選び方とは無関係に発生するがん保険のトラブル

選び方とは無関係に発生するがん保険のトラブル

可愛いころの私は、アニメよりもニュースがスキな少女でした。

 

意味もわからずによく、株価の情報や、少年犯罪、保険金詐欺のニュースなどを食い入るように見ていました。

 

がん保険については、私の身内の不幸により勉強する必要が出て、なのでこのようにがん保険の選び方を説明する日記を定めるにいたった、という経緯があるのですが、保険金詐欺については、自分に関係ない上によく分かってもいないのに、不思議な期待をくすぐられながらニュースをまじまじと見ていた記憶があります。

 

裕福なお医者さんの息子が殺人を犯すニュースや、いまや社会的地位のある政治家などの裏金問題が、何時ぞや少女であった私には不思議でなりませんでした。

 

「何でもっと手の内にあるのに、犯罪に駆けるのか」ということが理解できませんでした。

 

但し保険金殺人などは、「お金がほしいから」という理由が明確に伝わってきたので、子供の私にも「何故」が理解できる数低い犯罪の中のひとつだったからこそ、再び理解したいと思い興味をもったのかもしれません。

 

「なんで殺すのか」というテーマとしてしまうと何だかんだしい説教のようになりかねませんので、ここではテーマを「保険金」にしぼりますが、こういった殺人が、「保険金の受取人という立場と多額の保険金がそこにある」、という条件さえなければおこることのなかった殺人だということは確かなのだと思います。

 

テレビをつけると定期的に、この保険金殺人の報道があります。

 

殺人ではなくとも、保険金目当てに婚約し、詐欺をはたらくケースもあります。

 

これは受取人の名義を自分にしたうえでがん保険に加入している伴侶が死ぬのをじっと待つ。

 

などというブラック結婚です。

 

ただし黙っていれば誰にも咎められない類の、社会的に静かな悪行です。

 

がん保険とか、ニュースで保険金関連の事件を見ると「保険金にはこういった影の部分もあるということですな」と痛感いたします。

 

こういった事件の場合は、がん保険の選び方を間違わなかったとしても、「つきあう人間」の選び方によってすべてが崩されてしまってます。

 

がん保険の選び方は理解できても、周りにおく人間の選び方を考えなかったためにすべてが崩れる場合もあるという可能性をニュースはおしえてくれる。

 

周囲を疑え、ということではありません。

 

但し、保険金は目に思えなくとも、自分自身に巻きついた財産だということを忘れずにいることが大事なのです。

 

 

がん保険とがん共済から選び方を考える

周りにナースの友人が多い私は、友人知人のあつまりなどがあると断じて健康についてや病気についてを話題にしがちです。

 

友人の中にはターミナルケアの現場にいた人もいます。

 

あんな方を交えてお話していると、自然とがん保険の話になっていることがあります。

 

「がん保険より、がん共済のほうが良い」という意見を聞いたこともあったので、今日は、がん保険とがん共済、どちらにするかで困ったときの選び方をご説明いたします。

 

意外と、がん共済は「非営利団体」です。

 

非営利なので、始めることを目的とした団体ではありません。

 

全労災、JF共済、COOP共済(生協)、道民共済、県民共済などは、これを読んでいる方も一度は耳にしたことがあるかと思われます。

 

こういった団体が一般に「がん共済」の組合として知れ渡ってあり、県民共済などは、意味は分からなくとも子供のころからチラシで知っているような団体であったかと思われます。

 

がん保険の選び方について書くにあたって、日記の中で何度か「掛け金」という用語が登場させていますが、がん共済という団体はこの「掛け金」が安く抑えられる団体だと考えるとわかりやすいかと思われます。

 

非営利組織である共済団体が運営するがん共済は月々の掛け金を安く抑えることが可能です。

 

但しその分デメリットが2つあります。

 

一門は、がん保険と比べると保障内容が充実してないということ。

 

2つ目は、窓口などがないため、アドバイザーがいない。

 

アリコやアフラックならば、営利団体であるため発生した営利の分に相当するようなサービスをする義務があります。

 

ただしがん共済は 、そんな営利がある訳ではなく飽くまで仲間同士が助け合おうという団体です。

 

つまり「仲間」である1人を、「お客様」として扱う義務は共済には無いということです。

 

このような点によっておくと、がん保険の選び方を探る目もある程度なるのではないでしょうか。

 

保障内容の充実した保険を選ぶことは大事ですが、「経済的に余裕か」ということで苦しむようであれば、共済を視野にいれてみて、そこからまた考え直してみるのもひとつの選び方です。

 

 

無料でがん保険の選び方を教えてくれる場所

がん保険は人間の生死にきつく巡るものそれで、契約を考えている間はどうやら、がんについての考えをめぐらしふと物悲しいことを考えがちなような気が致します。

 

身内にがん患者がいて、がん保険の選び方を考えだしたという方もたくさんいらっしゃるようですし、保険についてを考えるということは、かなり大事な分、心や頭に重くのしかかるのではないかと感じます。

 

何か一つ相談をするにも気が重くなりがちかもしれません。

 

保険屋さんには無料相談の窓口もありますが、何か勧誘陥るのだろうといういやな予感がなかなか付きまといます。

 

ただし、今では資料の無料請求もできますし、はなはだ良いプロを探り当てることができれば、掛け金を心から経済的に制することも可能なのです。

 

例えば、「みんなの保険アドバイザー」では、とっつきづらい保険のしくみ
を次第に教えていただける。

 

相談を担当して受け取るのはファイナンシャル種類ナーの方それで、がん保険の選び方もより合理的に、的確にアドイバイスしてくれます。

 

また、保険のしくみについても図として丁寧に教えていただける。

 

複数の会社と提携しているため、セールスレディのように的を一社に絞られているような強引な勧誘もありません。

 

また別所になりますが、「保険マンモス」にはイエローカード制があり、執念深い勧誘があれば申告し、担当者を拒否することが可能です。

 

保険会社の方が目の前にいると、気を使ってしまい思ったことも伝えられないことがあるかと思います。

 

あんな不安も、こういった中立の立場の相談窓口であれば、ますます公平な目線で落ち着いてがん保険を選ぶことができます。

 

もしもほんとに困っているとすれば、思い切って「無料」のサービスに飛び込んでみると、その勇気が後に大きな経済的価値を生み出していただけるかもしれません。

 

 

セカンドオピニオンから考えるがん保険の選び方

がん保険にはさまざまなタイプがあるため、確認しておくべき点が甚だ多いので億劫になりがちです。

 

但しだからといって、基本的サービスさえ抑えておけば宜しいという選び方だと、結果的に「あちらの保険としておけば助かった」ということにもなりかねません。

 

「基本的コースの選び方はわかった。

 

このがん保険を選んだはいいが、正に如何なるサービスを受けることができるのか?」
サービス内容はとにかく取りこぼしがちですが、正に一際がんへのアプローチが有効であるものは「付帯サービス」の中にあります。

 

あとから約款を開いて後悔しないように、ぜひ知っておいて下さいと思います。

 

本当はこのサービスの中には「利用しておけば、がんで苦しまずにすむ」ような重要なものもあるのです。

 

例えば、人間ドックやPET検診はがん早期発見に役立ち、数ある検診の種類の中けれども、人の一生を激しく左右するタイプの検診だといえます。

 

「がんが疑われたらではPET検診を」という概念がアメリカでは常識となっているくらい、PET検診は重要です。

 

日本では依然そこまで自然になってませんが、欧米では、がんを疑ったらではPET検診を行い、そうしたら治療方針を決めるのが通常です。

 

がん保険の選び方によっては、こういった大切な検診を割引料金で受けられることもあるのです。

 

どんどん、がん保険に附帯されているサービスの中それでも、主治医以外の専門医の意見を仰ぐ「セカンドオピニオン」サービスもあります。

 

セカンドオピニオンとは、一昔前までは一般的な行為ではなかったように思いますが、「○○病院ではただ舌にできものがあるだけと診断されたのに、別の病院では舌癌といわれてしまった」という酷いパターンもあるため、近年まずはこのセカンドオピニオンが積極的に得るようになりました。

 

流れとしては、主治医に「診療情報提供書」を作成してもらい、その上で国内でも屈指のがん専門医を紹介してもらうといった作業になります。

 

つまり、自分でお医者さんを生み出す必要がなく、腕のある専門医のなかから選ぶことができるのです。

 

保険会社によってこういったサービスの提供形態は著しく異るので、吟味する必要があります。

 

ただし、付帯サービスを意識してがん保険を選んでおけば、それががんの早期発見に絡み、ゆくゆくは健康な老後に通じるのかもしれないのですから、自分自身のためにも、サービス内容を気にして下さいと思います。

関連ページ

がん保険の選び方について
選び方とは無関係に発生するがん保険のトラブル、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
がん保険の選び方を考える必要性
選び方とは無関係に発生するがん保険のトラブル、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
がん保険のない時代の苦労と、保険を選べるありがたさ
選び方とは無関係に発生するがん保険のトラブル、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
がん保険の満期日の後の恐怖
選び方とは無関係に発生するがん保険のトラブル、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
人間関係から考えるがん保険の選び方
選び方とは無関係に発生するがん保険のトラブル、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
がん保険の選び方の基礎中の基礎
選び方とは無関係に発生するがん保険のトラブル、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
がん保険の選び方のまとめ
選び方とは無関係に発生するがん保険のトラブル、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。