チタン印鑑、キャラクター印鑑

チタン印鑑、キャラクター印鑑

最近では、印鑑もおしゃれなものがたくさん出てきています。

 

印鑑の材料も初々しいものが、つぎつぎ出てきていますし、印鑑のイメージはどんどんおしゃれなものになってきています。

 

 

とても、仕事場などで持ち歩いていたら渋い印鑑です。

 

印鑑の材料が、チタンでできています。

 

この印鑑に利用されている純チタンは、メガネフレーム、時計、カメラなど、私達の暮らしの中それでも各種ものの材料となっています。

 

あまり知られていないところそれでは、生体相性が良いので、人工骨、心臓ペース製造会社等の医療器具にも使われているという点です。

 

チタンの印鑑の特徴は、何といっても見た目がスタイリッシュでクール、また高級感も有ります。

 

印鑑にチタンという材料については、スキ嫌いが見て取れるかもしれませんが、硬度も十分なので一生使える印鑑となることでしょう。

 

 

また、奥さまに人気の通販「ベルメゾンネット」では、甘い印鑑が揃えられています。

 

ディズニーの望ましいキャラクターが側面にプリントされた印鑑は、お子さんのお誕生日のお祝いプレゼントなどに喜ばれているそうです。

 

実印と銀行印がセットになっています。

 

そうして、今人気の「ワンピース」の印鑑まであります。

 

このようなデザイン印鑑をオーダーする際に注意しなくてはいけないことがひとつ。

 

各市町村で行なう印鑑登録は、自治体によって登録できる印鑑の条件が変わってきます。

 

実印を作りたい際には、細かい条件を確認してからオーダーすることをお薦めします。

 

ようやっと作ったのに、思った用途に使えないのではもったいないですからね。

 

 

 

 

人気の台湾であなただけのハンコ

最近、台湾は人気ですね。

 

私の友人の女の子も台湾が大スキで本当によく行っているみたいです。

 

台湾の魅力を聞いてみると、「人が優しくて親切。

 

昔の日本にいるような感じになる」と答えてくれました。

 

私の友人のみならず、ういういしい女の子の週末のプチトリップにも台湾は大人気だそうです。

 

女性向けのおしゃれな書籍にも、特集されているのを最近書店で見かけました。

 

 

台湾と言えば、お茶などが浮かびますが、台湾では眩しいオリジナルハンコが作って受け取れるそうです。

 

ハンコなんて日本でも焼けるじゃないと思える方もいるとは思いますが、現に、台湾のハンコ屋で作ってもらったハンコを見せてもらうと、凄く素敵なんです。

 

ハンコ自体が透き通っていて、ふっと宝石のようで、手彫りされている字体もどっかオリエンタルな雰囲気が思いっ切りして、「これは台湾でハンコを見つける価値あるわぁ」と、私も欲しくなって仕舞うくらいです。

 

印材(印鑑の材料となるもの)も、琥珀、ピンクメノウなどパワーストーンのお店で見掛けるような材料もあり、人気のようです。

 

 

台湾人の働き手と印材を決め、書体を決め、お願いしておくと、誠に翌日には仕上がるそうです。

 

値段もまけて得るところもあるそうなので、交渉して見る価値ありますよね。

 

日本語が通じないため、希望がちゃんと伝わっているのか、如何なる印鑑が仕上がるかそこそこ心配だったそうですが、その出来上がりに全く満足している様子でした。

 

 

但し、かわいさ重視したハンコなので、印鑑の中けれどもプライオリティーの高い実印にはちょっぴり向かないかも・・・と思いました。

 

実印は、家、車を買う時の重要な書類に必要なものだから。

 

但し、普段使いの印鑑なら十分だと思います。

 

 

 

 

印鑑で開運「宝石印鑑」

日本での印鑑、実印のイメージはどっか硬いものところが、台湾では少し変わったおしゃれな印鑑、ハンコが人気だそうです。

 

その名も、「宝石印鑑」。

 

「宝石印鑑」って言葉聞いたことありますか?
宝石印鑑は、観光客のみならず、地元台湾も大人気です。

 

その人気の理由は、宝石印鑑は開運、運が良くなると言われているからです。

 

印鑑は一生ものですし、男女問わず喜ばれ、台湾のオススメのお土産に挙げられています。

 

縁起を担いで、出産祝い、就職祝いにプレゼントしても喜ばれそうですね。

 

 

宝石印鑑とは、印鑑の材料となる印材に美しい石(パワーストーン)によって作り上げる印鑑のことです。

 

但し、本場の台湾ではこのような石は宝石とは呼ばず、「玉石(ユイシー)」と呼ばれているそうです。

 

 

いつぞやより、「玉石(ユイシー)」には込めたパワーがあるといわれてあり、その玉石で作られた印鑑は最強の開運アイテムだと言えます。

 

印鑑に向いているとされるパワーストーンは、めのう、翡翠、キャッツアイなどが良いとしています。

 

日本でパワーストーンで印鑑を作るとなると15,000円前後は増えるでしょうが、台湾で作れば格安で払えるのも魅力です。

 

台北の街には印鑑屋さんがたくさんあり、その見た目のおしゃれさと値段、開運にもいいのもうけて観光客に人気だそうです。

 

 

印鑑、特に実印というと、人生に大事な時に使うものですよね。

 

それを開運を狙う宝石印鑑で作れば、運も開けてくるかもしれませんよね。

 

 

 

 

観光客に人気の台湾の印鑑

台湾で人気のハンコ屋さんがあるそうです。

 

ここのハンコは如何にも台湾らしいデザインに仕上げていただけると、観光客にも人気だそうです。

 

そのお店は、台北市長春路にある『展文堂(ヂャンウェンタン)』さんです。

 

こちらでは、吉相印鑑を作ってもらえる。

 

某航空会社のCMで、オセロのおお互いが「良い判子」をオーダーしたお店こそ、『展文堂』さんだそうです。

 

そんなおしゃれな印鑑作ってみたいですよね。

 

しかも、「吉相印鑑」って、断じて開運が望めそうなネーミングの印鑑ですものね。

 

これはぜひともゲットしたいものです。

 

 

ご主人の曾(ツェン)さんは、この道30年以上の実績を持つすごいお方です。

 

開運の字体の相談にものってくれるそうなので、力強いですよね。

 

 

でも、印鑑の印材も字体もたくさん種類があり、多くの人が長い時間迷ってしまいます。

 

そこで、印鑑を取る前に、3つのポイントがありますので、これを踏まえた上でオーダーしてください。

 

 

1.「用途」を決めましょう。

 

銀行印や実印など実用的な印鑑が欲しいのか、趣味の絵手紙用の『落款(らっかん)』が欲しいのかなど、印鑑の使い道を絞り込んでからオーダーするとよいでしょう。

 

これで字体、デザインが選び易くなります。

 

 

 

2.「作りたい字体とデザイン」を決めましょう。

 

様々な印鑑のデザイン見本を参考に文字の配置を決めます。

 

印鑑の形も丸や四角もありますし、印鑑の大きさもなる為です。

 

次は、見本帳から好みの字体を選びましょう。

 

 

 

3.ハンコの印材を決めましょう。

 

瑪瑙(めのう)や猫目石(キャッツアイ)など、日本とは違うからきし宝石ものの材料がうだうだ揃っているので、迷ってしまいます。

 

石と大きさによって値段は違ってきます。

 

 

 

これで、オーダーは終了です。

 

仕上がりは翌日になります。

 

これなら、少ない旅行期間それでも、とりにいただけるのでいいですよね。

 

 

印鑑(別に実印や銀行印、認印)は、一生扱うものです。

 

一生のおつきあいになる印鑑ですから、台湾できれいなパワーストーンによる印鑑も素敵ですよね。

 

 

 

 

高額な印鑑の訪問販売に注意

昔から、印鑑と風水、姓名判断は奥深い関係があるようです。

 

たとえば、「欠けた印鑑は金運が下がる」、「夫の実印よりも妻の実印のほうが立派で大きいと結婚生活が上手くいかない」など、このような迷信はよく聞きます。

 

 

ただし、そういった姓名判断、風水を悪用して高額な印鑑を売り付ける訪問販売もあるようなので気をつけてください。

 

誰でも、今よりも幸せに恋い焦がれるし、開運を願っています。

 

そこにつけこんで、「あなたの名前がまずい。

 

この印鑑を貰うことで、その災いから遠退けることができます。

 

」などと、何十万もする印鑑をすすめて来るのは、明らかにおかしいですよね。

 

 

こうした人は、家族の名前や、生年月日などを聞き出し、姓名判断もののことを通してしまう。

 

頭では、訝しいとわかっていても、担当者の言葉巧みな話を聞いていると、言っていることが妙に自分にあてはまっているような感覚にもなってしまいますよね。

 

但し、冷静に。

 

自分で断りきれない時は、「主人が財布を握っていますので・・・」と断りましょう。

 

そんなふうにいって断った後の、その人の反応が急に変わったら、明らかにおかしいです。

 

相手は、「この場でのあなたの決断が大事だとか、あなたが決断しないと家族の不幸は避けられない」などと脅しもののことも言ってくるかもしれませんが、毅然とした態度で通しましょう。

 

 

いくら、実印が人生において大事なものだと言っても、そういった高額な実印を持ち歩いているからといって運が開けて生じるはずがありません。

関連ページ

実印とは?
実印登録の手順、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
印鑑証明書って何?
印鑑を作るときに気をつけたいこと、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
印鑑と風水
実印の重要性、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
お子様に印鑑をプレゼントするなら・・・
ネット販売の印鑑の安さの訳とは?、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
ネットの印鑑屋
「手仕上げ印鑑」って何?、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
高い印鑑がいい理由
これからのエコ印材「彩樺(さいか)」、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
「本柘(ほんつげ)」
マンモス、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。