高い印鑑がいい理由

高い印鑑がいい理由

印鑑の値段は、実に様々。

 

「印鑑にこの値段?」と聴きたく至るようないい値のするもの。

 

対して「印鑑なのにこうした低い値で大丈夫?」と聴きたく繋がるような低いもの。

 

二極化してきているようです。

 

これは、個人の徳義心の違いもありますよね。

 

 

「自分の分身とも言える大事な実印だから、高めけどしっかりした実印が宜しい。

 

職人の手作りのものだと、偽造して悪用されることもないだろう。

 

」とお考えになる人。

 

「人生でそれほど何度も実印を使う機会なんてないのだから、これくらいでいいか。

 

」とお考えになる人。

 

 

多少値が張っても、コンピューターに頼らず職人による手作りにこだわった印鑑を提供する印鑑屋にはこのようなこだわりがあるようです。

 

厳しい印鑑の良さとは、どういう点かわかると思います。

 

 

実印は、人生の節目、大事な契約たまに、かならず必要になるものです。

 

実印とは、「あなたであること」の証明できる、IDというものです。

 

この世にあなたという人間がカップルといないように、実印もおんなじものがあっては決していけません。

 

この世の中に、あなたの実印と同じ印影があってはいけないのです。

 

悪いことに悪用されるような事が弱いとは言い切れません。

 

その時に簡単に印影を偽造患うのでは、その印鑑は、「ID」としての役割を果たすものではありませんよね。

 

ですから、実印をコンピューターで作成された簡易なもので良いはふと違うと思うのです。

 

 

手間暇はかかりますが、熟練職人による美しい手書き文字で、丹念にひとつひとつデザインすることにこだわっています。

 

大切な「彫り」の部分は、全工程を職人の手作業。

 

細部に至るまで丁寧に彫刻しているので、長年使えますし、しかも丈夫で欠け辛いのが特長です。

 

 

これだと、どんなに同姓同名であっても、二つと同じ印鑑はできません。

 

偽造にも大変凄いので安心。

 

いつでも「安心して助かる”逸品”を」提供しています。

 

 

 

 

実印に人気の印材「象牙」

印鑑の材料となるものを印材といいます。

 

印鑑を作りあげる工程の中で、印材をどのようなものを選ぶかによって印鑑の出来上がりもなんともなるようです。

 

印材にも、高値のするもの、割にお手軽なもの、長々あるようです。

 

 

印鑑の中けれども、実印を作りたい方は、印材にもこだわって重厚感のあるどっしりとした実印なんてどうでしょうか?お薦めの印材は、象牙です。

 

象牙は「印材の王様」と称されています。

 

その理由は、数多くある材質の中それでも一際朱肉のノリが可愛く、その印影の美しさは他の印材とは全く違うそうです。

 

断然捺印性にすぐれた材質と言えます。

 

また、印影の美しさのみならず、見た目の重厚感もいいですよね。

 

しっとりとした手触り、そしてどっしりとした重量感は、高級感が漂います。

 

実印を圧す機会というのは、人生の中それでも、ほんの数回ですが、いずれも人生の転機と言ってもいいような大事な書類、契約に用いるものです。

 

その際に、人の実印って気になってみてしまいませんか。

 

会社の経営者などだと、断然「この人は如何なる実印を所持しているんだろう。

 

」って、人は比較的気になってみているものです。

 

実印は、持つ人の分身とも言える大事なものです。

 

見栄を張れというのではなく、象牙くらいの実印を所持していると、流石だなって相手にも映るでしょう。

 

そういう意味でも、象牙は実印向きの高価な材料です。

 

その中それでも、とにかく効くものは「高級本象牙」と呼ばれるものです。

 

硬度があり、非常に密度が高いため、耐久性も金属のチタンにも劣らないほど丈夫な材質です。

 

「一生モノの実印を」と、本象牙で実印を希望陥る人も多いそうです。

 

 

 

 

オランダ水牛、天然黒水牛

オランダ水牛とは、オランダやアフリカを中心とした水牛の角を加工した材質のことです。

 

通常のオランダ水牛とは特に、オランダ水牛の中けれども、希少で透明度が高く美しい「純白(じゅんぱく)」と言われているのが、「純白オランダ水牛」というものです。

 

その際立つなつ印性、耐久性から、男女を問わず人気の印材です。

 

オランダ水牛の印材では、水牛の角の中それでもやはり繊維が緻密で耐久性が高い「芯持ち」(しんもち)と呼ばれるところが、最上級としています。

 

 

こだわりのある印鑑店舗では、水牛の印材は、水牛の角の中けれどもひときわ繊維が緻密で耐久性が厳しく、最上級とされる角の中心部分の、「芯持ち」(しんもち)しか使わないというところもあるようです。

 

角ひとつとっても、場所によって違いがあるのですね。

 

登録印である実印を作りたいなら、水牛の中けれども「芯持ち」がお奨めです。

 

丈夫なので、一生使える実印が仕上がることでしょう。

 

 

また、おんなじ水牛も、「天然黒水牛」というものあります。

 

こちらは、ベトナムを中心とした東南アジアの水牛の角を加工した印材です。

 

「天然黒水牛」の特長は、何といっても漆黒の色合いの美しさです。

 

「天然黒水牛」は、印鑑の材質以外にも各種日用品として使われています。

 

際立つ耐久性の高さから、ボタンや包丁の柄、また料理ばしとして利用されることもあります。

 

耐久性に優れているのみならず、見た目の漆黒の色合いの美しさから、アクセサリーとしても使われているほどです。

 

アクセサリーのように見た目も美しい実印は、女性が持つのにもいいですね。

 

 

 

 

これからのエコ印材「彩樺(さいか)」

印鑑に選べる材料として、「木」があります。

 

「木」でできた印鑑が一番我らに馴染みのある印鑑ではないでしょうか。

 

但し、年々悪化する地球環境によって、印鑑の材料も様々な研究がなされています。

 

そうして、「21世紀の初々しい植もの印材」として注目されているのが、「彩樺(さいか)」です。

 

長年の研究の末に開発されたエコ印材です。

 

彩樺は官公庁・環境関連企業団体からも推奨されているエコな印材です。

 

 

この「彩樺(さいか)」は、北方寒冷地で育ったバーチ材(真樺)とフェノールレジンとの結合材料に高圧加熱処理を付け加え作られた印材です。

 

この高圧加熱処理をすることで通常の木材よりも数倍著しく、伸縮やひび割れが少ない材質を考え出すことに成功しました。

 

硬度がある上に、非常に繊維も細かいので、最も耐久性に優れた印材と言えます。

 

当然、印鑑に最適な材質だと言えます。

 

一際一生のパートナーとなる実印をつくるには、最適な材質です。

 

 

玄武(げんぶ)/黒彩樺(くろさいか)と呼ばれるものは、はじめに述べた 「彩樺(さいか)」の黒タイプです。

 

出来上がる工程、木材の特長はとってもの同じですが、見た目の印象が思い切り変わってきます。

 

落ち着きのある上品な黒と、手厚い木目が絶妙にマッチして、何ともいえない高級感が洩れるエコ印材です。

 

 

さすが、実印は馴染みのある「木」がよろしいというこだわりをお持ちの方もいらっしゃると思います。

 

彩樺は耐久性もありますし、木材の中けれどもお奨めの印材だと言えます。

 

木しか出せない暖かい印象、あたたかい手触りが魅力的ですよね。

関連ページ

実印とは?
実印登録の手順、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
印鑑証明書って何?
印鑑を作るときに気をつけたいこと、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
印鑑と風水
実印の重要性、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
お子様に印鑑をプレゼントするなら・・・
ネット販売の印鑑の安さの訳とは?、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
ネットの印鑑屋
「手仕上げ印鑑」って何?、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
「本柘(ほんつげ)」
マンモス、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
チタン印鑑、キャラクター印鑑
高額な印鑑の訪問販売に注意、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。