がん保険のない時代の苦労と、保険を選べるありがたさ

がん保険のない時代の苦労と、保険を選べるありがたさ

私の場合は、父親ががんの闘病患者であることがどうしても頭を離れず、日常会話の中でひとりでにがんについてを語って仕舞うようなときがあります。

 

同じ環境にある方だとすれば、通信などをしつつお互いの話を聴くことができますし、慰めいえる言葉のあいだには、がん保険の話題なども出てくるのですが、中にはがん保険の話をふったとたんに、怪訝そうな顔を浴びる方もいます。

 

病気によって環境を圧迫浴びることがないように加入するのが保険というものところが、会社が営利目的である以上はセールスです。

 

インターネットなどで会社に対する率直な意見をかんたんに分かるようになった今は、「情報は不透明ではないが、悪徳」といったパラドックスを出しがちであるような気もします。

 

「保険金は、何かと難癖をつけて相当払わない、そうやって稼いでいる企業だ」
そのような捉えた方をする人が多いのもまた事実なのです。

 

ただし保険に入ることは、安心するための投資です。

 

終身型保険に加入するということは、一生涯における「安心」を貰う行為でもあります。

 

「保険は命を掛けたギャンブル」という言葉を耳にしたこともありますが、殺人事件によって受取人に億単位の利益が生まれて仕舞うほどに、保険による返還はたまに莫大なのです。

 

1970年代において、外資の保険会社が取り回しはじめたこのがん保険は、その後需要が拡大し、日本の生命保険会社にも取り扱われるようになりました。

 

この外資の保険会社が始める前はがんの治療費は社会的にどうなっていたかといえば、本当は被用者保険では自前率が1割程度。

 

がん保険は先ほど多額の治療費がかからなかたのです。

 

但し、がん保険が必要となる時代が到来します。

 

日本において、がんの罹患率は上昇し、治療期間も長い目で見なければならないものが漸増し、医療費が高騰したのです。

 

もしも今の不況の時代にがん保険がなければ、多くの家庭は破産してしまいます。

 

ますます1975年以降、がんの罹患率は上昇し続けています。

 

がん保険が存在せず、がん保険の選び方ということを考えることもなかったならば、経済的負担の代名詞ともいえるがんに対し不安を抱き積み重ねることになります。

 

こういった点からも、抱負なコースや、透けて言える企業を目の前に、がん保険のうまい選び方を発揮できる現代は、ひと昔前に比べれば有難いことなのです。

 

 

がん保険の選び方は二通りあります

がん保険の選び方は、大別して二通りの選択肢があります。

 

その二通りが「安定型」と「終身型」です。

 

「定期型」は、一定期間だけ保障が有効となる保険です。

 

従って永久の保険ではなく、老後の不安が居残ることもありえます。

 

掛け金は高齢ほど高額となります。

 

そうして10年で満了になるような保険商品がその大半を占めます。

 

 

「終身型」は、安定型と異なり、永久の保障をえることができます。

 

ただし安定型の保険に比べ掛け金がやや高いことが特徴です。

 

がん保険を考えるにあたって、避けて通れないのがこの、「定期」にするか「終身」にするかという選択です。

 

ここでがん保険の選び方に個人の差が出ますが、私個人のお奨めとしては「終身型」です。

 

安定型の保険を選ぶメリットはもちろん、掛け金が終身型より「短い」ということだが、長い目で見たときに「経済的」だと言えるのは、終身型なのではないかと私は思います。

 

そもそもがんという病気自体が、若いときよりも老年になってから発症する割合のが圧倒的に高いのですから、安定型の醸し出す「一定期間の保障」を過ぎたころにがんになることもありうるのです。

 

ともなれば、保険が無効化となるのですから、安定型の掛け金は、ただ「がんにかかっても大丈夫」と安心するためだけの投資として、本当にがんになってもそのときには医療費がかさんでしまう。

 

終身型のほうが安心、と一口に言うのも難ですが、「高齢期こそやさしいサポートが必要となる」特性のあるこのがんという病気にいたっては、永久を保障する終身型の保険を選んでこその部部案があるような気がしてなりません。

 

「低い」ほうを選ぶのではなく、長い目で見て「経済的」ながん保険を選択するという選び方こそが、ますます安心できる老後を決定付けるのではないでしょうか。

 

 

終身保険の種類から知るがん保険の選び方

前回の日記に書いた終身保険は、さまざまな事情を抱える被保険者のために、さまざまなタイプが用意されています。

 

がん保険の選び方が個人個人で凄まじく変わるということも、おおまかに理解していただけたのではないかと思われます。

 

未来永劫の安心を得るための投資であるのがこの終身保険ですが、その中それでも、月々の掛け金が安くなる「無解除返戻金型」の終身保険と「低い解除返戻金型」の終身保険は、がん保険の上手な選び方をするにあたって把握しておくべき重要なポイントです。

 

ひとまず終身保険とは、一定の掛け金(やや割高)を払うことで、未来永劫の保険を約束するシステムです。

 

「条件にさえ該当していれば未来永劫頂ける」保険が終身保険なので、保険会社もその保険金を払うためにしっかりと掛け金を確保しておく必要があります。

 

但し、この未来永劫の保険を途中解約した場合、払っていた掛け金はどうなって仕舞うか不安に思われる方が大半だと思います。

 

まるで、約款に反するものそれでもない限りは、積立金(責任準備金)から返金されます。

 

そこは安心していただいていいのですが、「無解除返戻金型」「低い解除返戻金型」の場合は、掛け金が短い代わりに解除しても返金してもらえません。

 

返してもらえたけれど多少の金額しか戻ってこなかった、ということも多々あります。

 

逆をいえば、月々の掛け金を経済的に抑える代わりに、解除しても払った掛け金は戻ってきませんよ、という保険なのです。

 

掛け金は安いほうがいいが、安定型はグングン掛け金が高くなる点が愛くるしくなく、解除金は貰えなくてもよいからグングン経済的な掛け金の終身保険に加入したい、という方にはこの「無解除返戻金型」「低い解除返戻金型」がぴったりかと思われます。

 

但し、返金がないということが後々経済的な問題になる可能性があるだとすれば、少し高くても解除金の発生する終身保険に加入するのが得策といえます。

関連ページ

がん保険の選び方について
がん保険のない時代の苦労と、保険を選べるありがたさ、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
がん保険の選び方を考える必要性
がん保険のない時代の苦労と、保険を選べるありがたさ、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
選び方とは無関係に発生するがん保険のトラブル
がん保険のない時代の苦労と、保険を選べるありがたさ、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
がん保険の満期日の後の恐怖
がん保険のない時代の苦労と、保険を選べるありがたさ、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
人間関係から考えるがん保険の選び方
がん保険のない時代の苦労と、保険を選べるありがたさ、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
がん保険の選び方の基礎中の基礎
がん保険のない時代の苦労と、保険を選べるありがたさ、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
がん保険の選び方のまとめ
がん保険のない時代の苦労と、保険を選べるありがたさ、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。