後期高齢者医療制度と言う名称

後期高齢者医療制度と言う名称

2008年に現在の「後期高齢者医療制度」が実施されました。

 

このたまに、本当は名称の変更もありました。

 

それまで「後期高齢者医療制度」と呼んでいた制度を「長寿医療制度」にしたのです。

 

このときの首相は、福田康夫氏でしたよね。

 

本当は、この名称が変更になった背景には、「後期高齢者」という呼び方に問題があったからです。

 

後期高齢者という名称はとても不評でした。

 

この不評な後期高齢者という呼び名ですが、その数年前から、本当はこうした名称がありました。

 

65歳から74歳を前期高齢者と呼び、75歳以上を後期高齢者と叫ぶ区分があったので、ここから名前をとった制度でした。

 

後期高齢者という言い方には、末期というイメージがあるなど、様々から不満の声が上がったそうです。

 

ですから、「後期高齢者医療制度」の発足を発表した時から、とっくに不満があったようです。

 

この制度を「長寿医療制度」と変更したのは、これらの不満への対処だと言われています。

 

制度そのものに不満がある人も数多く、名前を変更しただけで、何もならないと不満の声はおさまらないと思います。

 

福田首相が考案したそうですが、この「長寿医療制度」という名前も何となく逆効果になったような気もします。

 

そもそも、以前の「後期」という区分の仕方、呼び名が、高齢者の感情を考えずに塗り付けられたネーミングだと思います。

 

それをおめでたいイメージの「長寿」に変えたのは、心遣いなのでしょうが、それならば最初から「後期」などという区分の仕方をするべきではなかったのでしょう。

 

 

後期高齢者医療制度で起こる格差

長寿医療制度、または以前、後期高齢者医療制度と呼ばれていた医療制度は、将来的に医療費を確保するための制度です。

 

将来、更に高齢者が上がることは安易に予想が出来きています。

 

ということは、必然的に高齢者による医療費が増大するのです。

 

それを助けるために、莫大なお金がかかってしまいます。

 

ほど近い未来、そのお金をどこから補うのか考えてみたところ、それまでは割りと負担が少なかった高齢者から、一部だけ掛け金を徴収しようという考えです。

 

この制度が世間に定着したのなら、徴収された医療費は、将来のために国が取り置くことになります。

 

本来の名目は将来への備えなのですが、ここで問題が出てきます。

 

それは、一体全体将来にとって置けるのか、ということです。

 

年金問題からしてみても、将来にとっておいたはずのものが、なくなって来る可能性があると言えます。

 

年金は本来、貯蓄という制度だったのに、年金問題が浮上してきました。

 

そうして、国は国民の信頼がなくなってしまいましたよね。

 

このようは台所事情で、国は後期高齢者医療制度をスタートさせたわけです。

 

高齢者が掛け金を徴収され、対象者たちの出費が重なるわけですから、やはり、生活水準が落ちます。

 

そうして、豊かな人、生活するのに酷い人など、高齢者の生活に格差ができます。

 

毎月の掛け金は高齢者にとって、困難出費だと思います。

 

高齢者で生活がきつく変わる人が出てくるのであれば、どんなに医療費が今までどおり1割負担になったとしても、その生活はかなり凄いのではないでしょうか。

 

 

後期高齢者医療制度で医療費の確保

高齢化社会では、ことごとく問題となって来るのは、医療費の増加です。

 

年を取ってくれば、人間、誰しも病院にかかることが増えて来るのは当たり前ですからね。

 

ですが、後期高齢者医療制度を導入したことによって、医療費を確保出来ると、国は発表しています。

 

さて、後期高齢者医療制度で得た掛け金、それが一体全体将来、医療費として使用達するのでしょうか。

 

この制度によって、新しく負担をさせる掛け金の額は、一世帯当たりで、年間72000円前後だと言われています。

 

月にすると、主として6000円ですね。

 

そうして、介護掛け金としては、全国で平均すると4000円ほどです。

 

両方合わせると、多くの高齢者は月あたり、10000円くらいの支払いをすることになりますね。

 

日本では、人口の10パーセントが、この制度の対象者となっていますから、掛け金が集まれば相当の額になります。

 

かなりの金額を貯蓄して、将来の医療のために扱う、それは現在の名目ところが、それが守られる保証はどこにもありません。

 

この貯蓄によって、医療が良くなるのか、それはわかりません。

 

現在は、お医者さんが足りないと言われています。

 

また、ナースさんも足りないそうですね。

 

ですから、医療従事者は、かなりの負担を強いられて働いている現状です。

 

今後、このような環境では医療従事者を目指し示す人も増えてこないでしょう。

 

ですから、将来的に見ても、医療サービスが良くなるのかと言えば、それは耐え難いのではないでしょうか。

 

新制度によって、高齢者から掛け金を取り去り、それによって、将来の医療が良くなる、それが絵に書いた餅にならないようにしてもらいたいですね。

 

 

高齢者と後期高齢者医療制度

後期高齢者医療制度が開始されたことに対して、世間の人はどのように思っているでしょうか。

 

殊に対象者である、後期高齢者の人達、ほとんどが、この制度に対してさほどかわいく思っていないようです。

 

当然、その一番の理由はなんと言っても掛け金の徴収です。

 

扶養になっている人は、今までは払わずに済みましたが、現在は対象者全員が掛け金を納めることになっています。

 

これはかなり痛い出費と言えます。

 

年金で暮らしている人もいるのですから、その数少ない収入から掛け金を払わなければなりません。

 

高齢者の立場を考えていない行政の制度は、批判されても勿論なのかもしれません。

 

最初は年金から天引きすると発表しかなりの批判を通していました。

 

また、後期高齢者医療制度のパンフなども、文字が小さくて高齢者が読みがたいという声もありました。

 

このようなことからしても、高齢者への配慮が足りない制度だと言われても仕方ないのかもしれません。

 

ですが、これは国が定めたものだから、人々、国民はその制度に従わなければなりませんよね。

 

批判しても良いでしょうが、拒否しているわけには行きません。

 

決まってしまったものは、仕方がないのですから、その制度の良さを十分に利用出来るように私達も情報収集をするべきなのです。

 

たとえば、後期高齢者医療制度が始まったことがきっかけとなり、高齢者の医療のことだけでなく、ほかのことを延々と考えさせられます。

 

また、世間には各種情報も出てきています。

 

それらを活用することが大事です。

 

 

後期高齢者医療制度と高齢者続き

今、高齢者はどういう生活を送るべきなのか、ライフスタイルの見直しも注目されています。

 

その中けれども、高齢者が食に対してイノベーションをすることが大事だと言われているのです

 

高齢になると、やっぱり病気がちになり、病院に行くことが多くなります。

 

年齢とともに体が弱って生じるのは当然のことそれで、これは仕方がありません。

 

ですが、体を健康に保つことができたのなら、病院にも出向くことがないでしょう。

 

ですから、病院に行かなくても良し生活を送れるように、食事はまさしく、定期的にする必要があるのです。

 

生活が多くはない人は、食事に気をつけると言っても、それほどはうまく行きませんよね。

 

ちゃんと食事をしようとすれば、それだけお金がかかります。

 

ですが、さりとて、極論、毎日カップラーメンを食べていては、不健康になり、医療費も嵩むことになるのです。

 

お金がないから、貧しい食生活をする、栄養失調になる、病気になる、医療費がかかる、という悪循環を生み出しています。

 

この制度が始まったことが生活習慣や食事を見直すきっかけとなっています。

 

高齢者が食に対して、二度と気をつけるようになり、自己管理が出来るようになれば、お医者さんにかかることもなくなります。

 

後期高齢者医療制度について、無論、残念部分があったり、不公平に感じている部分はあったりするのは、仕方ありません。

 

初々しい制度ですから、誰しも不満はあるでしょう。

 

ですが、批判や拒否するばかりではいけません。

 

こんな情報もあるのですから、後期高齢者医療制度を自分のために前向きに受け止めるべきなのです。

関連ページ

後期高齢者医療制度についてその1
後期高齢者医療制度と言う名称、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
後期高齢者医療制度の保険料
後期高齢者医療制度と言う名称、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
後期高齢者医療制度の保険証
後期高齢者医療制度と言う名称、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
後期高齢者医療制度の支給
後期高齢者医療制度と言う名称、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
後期高齢者医療制度の問題点その1
後期高齢者医療制度と言う名称、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
老後の不安と後期高齢者医療制度
後期高齢者医療制度と言う名称、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
長寿医療センターについてその1
後期高齢者医療制度と言う名称、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
長寿社会課について
後期高齢者医療制度と言う名称、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
後期高齢者医療制度と負担金
後期高齢者医療制度と言う名称、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
病院の格差について
後期高齢者医療制度と言う名称、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。