がん保険の選び方を考える必要性

がん保険の選び方を考える必要性

がん保険の選び方など見る価値があるのだろうか?
また、ここで得た知識を使いこなすことがないまま止める可能性のがおっきいのではないか?

 

私の日記を読みながら、そういった感慨に囚われた方もいるのではないかと思います。

 

もちろん本来ば、その知識を「屈指せずに済む」のが一番よいのです。

 

「がん保険の知識」は、自分自身も、周囲も、死ぬまで罹患せず、役立つことがなかった。

 

という状態が一番嬉しいのです。

 

但し実際、周囲にどれだけがんの方がいるかを、思い出して下さい。

 

そうして仮にその人ががん保険の選び方を考えること無く、がん保険に入ってなかったらどうなるかを、シミュレーション心がけるのです。

 

例えば最近では放射線治療の一種である重粒子線治療(じゅうりゅうしせんちりょう)が人気です。

 

他の治療法では治療困難である肝がんや、手術不可能な骨の腫瘍などにも、この重粒子線治療なら治療可能だといわれています。

 

副作用なども無く一層効果的にがん細胞を省くことができるため、多くのがん患者からこの重粒子線治療は所望されています。

 

ただしそれほど質のいい治療が経済的な出費ですむわけもなく、この重粒子線治療は誠に、一括払いの治療で314万円かかります。

 

口座の残額と見比べてこの金額を「少ない」といえる人はかなりいないと思います。

 

そうしてそういう高額治療を導入しなかった場合であっても、入院が長期化すればそれだけ入院費も発生します。

 

「がん保険」ではなく「医療保険」だった場合、入院給付の上限は120日程度しかありません。

 

がん保険の場合は、その上限が720日程度まで跳ね上がります。

 

入院に保険金が支払われる額が大きく変わるという点だけ見ても、保障の手厚さは歴然としています。

 

数多とある病気の中それでもがんほど罹患率が激しく、入院の長期化が予想されるものはありません。

 

従って、保険は保険も、がん保険の選び方を知っているということが重要となるのです。

 

 

がん保険のふつうの保険の違い

今日は、仮に保険の選び方を知らずに、がん保険ではない保険に入っていてがんに罹患したときのお話をください。

 

いざがんになった後に、がん保険に加入していたかほかの保険に加入していたかで大きな違いがうまれます。

 

特にがん保険が他の保険と大きく異なるのは、契約から診査、初回の掛け金の支払いが終わった日から保障期間が開始するわけではないという点です。

 

例えばおんなじ日に契約して同じ条件を満たしたとしても、医療保険などでは有効となる期間も、がん保険は契約成立後91日目から保障が開始します。

 

また健康保険が無効となるような最新医療を屈指した場合においても、がん保険ならば保障浴びるという特性もあります。

 

 

ただ保険に入ったからといって安心出来るわけではありません。

 

選び方を間違えば、ほかの保険なら当たり前に保障されていたものも無効となるのです。

 

また一口にがん保険といっても、さまざまなタイプがあるためどれが自分の入るべきものかを見極める必要があります。

 

「実損てん補」タイプのものなら、がんを治療するにあたって発生する医療費のうち、誠にそのあまり全額を償うことができます。

 

一段と、手術費用の保障が充実しているものや、通院するための費用や、再発後の保障が充実しているものもあります。

 

給付金が定額のものなら、給付金の不安定な金額に頭を痛め付けることもなく計画的にやりくりすることができます。

 

このように、おんなじ保険の中にもさまざまさタイプが存在し、おんなじがん保険のカテゴリーの中においてもさまざまな保障の体系が用意されているということをふまえて、自分に一番あったがん保険を見極める必要があります。

 

 

がん保険の選び方から余生を考える

わたしが中学生のころ、親友のおばあさまが血液のがんで他界されました。

 

私が遊びに行くと毎回、にこやかに和菓子と麦茶を縁側へ運んでくれた、容易い79歳のおばあさんでした。

 

(今回はしばらくテーマからずれますが、がん保険の一番よい選び方をここで書いて行くにあたって、先ず「がんという病気の悲しさ」と周囲の人間がどんな努力をするのかを描き出す必要があると思ったので、記述します)

 

毎日その親友と文通していた私には、そのおばあさんにまつわる、今も忘れられないエピソードがあります。

 

書籍のタイトルは伏せますが、当時出版されていたがん関連の多くの書籍のなかに、一冊の魔法のような本がありました。

 

「この病院にくれば、どの病院も治らなかったがんが癒える」その本の中それでは、そういう夢のような話が、あたかも科学の裏づけがあるかのように、信用出来るデータがひとりでにあるかのように書かれていました。

 

彼女の母は初々しいシングルマザーで、離婚の多い現在では当たり前になりつつありますが、当時は物珍しい私生児の家庭でした。

 

家計も圧迫され、娘が高校受験の時期に差し掛かっているという時期に医者から「すでに心臓が4分の1程度しかその機能を果たして乏しい」と宣告され、ゼロ気持ちになったそうです。

 

彼女の母はがんについてを勉強しました(とっくにとっくの話ですが、がん保険には入ってない様子で、あわててがんについてを勉強しだしていた、という状況だったように記憶しています)。

 

ある日彼女の母は私の親友にこう言いました。

 

「宜しい病院を見つけた、距離は遠いけど、心がけるかちがありそうな病院だよ」
彼女の母は、その一冊の魔法のような本にすがりました。

 

ロジカルな根拠。

 

いかにも立派そうな肩書き。

 

彼女の母は、その本を信用してしまいました。

 

この話の結末は、言うもありません。

 

親友の祖母は、通院をはじめたその年の秋口に他界してしまいました。

 

依然としてあどけない私の親友が涙しながら、「直るっていうのに」と嗚咽を止められないでいたのを見ると、おさなかった私の胸にも悔しさがこみ上げてきました。

 

後日、書籍のことについて言及された医者は親友の母にこう言いました。

 

「そういった魔法のようなことがあるわけない」
許しがたいことところが、今もその病院は訴えられること無く、運営を続けています。

 

がん保険の選び方も非常に重要ですが、このように、病院の選び方からも、保険の価値は大きく左右されます。

 

好ましい病院を選んでいたら、死ぬこともなく、がん保険を決して利用すること無く済んだのかもしれない。

 

そう思ってからではのろいということを意外と、みなさんの大切な人を続けるためにに覚えておいて下さい。

関連ページ

がん保険の選び方について
がん保険の選び方を考える必要性、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
がん保険のない時代の苦労と、保険を選べるありがたさ
がん保険の選び方を考える必要性、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
選び方とは無関係に発生するがん保険のトラブル
がん保険の選び方を考える必要性、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
がん保険の満期日の後の恐怖
がん保険の選び方を考える必要性、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
人間関係から考えるがん保険の選び方
がん保険の選び方を考える必要性、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
がん保険の選び方の基礎中の基礎
がん保険の選び方を考える必要性、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
がん保険の選び方のまとめ
がん保険の選び方を考える必要性、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。