介護保険料の基礎

介護保険料の基礎

2000年より制度が開始された介護保険は、40歳以上になるととにかく加入しなくてはなりません。

 

従って、40歳以上の国民全員が介護保険制度の利用者であり、共に介護掛け金を払う必要があります。

 

しかし、国民健康保険に代表される医療保険に加入していることが利用の条件です。

 

介護掛け金は、第1号被保険者と第2号被保険者でその料金が異なります。

 

また、被保険者となっている種類それでも料金が異なるので、誰もが一律おんなじ掛け金というわけではありません。

 

介護掛け金を滞納すると、介護サービスを受けられない可能性があります。

 

とはいえ、かなり受けられないというわけでもなく、サービスが手薄になるに関してが多いようです。

 

従って、もしもなんらかの不測の理由で介護掛け金を滞納してしまった場合などは、諦めずに現時点で貰えるかどうかを確認しておきましょう。

 

介護掛け金の支払いは、40~64歳の期間それでは他の掛け金と共に支払っていきます。

 

基本的には引き落としです。

 

ただ、この介護掛け金は他の保険との兼ね合いが激しく、如何なる保険に加入しているかによって介護掛け金が変わってきます。

 

引き落としの際にお金が足りないと、滞納ということになります。

 

65歳以上の場合は天引きなので滞納はありませんが、65歳未満の人は注意が必要です。

 

それほど、介護掛け金は変額する恐れがあるので、ギリギリの金額を入れていると金額が届かずに未納状態になって仕舞う恐れがあります。

 

 

介護保険料の改定

ある程度介護保険について長期的に接している人にとっては当たり前の感覚かもしれませんが、介護保険とはまだまだ無縁という人は、前もってその料金制度に関して迷うかもしれません。

 

介護保険における掛け金、すなわち介護掛け金は、非常に複雑な料金制度となっています。

 

そのため、真に自分が仮に掛け金を払うかということは、そう簡単には算出できません。

 

但し、真に自分の条件と照らし合わせてみれば、考えることは容易です。

 

介護掛け金を算出するのは困難ですが、それは市町村の役場が行う作業であり、その人たちによって算出された掛け金をサービス消費者側はそれぞれの条件によって見つけることができます。

 

従って、なぜその額になるのかということを考えるのは難しいですが、金額自体を分かることは簡単なのです。

 

ただひとつ注意しなくてはならないのが、改正です。

 

介護掛け金は、始終一定ではありません。

 

自分自身の年齢や他の保険とのつり合い、あるいは収入などでなるという意味合いもありますが、改正によって見直しが得るからというのが高いでしょう。

 

介護掛け金は、40~64歳の第2号被保険者は毎年、65歳以上の第1号被保険者に関しても3年に1度の頻度で改正が検討されます。

 

その時々の経済なども増し、十分な介護の資金が集まっているかを確認し、その額に達するための調整が行われていると考える必要があるでしょう。

 

傾向としては、年々上昇しているというのが実状ですね。

 

 

第2号被保険者の介護保険料

基本的に、介護掛け金に関しても、第1号被保険者と第2号被保険者まずは大きく異なってきます。

 

それは、支払い方法だけでなく、金額の算出方法に関しても同様です。

 

断然、算出方法はからきし別の手法によってあり、金額も大きく異なるので、おそらく別の保険といってもいいくらいです。

 

第2号被保険者の場合は、医療保険の一部として介護掛け金が支払われます。

 

この介護掛け金の金額は医療保険により各自でそれぞれ異なってきます。

 

例として、国民健康保険に加入している場合の計算方法を挙げてみましょう。

 

このケースでは、「所得割」+「均等割」+「平等割」=介護掛け金となります。

 

所得割は「前年度の所得-基礎控除33万円」×2.5%です。

 

均等割は2号被保険者の人数×6,500円です。

 

そうして平等割は、世帯数×4,800円となっています。

 

たとえば、前年度所得が333万円で、40歳~64歳の家族が双方、1世帯という場合は、(333万円-33万円)×2.5%+双方×6,500円+1世帯×4,800円=92,800円が年間の掛け金となります。

 

なお、賦課限度額は10万円となっています。

 

ただ、これもあくまで一例で、実際にはより複雑な計算方法で算出されることもあります。

 

従って、所得以外にもさまざまな要素で個々の支払額が変わってきます。

 

基本的には、介護掛け金は医療保険の一部として給料から引かれる形になるので、それほど介護掛け金の仕組みまで見極める人はいないかもしれませんが、ざっとでもその内訳を知っておくことで、介護保険への理解が上がるのではないでしょうか。

 

 

第1号被保険者の介護保険料

第1号被保険者の場合、第2号被保険者とは著しく介護掛け金の算出方法が異なります。

 

第1号被保険者の介護掛け金は、基本的に各市町村によって移り変わるので、全くバラバラです。

 

もちろん、所得などでもなるので、おんなじ掛け金ということはたまたま、各人がそれぞれの料金で払う必要があるので、自分がいくら支払うのかということを他人の介護掛け金によって解ることはできません。

 

あくまでも介護掛け金は自分の現状によって決定するので、わかり易い掛け金は市町村の役場に問い掛ける必要があるでしょう。

 

第1号被保険者の介護掛け金において、大きな要素となっているのは基準額です。

 

基準額は市町村によって異なっています。

 

そうして、この基準額に対しそれぞれの条件によって引っ張る係数を決定し、それがそのまま掛け金となっています。

 

条件は、主に第一段~第6段階までありますが、これも市町村によって異なり、第9段階、第10段階くらいまで設けている市町村もあります。

 

基本的には、第一段~第6段階まではことごとく制定し、それ以降は各市町村によってどの程度細く分けるか決定しているという形になっています。

 

第1号被保険者の場合、介護掛け金の支払いは年金からの天引きとなるのですが、これは年金の年間総額が18万円以上の場合です。

 

18万円未満の場合は納付書が各市町村から訪れるので、それを携帯して各金融機関の窓口やコンビになどで支払ったり、口座振替による引き落としなどで支払ったりすることになります。

関連ページ

介護保険は現代ならではの保険
介護保険料の基礎、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険の在宅サービス
介護保険料の基礎、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険料の基準額
介護保険料の基礎、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険料率の推移
介護保険料の基礎、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険料が免除されるケース
介護保険料の基礎、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険料とボーナス
介護保険料の基礎、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。