ローン減税と言われるだけあり、ローンを組んだ人しか適用されません。ですから、一...
2017/01/31 01:05:31 | 住宅ローン減税
住宅ローン減税は、住宅を購入した人で、ローンを組んでいる人がある条件のもと、適用することが出来る減税制度です。ですが、本当はリフォームすることそれでもそれが使えるのです。ある条件に該当すれば、リフォームした場合それでも、本当は住宅ローン減税が適用されることをご存知でしたか?歴史的な出来事でした、民主党への政権交代。民主党がマニフェストとしてあげている項目の中で、住宅政策に関することもありましたよね。具体的に言うと、リフォームというものを最重点に位置付ける、ということらしいです。また、バリアフリー改修、そしたら、耐震補強改修、他にも、太陽光パネルや断熱材設置など、省エネとなる改修工事を支援すると...
2017/01/29 01:05:29 | 住宅ローン減税
みなさんの中で住居をローンで購入している方も多いと思いますが、名義はどうなっていますか?我が家は夫である主人の名義になっています。ご主人の名義になっているおうちが多いでしょうが、中には共同名義や、奥さんの名義になっているおうちもあるでしょうね。さて、ご主人が家のことを通じていて、奥さんが外で働いているケースも現代では何もおかしくありません。一昔前でしたら、ダラダラ言われているようなケースも、今では、多いと思います。主夫という最適言葉もありますからね。さて、このように、奥さんの年収の方が激しく、ご主人の年収が低く、家を奥さんの名義で購入している人もいるでしょう。名義は奥さんも、ご主人と連帯債務者...
2017/01/26 01:05:26 | 住宅ローン減税
マイホームを購入する人にとって、住宅ローン減税は、誠に興味がある制度ですよね。払った税金が多少なりとも手元に戻ってきたり、控除されたりするのであれば、家計から出歩くお金も減ります。ですから、家を買ったり、マンションを買ったりする人にとって、この減税制度への関心は厳しい方が多いようです。また、住宅ローン減税という制度、本当は知らない人がいるようですが、あんな方も安心です。知らずに適用していなかった期間があったとしても、5年間の過去をさかのぼり、還付請求をすることが出来ます。さて、2009年、2010年に入居した住居の場合、一般住宅で最大控除額が500万円として、1999年から2001年6月のおよ...
2017/01/24 01:05:24 | 住宅ローン減税
住宅ローン減税を受けたい方は、どのように申告をすれば良いのでしょうか?これは、入居の翌年に申告をしなければなりません。住宅ローンを組、家などを買うと10年から15年間、ローン残高のうち一定の割合だけですが、所得税から還付されます。これが住宅ローン減税です。住宅関連の減税制度は何かとありますが、この制度はお得ですから、みなさんも対象者であれば、ちゃんと申告したほうが良いです。入居した翌年に、確申をする必要ありますが、給与所得者の場合、2年目以降については、年末調整での手続きで大丈夫です。これは簡単で助かりますよね。また、住宅ローン減税は、その制度の中身が変わることが多いので、先ず申告しただけで安...
2017/01/20 01:05:20 | 住宅ローン減税
住宅ローン減税の控除ですが、通常住宅のケースと、長期優良住宅のケースでは、違ってきます。その条件と、控除ですが、一般住宅、また、長期優良住宅に分けてみて、双方がどうなるかシュミレーションしてみましょう。一旦、一般住宅のケースを見てみましょう。一般住宅の場合は、2009年1月1日から、2年以内ですと、入居者はローンの残高が5000万円あることが条件となります。つまり、入居した年が2009年、または2010年っていう場合です。そうして、2011年ですと、その残高が4000万円というのが条件です。また、2012年ですと、3000万円の残高、2013年ですと、2000万円の残高と設定されています。おわ...
2016/12/18 15:09:18 | 住宅ローン減税
みなさんは、持ち家にお住まいでしょうか?住宅を新規に買おうとするとその費用はかなり高いですよね。おうちを貰うという人は、人生において、一番大きな買いものと言えるかもしれません。いかに少ないもの件も何百万はするでしょうし、普通で何千万、良いものになると億単位のもの件もありますよね。良い買いものを通してローンを組んだ場合、住宅ローンにおいて、その費用負担を多少なりとも何気なくするため、納税者としての税負担が軽減されています。みなさんも、住宅などを取得する際は、ローンなどでお金を借りると思います。この場合、借入金の一定割合を、所得税から控除されます。当然、それにはいくつかの要件があり、該当者のみとな...