「本柘(ほんつげ)」

「本柘(ほんつげ)」

植もの、木でできた印鑑は昔から、使われています。

 

象牙、水牛などの高価印材なども人気の今でも、その人気は、粘り強いものがあります。

 

木の印鑑の良いところは、植もの、木独特に手厚い印象、あたたかみではないでしょうか。

 

 

植もの、木を印材とした印鑑の中けれども、変わらず人気なのが、「 本柘(ほんつげ)」です。

 

特長としては、植もの系の印材としては一際繊維が緻密で、硬度・拘りもある点です。

 

篆刻にも適しており、印鑑、更に実印向けの材質です。

 

また、なつ印性も優れてあり、きれいに印影がでます。

 

普段の取り扱いさえきちんとすれば、末永くお使いできる際立つ材質といえます。

 

 

多くの印章店では、コストダウンの為、東南アジアから輸入品の柘(通称:アカネ)が使用されているところも多いようです。

 

但し、中には、100%国内産とこだわりを有する印鑑ショップもあります。

 

その中けれども断然最高級とされるのが、鹿児島産の「薩摩本柘」です。

 

おんなじ材料の中けれども、値段に違いがあるのは、このような点なのですね。

 

国産であるか、輸入ものであるか、国産の中それでも原産地はどっかによって、お値段にも材料にも違いが生じるのです。

 

作りたい印鑑によって材料の程度をチョイスしましょう。

 

役所などに鳴らす登録印である実印は、前もって適切見栄えのあるものがいいですよね。

 

実印は、それほど何度も作りかえるものではないですよね。

 

済むもので作って一生大事に使って行くものと考え、少々張り込むのもいいかもしれませんね。

 

 

 

 

パワーストーンで作った印鑑

誕生石や星座石などのパワーストーンをアクセサリーとして身につけている人は多いと思います。

 

ピアスや携帯のストラップなど眩しいものがたくさんでていますよね。

 

誕生石や星座石、いわゆるパワーストーンは、あなたに幸運を呼びよせたり・・・。

 

時折、あなたの弱まったパワーを補強してくれたりと、言わば現代版のお守りものの感覚のものです。

 

 

そのパワーストーンを印鑑を考えるときの印材として、宝石ものの実印、印鑑を作っていただける印鑑ショップがあるそうです。

 

それが、「水晶印鑑.com」というネットで印鑑を購入できるショップです。

 

こちらでは、「ロッククリスタル」「シトリントパーズ」、きめ細かいピンクが人気の「ローズクォーツ」「アメジスト」の4種類のパワーストーンから、好みの印鑑をオーダーできるそうです。

 

 

水晶は、浄化作用が強く、邪気を吸いとってくれるパワーストーンとして、男女ともに人気です。

 

病院の先生は多くの患者さんを毎日診察します。

 

病気にかかっている人は、邪気を所持しているひとが多いそうです。

 

その酷い気に負けないように、水晶を身につけている先生もいるようです。

 

同様の理由で、占い師の人も、水晶を身につけている方が多いそうです。

 

例えば、2月生まれなら、2月の誕生石であるアメジスト(紫水晶)がお薦めだったり、おうし座なら、おうし座の星座石であるローズクォーツ(紅水晶)がお薦めだったり、一人一人に相性のよいパワーストーンは違います。

 

誕生石で選ぶことも、星座石で選ぶことも自由にできます。

 

 

印鑑と風水は少なからず関係があるようですし、パワーストーンで作った印鑑なら、開運、運が直しそうですよね。

 

とりわけ実印は、人生の中それでも大事な瞬間に使われるものだから、このような水晶印鑑もお薦めです。

 

 

 

 

水晶印鑑とは?

ダイヤモンドにもほど近い硬度を持つ水晶は印鑑を創る材料としても注目されています。

 

水晶は、成分的には二酸化ケイ素(SiO2)が結晶化してできた石英(セキエイ)の中それでも結晶度の厳しい、別に大きな結晶である無色透明もしくは白色の鉱ものを指します。

 

また、水晶の吸い込まれそうな独特の神秘的な輝きは、今も昔も見るものを魅了します。

 

 

水晶は、かねてから宝飾品や占いの道具として私達の暮らしの中に存在していました。

 

昔から神秘的な役割を担い続ける水晶は、どっか特別な存在で全く大切にされてきました。

 

古代文明であるマヤ文明やその地域の原住部族の間それでも、透明な水晶は「まじない石」として特別な力があると考えられていたそうです。

 

 

そうして現代、そういう不思議な力を有した水晶を材料にした水晶印鑑が、注目されています。

 

印鑑の材料として大事な硬度も優れてあり、丈夫です。

 

一生モノの印鑑をと希望される方には、お進めの印材と言えます。

 

そうして、断然、遥か古代より、神業で、特殊なパワーを持つ不思議な石としてきた水晶で探る印鑑です。

 

印鑑という実用的な面を持ちながらも、お守りものの素敵な印鑑となること間違いなしです。

 

 

別に実印を作りたいという方には、お進めです。

 

実印は、あなたの分身とも言える大事な印鑑です。

 

実印を圧すときは、いずれも人生を左右する重要な選択のときです。

 

水晶の力を借りて、運を開いていただけるといいですね。

 

見た目も美しいので、女性がアクセサリーのように持つのも華やかで素敵ですね。

 

 

 

 

マンモス

人とは一味違う、自分だけのオリジナリティあふれる実印をお求めの方に、お勧め目指す印材があります。

 

それは、マンモスの牙です。

 

マンモスの牙は、ロシア・ユーコン・アラスカ・シベリア等で数多く発掘されています。

 

マンモスの肩高は4メートルほどもあり、体毛は赤褐色で長く、見るからに立派で凄まじく長い牙(きば)を持ちます。

 

シベリアなどで凍土から発見されたマンモスの牙は、ずいぶんめずらしく希少性の良い、印鑑の材質として注目されています。

 

見た目からしても、迫力があり、力強い感じなのかと思えば、その質感は、象牙と匹敵するほどの上品な美しさを誇ります。

 

材質の特徴は、象牙ものの凄い強度をもち、淡い乳白色を通じています。

 

密度が非常に良いため朱肉にもよく馴染み、末永く使えますので、大変人気を集めています。

 

実印にも向いている印材だと言えます。

 

 

ただし、このような天然ものでできた印鑑は手入れが困難んじゃないの?と、お思いの方もいることでしょう。

 

マンモスの印鑑の手入れはそこそこ、簡単です。

 

マンモスは天然ものの中それでも黒水牛や牛角よりも乾燥等によるヒビ割れに激しく、水で洗っても済むそうです。

 

この際、水分をきれいに乾いた布で拭き取り、直接日光に当てるのではなく日陰干しすれば、汚れや、ほこりはきれいにとれる。

 

もう光沢を出したいと思われたら、本当に、湿った布でほこりなどをふきとってください。

 

その後、家庭にある白い色のワックスで磨き、布のきれいな部分で軽々しくすれば、また輝きは戻ります。

 

このような手入れを通じて、大切に保存することにより一生使えます。

 

どうにか物珍しいマンモスの印鑑を手にしたのですから、手入れを通じて一生の付き合いを通じていきましょう。

関連ページ

実印とは?
実印登録の手順、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
印鑑証明書って何?
印鑑を作るときに気をつけたいこと、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
印鑑と風水
実印の重要性、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
お子様に印鑑をプレゼントするなら・・・
ネット販売の印鑑の安さの訳とは?、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
ネットの印鑑屋
「手仕上げ印鑑」って何?、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
高い印鑑がいい理由
これからのエコ印材「彩樺(さいか)」、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
チタン印鑑、キャラクター印鑑
高額な印鑑の訪問販売に注意、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。