介護保険料とボーナス

介護保険料とボーナス

OLの場合等は、会社から読み取る給与額によって介護掛け金が変わってきます。

 

ただ、OLが味わうお金は給与だけではありませんね。

 

すべての企業が当たるわけではありませんが、各社員にはボーナスによる収入もあります。

 

通常、サラリーマンは夏は6月か7月、冬は12月にボーナスをもらうのが一般的です。

 

また、これら以外にも決算賞与という臨時ボーナスが発生するケースもあります。

 

ボーナスは、介護掛け金に影響して生じるのでしょうか。

 

結論から言えば、ボーナスも介護掛け金に影響を与えます。

 

介護保険は、社会保険の一つです。

 

そうして、社会保険はボーナスに対しても掛け金が掛かります。

 

従って、もちろん介護保険もその範疇に入ることになります。

 

ボーナスとか、会社に勤めている中で下っ端が感じ取るお金は、基本的に掛け金の対象となるので注意が必要です。

 

ただ、掛け金が要る一方で、控除の対象になることもあります。

 

介護掛け金を払う最初の年度となる40歳になる年、もし40歳になる月にボーナスを買うことがあれば、そのボーナスは控除対象となります。

 

それに対し、65歳になる月にボーナスが支払われた場合は、控除対象とはなりません。

 

最も、これらのケースは、夏か冬、どちらかのボーナス支給月に誕生日がある人に限られるので、それ以外の人は強く図る必要はありません。

 

このように、ボーナスは年間収入として含まれて介護掛け金に影響するため、給与額と併せて支給額をしっかりと把握しておきましょう。

 

尚、年金を受給し始めると掛け金の額は達するものの、基本的には支払いが貫くということも頭に入れておきましょう。

 

 

介護保険料は何に使われているか

消費税に関して、目的税と決めるという意見がまったく皆から発せられています。

 

これは消費税の徴収を開始した時期からそうです。

 

取り敢えず、消費税という誰もが払う税金は、その目的が公開され、はっきりしている方が良いということですね。

 

そうしてこれは、掛け金に関しても同じです。

 

支払いが義務付けられている掛け金は、目的税のようにその使い道が公開されている方がクリーンだという考え方があるようです。

 

そうして、基本的に掛け金は目的が公開されています。

 

というのも、掛け金の場合はその保険によって負担が軽減されるサービスに対しての補填という意味合いがあるからです。

 

介護掛け金に関しても、それは例外ではありません。

 

介護保険の場合、介護サービスをいただけるというサービスが発生しますが、掛け金を支払っている場合には、1割負担でサービスがいただけることになります。

 

介護掛け金は、この残りの9割を補うために使用されています。

 

とはいえ、1割では完全に賄いきれないので、残りの分を予算から描き出すことになります。

 

こういった使われ方を通じているので、介護掛け金は仮に介護サービスをぜんぜん受けなかったとしても、返還されることはありません。

 

税金と同じですね。

 

国民全員で介護サービスという制度を成り立たせるために協力しているという図式になっていると理解しましょう。

 

介護が大きな社会問題となって久しいですが、介護掛け金の使い道が変わることは今後もないでしょう。

 

 

介護保険料の併徴

年金生活に混じる第1号被保険者の場合、年金からの天引きによって介護掛け金が支払われますが、場合によっては天引きではなく、納付書によって納める状況に変わる可能性があります。

 

天引きによる徴収は特別徴収、納付書での支払いは普通徴収と呼ばれていますが、この特別徴収と普通徴収の両方を同年度で行うと言うことがあり買い入れるのです。

 

そういった場合は「併徴」という言い方をします。

 

併徴を行うケースとしては、たとえば、通常は天引きによる特別徴収で介護掛け金の支払いを通じていますが、たとえば年度の途中で掛け金が値上がりした場合、その増加分を天引きではなく納付書で支払わないといけない状況に上ることがあります。

 

こういった場合に併徴を利用することになります。

 

また、特別徴収を通じている中で、納付書での支払いに臨みたいという場合も、その年度は併徴ということになります。

 

併徴を行うメリットは、断然ありません。

 

状況的に、そんなにしないといけない場合に併徴を行うと言うだけです。

 

併徴することで介護掛け金が減額なるかというと、そういうこともありません。

 

稀に、減額できるという情報が掲載されたり、伝達されたりするケースもありますが、掛け金が減額なるのは、減免条件を満たしてあり、それから申請を通じて認定された場合のみです。

 

それに対し、特別徴収を普通徴収に乗りかえるケースはメリットがあります。

 

その場合は、所得税、住民税といった税金の社会掛け金控除に関し、条件が合えば世帯としての負担を燃やすことが可能になります。

 

 

介護保険料を納付する場所

市町村によって金額が異なる介護掛け金ですが、支払いを行う場所に関しても地域によって差があります。

 

ただ、第1号被保険者の中で特別徴収としている人は、天引きとなるので問題はありませんし、第2号被保険者に関しても、引き落としとしている場合は別に納付場所を気にする必要はありません。

 

気をつける必要があるのは、納付書として介護掛け金の支払いをする普通徴収としている人です。

 

介護掛け金の納付ができる場所は、基本的には納付書の裏に記載されています。

 

また、各市町村のホームページにも記されています。

 

いずれかで納付できる場所を充分把握しておきましょう。

 

全体的な傾向としては、銀行、郵便局、コンビニエンスストアが主な納付先となります。

 

銀行の場合は、その地域にあるほとんどが該当することになるでしょう。

 

ゆうちょ銀行、すなわち郵便局に関しては、利用できる地域が多い一方、中には利用ができない地域もあります。

 

ただ、そんな地域も、周囲に郵便局しかないに関してでは例外として認めていることがほとんどのようです。

 

しかし、その場合は郵便振替で納入するのが条件として、介護保険事務所などに連絡を入れて振替用紙を郵送してもらう必要があります。

 

コンビニに関しては、全国的に数の多いコンビニであれば基本的に問題ないでしょう。

 

「セブンイレブン」、「ローソン」、「am.pm.」、「サークルK」、「ファミリーマート」、「デイリーヤマザキ」、「ミニストップ」等ですね。

 

上記のような大手以外の地域密着型のコンビニの場合は、掛け金の支払いを取り扱っていないケースもあるため注意しましょう。

関連ページ

介護保険は現代ならではの保険
介護保険料とボーナス、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険の在宅サービス
介護保険料とボーナス、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険料の基礎
介護保険料とボーナス、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険料の基準額
介護保険料とボーナス、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険料率の推移
介護保険料とボーナス、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険料が免除されるケース
介護保険料とボーナス、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。