介護保険は現代ならではの保険

介護保険は現代ならではの保険

1990年代後半あたりから、日本では深刻な高齢化問題が社会問題として奪い取りられるようになりました。

 

団塊の世代やベビーブームによって生まれた世代が高齢化し、その一方で少子化が進んだことで、全体の人口の中で高齢層が占める割合が圧倒的に高くなったからです。

 

それによって高齢者への生活保障、最も要介護者に対しての保障の整備が急務として、2000年に介護保険制度が誕生しました。

 

介護保険制度によって受給できる介護保険金によって、高齢者の介護に関する負担をやわらげるための保険ですね。

 

勿論そのためには、介護掛け金を払う必要があります。

 

介護保険は、介護を目的とした行為を補助するための保険で、他の保険同様、公的なもの、民間企業によるものの2通りがあります。

 

民間の介護保険の場合は、介護臨時金、介護年金など、様々な種類が存在します。

 

依然生まれてから大して経っていない保険なので、時代の要望によって調整しているという段階です。

 

介護掛け金に関しても、公的な保険と民間の保険である程度差が大きかったり、おんなじ民間けれどもサービス内容に差があったりなど、今後改善していくべき点は少々ありますが、高齢化社会の定着によってかなり力が入れられている事業となっており、保険の中それでは急速に進化している分野でもあります。

 

介護保険制度の登場によって、介護というもののあり方がずいぶん変わりました。

 

一気に、病院のあり方も変わってきています。

 

そういった意味では、介護保険制度は社会の骨組みを変えた保険と言えるのかもしれません。

 

 

介護保険の目的とは

2000年に生まれた介護保険制度の目的は、どうしても高齢者の支援です。

 

高齢者が要介護状態になった場合、あるいは恐ろしい病気を患った場合など、自分で生活ができない状態になった場合に、介護保険金を通じて介護者、ホームヘルパーなどを雇うことで、自宅での介護をもらえるようにという目的で設立されています。

 

多少なりともそれまでの生活と同じような日常生活を送りたいと考える人が増えている中、自宅介護の支援という形を盗る介護保険制度は、現代ならではの保険と言えるかもしれません。

 

従って、介護保険制度は、介護掛け金を払う代わりに、自宅での介護を補助する目的で作られたものとして良いでしょう。

 

自宅介護の支援を目的としている理由は他にもあります。

 

病院、老人病院の不足です。

 

というのも、これらの施設は高齢化社会になる前の、高齢層人口がまだ低い中で作られたものが多く、そのために、現代の高齢者の数に見合ってないというのが実状なのです。

 

建て増しするには相当な予算が必要ですから、まずまず簡単にはできないという事情もあり、病院や老人病院に頼らない、自宅での介護というものが必要となって生じるということで、それが可能なように介護掛け金を支払いサービスがもらえるという介護保険制度が生まれたという見方もできます。

 

加えて、昔と違い、今は核家族が増えていたり、肉親への対応、つながりが弱まっていたりする傾向が見受けられ、寝たきりになっているけど家族の介護が受けられないなどというケースも目立ちます。

 

こういう人に対しての保証も、介護保険が必要な理由となっています。

 

 

介護保険を受けられる人

依然として生まれてあまり時間が経っていない介護保険制度ですが、その骨子は既に固まっています。

 

介護掛け金が必要な介護保険はあくまでも高齢者対し、高齢化社会対策として生まれたものだが、実際には介護が必要になった人を幅広くフォローできるようになっています。

 

そのため、決して高齢層と呼ばれる年代の人だけが介護保険金を受け取れるというわけではありません。

 

介護保険金を受けることが可能な年齢は、40歳以上です。

 

介護保険サービスは、40歳以上の人を対象としています。

 

但し、サービスを頂ける人の年代によって、その内容や介護掛け金も変わってきます。

 

凄まじくは、40~64歳までと65歳以上の2つに分けられています。

 

40~64歳までの人の場合、第2号被保険者と呼ばれます。

 

この場合は、特定疾病になってしまい、介護が必要になった人がサービスを頂けるようになっています。

 

逆に言えば、特定疾病ではない人の場合には、介護保険サービスを受けられないということになります。

 

65歳以上の場合は、第1号被保険者となります。

 

この第1号被保険者の場合は、特定疾病という縛りはありません。

 

しかし、寝たきり、認知症といった要介護状態、あるいはそれに準じるものの、そこまで重病ではない要支援ときの人がサービスを受けられます。

 

つまり、64歳までの人の場合は、大層酷い病気で介護が必要な状況でないと保健サービスを受けられないのですが、65歳以上になると、ある程度移せるときの人も介護サービスを頂けるということです。

 

尚、第1号被保険者は介護掛け金を年金から天引きされます。

 

 

介護保険の特定疾病

40歳から64歳までの人が介護保険サービスを受ける場合は、特定疾病になってあり、要介護状態であるに関してに該当する必要があります。

 

では、特定疾病というのがどういった病気なのかをみていきましょう。

 

特定疾病は、「アルツハイマー病」、「末期がん」、「パーキンソン病関連疾患」、「筋萎縮性側索硬化症」、「後縦靱帯骨化症」、「骨折を伴った骨粗鬆症」、「多系統萎縮症」、「重度の変形性関節症」、「脊髄小脳変性症」、「脊柱管狭窄症」、「脳血管性認知症」、「脳血管疾患」、「糖尿病性腎症」、「糖尿病性神経障害」、「糖尿病性網膜症」、「脳血管疾患」、「早老症」、「関節リウマチ」、「閉塞性動脈硬化症」、「慢性閉塞性肺疾患」といった病気が該当します。

 

この中で一際多いのは、さすが「アルツハイマー病」や「末期がん」でしょう。

 

認知症によって要介護状態となった場合は、基本的に40歳以上であれば介護掛け金を払うことで介護サービスを受けることができます。

 

末期がんの場合も、がん保険とは別に介護保険サービスを受けられます。

 

これも介護掛け金を払うことが条件ですが、自宅で療養する場合等、すでに日常生活を自力で立ち向かうことが困難な場合に、介護保険サービスを受けられます。

 

ここに記載している特定疾病は、全ての項目というわけではありません。

 

現に該当するかどうかは、直接介護保険の担当者或いは担当部署に問い掛けることをおすすめします。

 

自分で「この条件だとむずかしいだろう」と判断するのは早計です。

 

 

第1号被保険者と第2号被保険者の違い

第1号被保険者と第2号被保険者それでは、年齢以外にも大きな違いがいくつかあります。

 

とりあえず、65歳以上の人が該当する第1号被保険者の場合は、原則として全員に被保険者証が交付されることになっています。

 

それに対し、40歳から64歳までの人が該当する第2号被保険者の場合、要介護認定を通している人のみが被保険者証を受け取れることができるようになっています。

 

認定を通していない人は交付されないので、注意が必要です。

 

また、第1号被保険者の場合、中でも原因をおっしゃること無く、介護、支援が必要だと認定されれば、介護サービスを受けることが可能ところが、第2号被保険者の場合は特定疾病であるということが認定されないとサービス利用はできません。

 

特定疾病は、老化が原因の一端となっている病気で、認定されるには病院の診断書などが必要です。

 

介護掛け金に関しても、それぞれ異なります。

 

第1号被保険者の場合、介護掛け金は年金から天引きされ、それ以外に賃料を払うことでサービスを受けられます。

 

賃料は、原則として費用の1割です。

 

一方、第2号被保険者に関しては、介護掛け金を医療保険の掛け金として払うことになります。

 

この場合、介護が必要な状態になり、特定疾病が認められた時に支払いを行う形となっています。

 

尚、基本的には、第2号被保険者は市町村に対して申請と介護掛け金の納付を行いますが、第1号被保険者の場合は、サービス業者に直接賃料を払うことになります。

関連ページ

介護保険の在宅サービス
介護保険は現代ならではの保険、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険料の基礎
介護保険は現代ならではの保険、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険料の基準額
介護保険は現代ならではの保険、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険料率の推移
介護保険は現代ならではの保険、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険料が免除されるケース
介護保険は現代ならではの保険、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険料とボーナス
介護保険は現代ならではの保険、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。