がん保険の満期日の後の恐怖

がん保険の満期日の後の恐怖

私自身の周りにはいませんが、「がん保険の満期日に、もう一度がんにはならないだろうと更新をやめたが、その数週間後にがんが見つかった」というエピソードが本当は非常に多いそうです。

 

アリコのガン保険などは自動更新なので、ひょっとしたら「更新はこれからいいかなとして更新取り止めるつもりだったが、自動更新であることを忘れていて、その後日ががんになった」に関してもあるのかもしれません。

 

がん保険の満期日もまた保険によってさまざまで選び方によって変わってきますが、ある意味後々更新を諦めるということは、そもそもの選びに無理があったのではないでしょうか。

 

当然、家庭によってさまざまな苦労や、それ相応の事情があるのでしょう。

 

ただし家計を圧迫せず、経済的な余裕を握り締めながら掛け金を払っていただけるがん保険を見つけていたなら、さほどそんなことは無く更新し続けていたのではないかと私は考えます。

 

更新をやめた後に、体調に異変を捉えただただ検査入院として、かなり進行しているがんをわかるというのは、ただもったいないだけではなく、「何でやめたのか」という後悔は、患者自身に苦痛を捉えさせ、免疫を引き下げることにもひっつきかねません。

 

満期日は単に一日のずれによって、闘病患者への心理的な負担をもたらしかねない重要なポイントです。

 

自分が入ったがん保険の満期日の更新の方法、保険証券を仕舞う場所などを確認することも、基本的ことところが結構大事なことなのです。

 

周囲の方を悲しませないためにも、がん保険の選び方は、一生更新続ける前提で考えると良しと思います。

 

 

入院費を全額保障してくれるがん保険の選び方

長嶋茂雄さんの「セコムしてますか?」というフレーズでおなじみの会社、セコムが、画期的ながん保険を提供しているのをご存知ですか?
その保険とは「実損填補型保険」というものです。

 

実損填補型とは、治療をするにあたって「要するであろう」費用を保険金として支払うような従来のシステムではなく、「現にかかった費用」を上限に貰える保険です。

 

こういたものを知っておくと、選び方にも幅がでてしまうね。

 

例えば従来の保険ですと、現に陥る医療費が専ら保障わたるということはまずありません。

 

払っていた掛け金の総額の倍の保険金が発生することもあります。

 

その逆に、入院診断金が降りたはいいが、現に繋がる費用には達さなかった、ということがあります。

 

入院費が1日5000円では足りない、という方にはまさに実損填補型は対する保険ですし、1日目の入院から180日以内の費用を百万単位で保障してくれます。

 

これらの点を見ても、「一般家庭において、迷う額の出費だからこそ、補填する」システムである実損填補型は、非常に理にかなった保険であるといえます。

 

また、健康保険が適用されない、海外の先進医療による治療にも対応出来るという利点があります。

 

日本国内で認可されていない場合も、かかった分の医療費を全額保障できるのです。

 

セコム損害保険に入っていなければ、全額自費となるような高額な治療費も実損填補型に入っていれば安心なのです。

 

セコム以外にもAIUもこの実損填補型の保険が用意されているので、今までの保険に嬉しいものが見つからなかったという方は、この二つの会社の保険が見合うのかもしれません。

 

ひょっとしたらこの画期的ながん保険が、国民の保険の選び方を著しく取り換えるかもしれないと私は予想しています。

 

 

すでにがんを患っている人のがん保険の選び方

今やがんに罹病している方は、一部の例外を除いて、ほとんどの場合がん保険に加入することはできません。

 

こういった患者さんの場合は、率直にいえば、保険会社から見て不利益なパターンの一つです。

 

保険会社も徹頭徹尾営利団体、利益を確保することで運営し、資本を得ることでないところにお金を出すことができるのです。

 

こういった方にがん保険をすすめることはわずかといっていいと思います。

 

そのため、とうにがんに罹患している方のがん保険の選び方は、幅が小さく、しんどいのです。

 

但し、罹病患者の身内の方であったり、あるいは親しい関係にある身内の方が、今からでも押し込めるがん保険を探してこちらにたどり着いたのかもしれないので、今回はとうにがんを患っている人のがん保険の選び方をご紹介します。

 

がん保険に入るにも経済的な余裕がなく、「罹病した後に保険を意識する」可能性のある方も、これからの不安を軽減するべく読んで頂けらたと思います。

 

意外と、いまやがんと診断されている方や、持病のある方、入院、手術をお医者さんから勧められている方なども、加入できないパターンが多いです。

 

但し、一括断られてしまったからといって見切るにはまだまだです。

 

違う保険会社に行けば、体調は変わらずとも、加入できることがあるからです。

 

但し無論、加入するためには保険の審査にあたってみなければなりません。

 

がんの進行状態を視野にいれたがん保険や、治療後10年後を目安に審査する保険もありますので、こういうものを探してみるのがよいかと思われます。

 

ただし、入れたとしてもがんになった経験がある方は掛け金が割高に設定されています。

 

また、持病のある方は、その持病の症状を充分授けなければ告知義務に違反するので、正直な姿勢で臨むことが大事です。

 

 

がん保険の月々の保険料の選び方

がん保険の選び方でとりわけ気にするのは、「月々の掛け金はいくらか」というところかと思います。

 

毎月払う掛け金の金額に無理があると、後々更新ができなくなるかもしれませんし、だからといってあまりにも安くても、サービス内容が浅いのではないかと考えがちです。

 

掛け金の額も、ただ大きいから質がすばらしい、少ないものは悪徳というものではなく、「その人が一生をかけて安定して払っていただける額で、無理がなく、またいよいよがんになったときのサポートにもぬかりがないもの」を選ぶことが得策であるといえます。

 

月々の掛け金は5000円から10000円ですが、自営業を営む方の場合は、何か病気をした際にはいやおうなしに仕事が詰まるため、リスクが自身にあっという間に降りかかって現れる可能性があります。

 

自営業に限ったことではありませんが、休業することによって収入が減ればその分家計は圧迫されます。

 

自営業の方などは、そういう可能性を見込んで、大きい掛け金のものに加入しておくと安心かもしれません。

 

また、単身の方や、子供がいない夫婦の場合は、がん保険の掛け金は5000円程度のものを選べば、だいたいの場合は十分かと思われます。

 

世話をする方の出費がない分、がんの治療費のみを気にして選ぶことが可能です。

 

ただし、これから結婚し家族を持つことが望める方や、これから子供ができるかもしれない方の場合は、世話をするための費用で迷惑をかける可能性もあります。

 

「夫婦型」の保険ならば、掛け金が安くなるため、伴侶に間違いなく保険金を譲り渡すためにも、こういう選択肢もあるかもしれません。

 

そのため、受取人をどうしてするかなどを次第に考えながら、むやみに安っぽい保険に加入せず少し高いものを視野に入れ、しっかりした選び方をする必要がありますし、「何を残すか」などを考えながら熟考することで、負の遺産を残さずにすむかと思われます。

 

がん保険の選び方には、周りの方への愛情も現れます。

 

大事な方の生活を大事にするためにも、掛け金の金額はしげしげと選ぶ必用があります。

関連ページ

がん保険の選び方について
がん保険の満期日の後の恐怖、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
がん保険の選び方を考える必要性
がん保険の満期日の後の恐怖、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
がん保険のない時代の苦労と、保険を選べるありがたさ
がん保険の満期日の後の恐怖、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
選び方とは無関係に発生するがん保険のトラブル
がん保険の満期日の後の恐怖、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
人間関係から考えるがん保険の選び方
がん保険の満期日の後の恐怖、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
がん保険の選び方の基礎中の基礎
がん保険の満期日の後の恐怖、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
がん保険の選び方のまとめ
がん保険の満期日の後の恐怖、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。