介護保険制度が創設された狙い

介護保険制度が創設された狙い

「介護」「保険」という名前が入っている介護保険制度ですが、社会保険方式で賄える様な狙いが含まれている様なのです。

 

それは介護サービスに関する費用についてですが、国や都道府県、市町村から出されている公費を財源とするのではなくて、被保険者が支払っている介護掛け金を財源として償う様にする事で、被保険者が受ける介護サービスは介護掛け金を支払っている事の見返りとして貰えるのだという利害関係が一致する事になるのです。

 

この介護掛け金を財源とする事を社会保険方式と言っているのです。

 

その他の狙いとしては介護保険制度が開始される前は、老人福祉と老人医療は分かれていた事も有り、利用者は一緒に受ける事が出来ない現状が有りました。

 

但し介護保険制度が実施された後は、そう言った制度が再編成されるようになり介護保険制度を受ける利用者本人が自由にスキな事業者からサービスを受ける事が可能となりました。

 

これによって適切なサービスが一体的に貰える事になったのです。

 

こんな色んな狙いを見てみても、介護保険制度が導入された狙いには高齢者介護を正しく整備する事、社会保障を全般的に改革する事、高齢者の為、ご家族の為に制度がこなせるべきで見て取れる事という願いが秘められている様に思います。

 

最初は色んな問題が有った介護保険制度ですが、今では介護保険制度は国民に定着してきていて、今後も運営・維持に関して見直されていくのではないかと予想されるというのです。

 

 

在宅介護の主なサービス

在宅サービスの内「在宅介護の3本柱」と呼ばれているサービスが有ります。

 

それが訪問介護、通所介護、短期入所生活介護の3サービスです。

 

訪問介護はご自宅へ訪問して身の回りの事をしてくれたり介護してくれたりします。

 

通所介護は在宅介護センター等の施設をめぐって入浴介護や趣味のお手伝いなどをしてくれます。

 

短期入所生活介護はご自宅での介護をする方が病気等でいない状態になった時、特別養護老人ホームへ短期間それでは有りますが入所させてくれてそこで介護を通じていただけるサービスになります。

 

この3つのサービスを軸にして色んな在宅サービスを組み合わせて利用する様にすると、要介護者にとっても生活が円滑になって生活もし易くなりますし、介護を通じているご家族の負担も激しく減らして挙げる事が出来る様になります。

 

ただし、この在宅サービスは元々の介護保険制度では要支援認定以上の人が利用できる様になっていました。

 

但し介護保険法が改正されNEW介護保険制度においては要介護認定以上の人が利用出来るという様に変わってしまい、要支援認定の人はサービスが受けられなくなってしまいました。

 

そうすると要支援の方はどうしたらいいのでしょうか。

 

それを救う為に介護予防サービスというサービスが介護保険制度で新たに制定されましたので、そちらを扱う様になった様です。

 

この様に、今まで受けられていたサービスが受けられなくなる等、介護保険制度によって変わってきますので、ずっと把握しておく事が必要となります。

関連ページ

介護保険制度について
介護保険制度が創設された狙い、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険料の内容
介護保険制度が創設された狙い、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
要介護認定の申請はどこにすればいいのでしょうか
介護保険制度が創設された狙い、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
ケアマネージャーについて
介護保険制度が創設された狙い、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険制度を上手く使おう
介護保険制度が創設された狙い、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護サービス【有料老人ホーム】
介護保険制度が創設された狙い、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護サービス【訪問介護】
介護保険制度が創設された狙い、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護従事者の問題点
介護保険制度が創設された狙い、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険制度の被保険者資格について
介護保険制度が創設された狙い、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。