介護保険制度について

介護保険制度について

これからすすむ高齢化社会に対応する様に介護保険制度が2000年に制定されスタートしました。

 

この介護保険の特徴としては介護を必要としている人、それとその家族をメインとした考え方で、有利に利用出来る制度という事が言える様です。

 

この介護保険を利用するに当たっては、利用者本人若しくは利用者のご家族が申請をする事、どの介護サービスを利用するか選択する事、選んだ介護サービスを扱っている事業者との契約をする事となっています。

 

つまり介護保険制度は自分で利用も申請も行なう必要がある為に、どんな制度になっているのかという事を一概に理解しておかなければならないというのです。

 

とは言っても大いに介護保険制度のしくみって苦しくて分かるとは言えないと思いますので、これから覚えていくと良いと思います。

 

また、介護保険制度は2005年に介護保険法が改正された事ですごく内容が変わってしまいました。

 

これにより利用者にとっては負担となる部分も出てきた様です。

 

不況だ不景気だと騒がれている中での負担額の増大は、利用する人にとって大きな負担にもなる事でしょう。

 

一段と介護保険制度は毎年何かしら変わっている様も有りますので、終始変更点を把握しておかなければ、有利なサービスを利用する事が出来なくなってしまいます。

 

介護サービスを提供する為に作られた制度ですが、周知自体もしんどいので完全の利用が出来ないと言うのも大きなデメリットではないかと思います。

 

 

介護保険制度のまとめ

中身を全て理解するのは難しいと言われている介護保険制度ですが、思い付かままだと丸々になって、いただけるサービスを逃してしまうので、その概要を簡単にまとめてみたいと思います。

 

介護保険制度とは、対象者から支払われている介護掛け金を財源として介護を必要としている人達に、その人達に当てはまる介護サービスを提供している制度の事を指しています。

 

ただし、財源は国民から支払われている介護掛け金だけではなく、国や各都道府県等から税金が半分は充てられているという事です。

 

この介護保険制度では、利用する人が認定された要介護度のレベルに合わせて、色んな介護サービスが提供される様になっています。

 

では、この介護保険サービスをいただけるのは、国民すべてなのかと言うとそうでは有りません。

 

介護掛け金は40歳から支払わなければならなくなりますが、サービス自体を受けるのは条件が有ります。

 

【介護保険サービスを受ける事がもらえる条件】
≪第1号被保険者≫
これは65歳以上の人の事を指していますが、第1号被保険者の人がどんな理由、いかなる状態で有っても介護が必要だと判断された場合に受ける事が出来ます。

 

≪第2号被保険者≫
これは40~64歳の人の事を指していますが、指定された特定疾病によって介護が必要だと判断された場合に受ける事が出来ます。

 

介護が必要だと判断されるのは、要介護認定をしてもらう申請をして認定して貰う事が必要となります。

 

 

何故介護保険制度が導入されたのか

介護保険制度は2000年に導入されましたが、なぜ今介護保険制度が導入なる必要が有ったのでしょうか。

 

その理由を挙げてみたいと思います。

 

今でもそうかもしれませんが、介護と言うと各家庭、各家族で立ち向かうものという意識が有ると思います。

 

それが介護保険制度が制定なる前は再度その考えが強く有ったのではないかと予想されます。

 

ただし今では日本も世界一の長寿国の高齢化社会になっている事も有り、お年寄りが増えてきています。

 

また寝たきりになったり、認知症になったり、老々介護になったり、介護自体が長期化してきたりと、1人の介護に対する負担がとても高くなってきている様にも捉え、介護の重要性が高まってきていると感じると思います。

 

先程挙げたお年寄りがお年寄りを介護する老々介護も増えてきている現実も有り、問題が山積みとなっています。

 

家族が介護をする事自体にも問題が出てきています。

 

核家族化、女性の社会進出等で介護をする人がいないという事、介護が必要な人と共に暮らしていないという事、ですから介護が難しいという現実があるのです。

 

そう言った事を受けて、介護をする人の事、介護なる人の事を家族間の問題として締めくくるのではなく、社会全体で守っていこうという仕組みを探る為に介護保険制度が作られたのです。

 

介護保険制度は福祉と医療を一体化させ、介護が必要な人達に介護サービスを提供する事になっています。

 

これにより、介護問題が今後多少なりとも解決して出向く事が望まれているのです。

 

 

介護保険は誰が利用出来るのでしょうか

介護保険制度が制定された事によって、介護が必要な人は介護サービスをもらえる事になりましたが、全ての人がもらえる訳では有りません。

 

有る条件が必要になりますので下記に挙げてみたいと思います。

 

≪第1号被保険者≫
第1号被保険者と言うのは、65歳以上の人達の事を指しています。

 

この方は介護保険制度において要介護・要介護支援と認定された人全てが介護サービスを受ける事が出来る様になっています。

 

≪第2号被保険者≫
第2号被保険者と言うのは、40歳~64歳の人達の事を指しています。

 

この方は要介護・要介護支援と判断された人全てが介護サービスを受ける事が出来るのではありません。

 

要介護・要介護支援と判断された人で、特定疾病が理由で判断された人が受ける事が出来る様になっています。

 

ここでいう「特定疾病」とは老化に伴ってある疾病の事を指しています。

 

ここで言っている特定疾病にはいかなるものが有るか下記に挙げてみます。

 

「骨粗鬆症(骨折を伴うもの)」「筋萎縮性側索硬化症」「パーキンソン病」「脳血管疾患」「早老症」「慢性関節リウマチ」「慢性閉塞性肺疾患」「閉塞性動脈硬化症」「後縦靱帯骨化症」「認知症(初老期に限る)」「閉塞性動脈硬化症」「脊髄小脳変性症」「脊柱管狭窄症」「シャイ・ドレーガー症候群」「糖尿病性の神経障害、腎症、網膜症」「変形性関節症(酷い変形を伴うもの)」になりますが、これに今は「末期がん」も特定疾病扱いとして介護保険サービスがもらえる様になっています。

 

 

介護保険制度が導入される前の制度

2000年に導入された介護保険制度ですが、せっかく有る制度ですから上手に利用した方が良いと思います。

 

この介護保険制度が導入達する前は介護に関する制度には「措置制度」というものが有りました。

 

これは市町村等の各行政によって今で言う「要介護」「要介護支援」という様な介護が必要かどうかという判断を通じていて、必要と判断された人をクリニックに入所させる様にしたりとか、訪問や在宅介護サービスを利用する様に行っている物でした。

 

今と違う事と言うと、介護サービスは介護を受ける側が選べないと言う所に有った様です。

 

また、介護が必要かどうかを判断する時も所得調査が必要になる等、心理的にお断りなとおもう様な調査も含まれていたそうです。

 

今ではそう言った措置制度は廃止され、介護保険制度が使える様になりました。

 

この介護保険制度は40歳以上の方が支払っている介護掛け金を財源として運営されている保険になります。

 

以前の措置制度と違い、要介護の人達は誰に気兼ねをする事もなく介護サービスを受ける事が出来る様になったのです。

 

また今までは選べなかったサービスも買えるようになったので、介護の幅が広がったと言えるでしょう。

 

但しデメリットも有って、以前の措置制度の場合はやらなかった手続きを、介護保険制度ではわたしで行う事になる為、多少面倒と思える部分も出ているのです。

 

わたしで申し込んだり契約したりする事で自由な介護サービスを受ける事が可能となったのです。

関連ページ

介護保険料の内容
介護保険制度について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
要介護認定の申請はどこにすればいいのでしょうか
介護保険制度について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
ケアマネージャーについて
介護保険制度について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険制度を上手く使おう
介護保険制度について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護サービス【有料老人ホーム】
介護保険制度について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護サービス【訪問介護】
介護保険制度について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護従事者の問題点
介護保険制度について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険制度の被保険者資格について
介護保険制度について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険制度が創設された狙い
介護保険制度について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。