介護保険の在宅サービス

介護保険の在宅サービス

第2号被保険者が介護サービスを受ける場合には、要介護状態が大前提となります。

 

一方、第1号被保険者の場合は、要介護状態の人だけではなく、要支援ときの人も介護掛け金さえしっかり支払っていれば介護を受けることが可能です。

 

第1号被保険者は介護掛け金は年金から天引き罹るので、基本的には問題ありません。

 

但し、要介護と要支援ではサービス内容が異なってくるので、注意が必要です。

 

要支援の人は、社会復帰をより念頭に置いたリハビリ運動などを立ち向かうサービスが中心となります。

 

介護保険のサービスとしては、主に「家庭訪問」、「日戻り通所」、「短期入所」、「福祉用具、住宅改修」などがあります。

 

その中で主に「在宅サービス」は、「家庭訪問」、「福祉用具、住宅改修」が該当します。

 

「家庭訪問」は、訪問介護をはじめ、訪問看護、訪問リハビリテーション、訪問入浴介護、住居療養管理指導といったサービスが実施されます。

 

訪問介護はホームヘルパーが、訪問看護はナース等が、訪問リハビリテーションはリハビリの専門医等がそれぞれ家を訪れてサービスを行う形になります。

 

「福祉用具、住宅改修」というのは、介護に必要な道具などを貸し出すサービスですね。

 

車椅子、特殊寝台といったものや、腰掛便座などの日常生活で使用する道具はもちろん、階段に手すりを設置するなどの改修も行えます。

 

しかし、上限額が設定されているので、それ以上は自費となります。

 

そのため、金額には注意しておきましょう。

 

 

介護保険の施設サービス

介護保険のサービスには、在宅だけでなく施設サービスもあります。

 

施設サービスの場合は、「日舞い戻り通所」、「短期入所」という極めて少ない間施設を利用するサービスや、長期的に利用するサービスがあります。

 

「日戻り通所」場合は、主にデイサービスセンターを利用します。

 

デイサービスセンターは、日帰りでの利用を前提としたサービスセンターとなっています。

 

家族が旅行などで出掛ける場合などに利用されることが多いでしょう。

 

短期入所や長期入所の場合は、主に介護老人福祉施設、介護老人保険施設を利用します。

 

これらの施設の利用も、介護掛け金が支払われていれば、賃料は1割負担と食費、居住費のみで済みます。

 

介護老人福祉施設というのは、別名「特別養護老人ホーム」とも呼ばれており、入浴や食事、あるいは排泄などの日常生活の支援を行う施設で、簡単なリハビリなども行われます。

 

1割負担額は大体月収3万円強が相場です。

 

介護老人保険施設は、別名「老人保健施設」で、介護と看護、機能訓練など、通常の老人ホームより医療の方ものの施設です。

 

そのため、ある程度機能回復が見込める場合はこちらを利用することになるでしょう。

 

より高度な医療施設が必要な場合は、介護療養型医療施設、別名「療養型病床群」を利用することになります。

 

賃料は月収で4万円強と相当高めですが、その分医療施設は充実しています。

 

介護掛け金を支払っていない場合はその10倍の金額が必要なので、介護保険制度がどんなに大きいかが押さえるかと思います。

関連ページ

介護保険は現代ならではの保険
介護保険の在宅サービス、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険料の基礎
介護保険の在宅サービス、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険料の基準額
介護保険の在宅サービス、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険料率の推移
介護保険の在宅サービス、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険料が免除されるケース
介護保険の在宅サービス、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険料とボーナス
介護保険の在宅サービス、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。