がん保険の選び方について

がん保険の選び方について

現在では日本人の死因の3分の1だといわれているがんも、2015年にはその数値が半分にまで跳ねあがるといわれています。

 

その数字は、かりに「自分だけはがんにならない」と高をくくっていても、友人・知人の半分は、がん保険の選び方に一度は考え込むことになる時代がくることを予告しています。

 

考えたくないことところが、僕もがんの家系にあります。

 

でも、「自分だけはがん保険のお世話にはならない」と思い込んでいたのです。

 

ただし、上記の予想を知ってから変わりました。

 

がん保険とか、普段口にするものを選び、心地よく付き合える友人を選び、病院などの選び方も練り上げるようになったのです。

 

父も今血液のがんで闘病してますが、父は言わば自分はがんの第三者だと思い込んでいたその当事者でした。

 

がん保険に加入していなかったことを、父は後悔しているようです。

 

それもそのはず。

 

働けなくなった父の医療費は、私たち家族が担うことになったのですから。

 

国民の両者に1人ががんになるということは、両者に1人はがん保険について、私の父のように後悔することになったり、あるいは「入っていてよかった」と安心したりすることになるということなのでしょう。

 

では、がん保険には如何なる選び方があるのか?
これには3つのポイントがあります。

 

1.対応できるがんの「種類」
2.がんと診断されたところ「給付金」が出るか出ないか
3.「定期」タイプを選ぶか、「終身」タイプを選ぶか

 

がん保険の選び方は、この3つのポイントを制することで、当人にとって一番よい、「損をしない投資」をすることができます。

 

がん保険は、自分ががんになったときに、自分自身の心身への不安と、周りに引っかける迷惑を最小限にするための投資です。

 

そうしてもしも、あなたの家族がその1人になった時折、「長い目で見て一番経済的で、安心できる保険」を、あなた自身の言葉で教えてあげて下さい。

 

がん保険の選び方を知っているということは、たくさんの命を繋ぐその方法を知っていることとイコールする。

 

そんな時代が本当に目の前にきています。

 

家族の大黒柱が折れた瞬間を見たような気がしてしまい、がんを宣告された父の姿を見たときは、「どうして尚更がんについて勉強してなかったのだろうか」と激しく後悔しました。

 

父もまた、がんになった後にがん保険のありがたみを痛いほど知った1人なのです。

 

そうして私の日記が、多少なりとも、がんへの不安を抱えている方の役に立てば幸いです。

 

 

がん保険の選び方に失敗したケース

「がん保険に入ったからいよいよ安心!」
なんて思っているとつらい目に遭うことも少なくありません。

 

これは、いざがんになったけど、がん保険の選び方に失敗したことが後になって発覚し、困ってしまった。

 

という、私の親戚のご夫婦のお話です。

 

A子さんは夫婦でお茶屋さんの自営業を通していました。

 

いつも一緒にお買いものへゆき、仕事も休日も絶えず2人でいる彼らは典型的なおしどり夫婦でした。

 

ある日、A子さんは病院から乳がんを宣告されます。

 

もちろん、もの凄いショックを受けたそうです。

 

但しここでA子さんはこう思いました。

 

「今まで大した病気もないから油断してた。

 

でも、よかった、がん保険に入っていて」
そう、A子さんはダディと共に夫婦型の保険に加入していたのです(夫婦型に入った理由は、二回加わる手間が一回で済むから、だそうです)

 

がんを申告されると頂ける(と思い込んでいた)「診断束の間金」を貰うために、A子さんは保険会社へ電話しました。

 

「あれれ、どういうことですか!?」
ただしA子さんはさらなるショックを受けることになりました。

 

「申し訳ありませんが、診断束の間金は現段階ではお支払いできません」

 

がんと診断されたのにどう?A子さんは悩みました。

 

そう、がん保険の選び方についてをあまり考えずに加入してしまったA子さんは「がんと診断されただけでは診断束の間金を貰えない」保険を選んでいたのです。

 

がんである私の父も、入院せずに通院で治療してますが、がんはそれほど入院を伴う病気ではなく、あくまで「通院治療で直すか、入院治療で直すか」など治療方法においては本人の意思が優先繋がる上に、がんのタイプも何とさまざまなのです。

 

特に前立腺がんや乳がんなどはその多くが通院治療で直すことが可能なため、診断束の間金の条件が入院である場合は、A子さんという入院が必要ないがんにかかった場合は「貰えない」ということです。

 

一時金の条件が「入院」や「治療開始」ではなく「診断」であるがん保険が他にあることを後から知ったA子さんは、「どうして選び方を考えずに入会してしまったのか」ということをひどく後悔したそうです。

 

このようにがん保険には「如何なるがんになる可能性があるか」「診断束の間金はどの時点で頂けるか」など、選び方にいくつものポイントがあります。

 

私たちは、安直に「入ったからもっと安心!」という前に、「入っても安心できない保険」もあることを知らなければなりません。

 

加入の際には積極的に質問し、これけれどもかと言うほど契約内容をひたすら確認しておきましょう。

 

もしも、通院で直せるがんに掛かり、がん保険の選び方を知らなかったばかりにくださるお金がさっぱりなかったら、私たちは二重のショックを行うことになります。

 

そんな失敗をしないためにも、私たちはがん保険の選び方を知っておく必要があるのです。

 

 

得するがん保険の選び方

がん保険には各社によってさまざまな約束事があります。

 

保険の説明と聞かされるといかにも小しんどいイメージが先行しますが、紐解いてみるとその約束事にははなはだ明確でわかりやすい定義が用意してあるので、がん保険を考える際にはぜひ、無料のカタログなどをひたすら読み込んでみてほしいです。

 

また、がん保険の選び方で損しないように、ともかく「免責期間」というものを確認しておきましょう。

 

免責期間とは、「保険会社が責任を免れる期間」のことです。

 

免責期間は各社によってことなるため、選び方によっては、「1日異なりただけで、給付金が買えなかった」ということにもなりかねません。

 

通常、この免責期間に該当する加入後90日間は、たとえ、がんの申告をされたとしても保険は適応されません。

 

また、いよいよ最新のがん治療をしようとしても、「約款にある支払い対象の手術には当てはまらない」としてしまえば、漸くがん保険に毎月毎月お金を払っていても、保険は降りません。

 

手術給付金は、「どういう手術をするか」によってなんにも降りない事態も十分に出来るのです。

 

「入院給付金」「手術給付金」「がん診断ひととき金」などの基本的ものは大体の場合保障されていますが、会社によってはこの辺りの定義も凄まじく異なってきます。

 

つまり、がん保険の選び方ひとつで、長年払ってゆく保険金が水の泡になることもあるということです。

 

上皮内がんか皮膚がんかによっても、約款の中に「皮膚がんは適用外」とあれば、保険金は払われません。

 

がん保険の会社は、アフラックを筆頭に今現在各社によって運営されていますが、有名だからといって本人に合うかといえば、合わないこともあります。

 

選び方ひとつで老後のリライアビリティはがらっと変わってしまうのが、このがん保険の世界。

 

より自分に当てはまるがん保険をみつけるためにも、今から基本的用語を押さえておくと後々の苦労を燃やすことができるでしょう。

 

 

女性のためのがん保険の選び方

再び大層前の話題なのですが、歌手の島倉千代子さんが、乳がんの放射線治療を受けたというニュースがありました。

 

早期発見のかいあって、乳房の温存手術(がん細胞だけを除く手術)を受けることができた島倉さんでしたが、放射線治療により、歌手の命ともいえる声を失ってしまったそうです。

 

その後リハビリにより歌手活動を復帰されましたが、乳がんの治療というものは、歌手が声を失う感じように、女性が女性としてのシンボルを失いかねない、もの凄い病気です。

 

乳房を全摘出しなければならないケースも多い、この乳がんは、30代に突入するとその罹患率を更に高めてゆきます。

 

子宮がん、乳がん、卵巣がんなどの女性特有のがんは、肺がんなどとは異なる苦痛があり、女性に大きな心理的な負担を与えるため、がんの中けれども乳がんを最も指し、恐れている女性も手広く存在します。

 

そういう女性のために、女性特有のがんを対象とした保険が存在します。

 

(女性は、がん保険の選び方で倍、損をしかねないということを先にお話しておきます)
女性のがん保険に加入すると果たして如何なるメリットがあるのか?
とりわけ、おおまかに2つのメリットがあります。

 

1.がんと診断された場合、診断給付金、手術給付金、入院給付日額などが通常のがん保険の2倍~5倍になっている場合がある。

 

2.女性のためのがん保険は、女性に焦点を定めているため、女性特有のがんに対してのアプローチが優しくなっているなど、一般の保険には乏しい、女性向けのサービスが充実している。

 

端的に言えば女性の場合のがん保険の選び方は、女性向けのがん保険に加入しておけば、給付金の金額が倍なることがあるということです。

 

また、定期検診も大事なのはもちろんですが、ブラジャーの装着時間の長い女性ほど乳がんになりやすいというデータもあるため、就寝時や帰宅後には胸元をラクラクすることで日常的に乳がんを予防することができます。

 

 

基本用語で得する、がん保険の選び方

先日、仕事帰りの総武線で、主婦と思われるういういしい二人組の女性がこんな会話を繰り広げていました。

 

「うちは水道代が家賃の中に含まれてるから、実質定額なの」
「いいね~。

 

毎月毎月水道代やらガス代やら支払うのめんどくさくって」
「ええ、めんどくさいからうち、大体同時に、ガス代も、携帯代も払っちゃう。

 

あ、うちがん保険入ってるんだけどさ、その保険金とかも支払う日決めて、その日に全部いっぺんに振り込みにいってるよ」
「保険金額って、すでにいつまで払えばいいのーって頭握りしめちゃう。

 

うちなんかみんな健康で誰もがんにならないわよ」

 

談笑する主婦両人を尻目に、おんなじ車両にいた私の耳はぴくりとしました。

 

何がおかしかったか、お気づきになりましたでしょうか?

 

「保険金」とは、保険会社が被保険者に対し払うお金のことです。

 

彼女が保険金を支払うという状態は、保険会社の側にいて給付金を振り込む側にいるということです。

 

主婦である彼女が払っているのは「掛け金」。

 

つまり厳密にいえば、保険契約者が、保険会社に毎月払う料金のことです。

 

 

保険金額。

 

これもおおかた彼女は、「毎月支払う掛け金の金額」として捉えているのでしょう。

 

ただし保険金額とは、「毎月支払う掛け金の金額」ではなく、損害会社であったり保険会社であったりという機関が払う保険金の「限度額」のことを指します。

 

彼女の会話からふむふむためてこの用語をみてみると、まさに先入観で、単なる「掛け金の金額」としてしまいがちな用語にも思えます。

 

彼女は日常会話の中でたまたま間違う用語を口にしただけかもしれません。

 

但しもしかしたら、保険の選び方がわからず、自分の加わるがん保険を旦那さんに任せてしまい、自分の入った保険の約款などまったく目によってないのかもしれません。

 

保険会社の方は、もちろんその業界のプロなので、わからない用語をたずねればさぞかし丁寧に教えてくれるでしょう。

 

選び方がわからなければ、今は電話案内や無料の資料なども充実しているのですから、いくらでも説明は受けることができます。

 

ただし、保険の契約というのは、用語だらけでついぐったりするような約款や、後回しにしたくなる書類ばかりであるため、「これは先ずそういった意味だろう」と理解を怠ったことが後々のトラブルになることがあるのです。

 

単に一分もあれば、がん保険にまつわるその用語を見ることは可能な筈です。

 

本文のために時間を割くこともまた、可愛いがん保険の選び方を解ることになるのです。

 

選び方を誤らないためにも、わかったふりを通じている用語がないかを再び確認してみましょう。

関連ページ

がん保険の選び方を考える必要性
がん保険の選び方について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
がん保険のない時代の苦労と、保険を選べるありがたさ
がん保険の選び方について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
選び方とは無関係に発生するがん保険のトラブル
がん保険の選び方について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
がん保険の満期日の後の恐怖
がん保険の選び方について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
人間関係から考えるがん保険の選び方
がん保険の選び方について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
がん保険の選び方の基礎中の基礎
がん保険の選び方について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
がん保険の選び方のまとめ
がん保険の選び方について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。