人間関係から考えるがん保険の選び方

人間関係から考えるがん保険の選び方

がん保険の加入タイプには、昨日の日記も説明した「夫婦型」をはじめ、「本人型」、「家族型」というものもあります。

 

それぞれに特性とデメリットがあり、個人にあった選び方があるのでご紹介いたします。

 

「夫婦型」と「家族型」の場合は掛け金は安くなります。

 

そこだけに焦点をあてるならば、こういったがん保険は良いのかもしれません。

 

治療費と生活費のバランスを一旦計算してみたり、ファイナンシャルプランナーが行う本格的な無料相談などを利用し具体的な数字を挙げながら相談してみるのも良い作戦だといえます。

 

但し、家族型の保険にいたっては、被保険者が死亡したり、離婚したりした場合に残された子供が保険内容を変更することができないといたデメリットがあり、家族のために入ったものの迷惑をかけて仕舞うような、こうした事態も十分起こり売り払います。

 

何とか家計のことを考えて保険を選んでも、それはあくまでも「そのときの経済」に呼応したものであり、数年後はどうなっているか分かりません。

 

がんになっても入院診断金の出番もなく、さほど通院のみですむような場面もあるのががんという病気です。

 

いざ通院するとなったときに通院給付金は付いているかという点が非常に大きなポイントになります。

 

更新内容を変えなければひどいこともあるのではないかと思われます。

 

また、先進医療などの発達によって激しく左右されるがん治療の世界まずは、更新するときに保険の内容を付け足し、途中で訂正が可能な定期型の保険が一番よいのではないかという考え方もあります。

 

10年ごとに更新なるので、その間に医療体制が変わっている可能性も十分あります。

 

そういう将来を見込んでがん保険の選び方も考えてみるとどんどん良い保険を選ぶことができます。

 

 

がん保険の選び方と自分の死後

とくにがんものの病気ではなくとも、日常のなかで、自分の死後のことを考えることがあるかと思います。

 

私なども、ちっちゃいころはよく空想の世界の延長に、不可思議でアトラクティブな死後の世界を妄想していました。

 

死んだおばあちゃんに会えたり、バッハや坂本竜馬に会えるような世界を子供のころはよく空想しましたが、大人になると、そういった経済や負担などが加わる隙間のない世界ばかりを位置付けるわけにはいきません。

 

数あるがん保険の選び方の一つに、「自分の死後」に焦点を定めたものがあります。

 

がんの家系にうまれた私なども、考えたくはありませんが正直このままだとがんになる可能性が厳しいように思いますので、がん関連の資料に目としていても、死亡保障のやさしいがん保険に目が立ち寄りがちです。

 

まずはこの「死亡保障」というものは具体的にいかなる死後を用意していただけるのでしょうか?

 

死亡保障とは、被保険者ががんで亡くなった場合に、死亡給付金が家族や伴侶に支給される制度です。

 

やはり死亡給付金にもさまざまな条件がありますが、大体の場合は、被保険者の死後、遺族に100万円を上限とした給付金が支給されます。

 

時折500万円まで支給されるものもあります。

 

ただし、がんは「死」を想定するべき病気ではなく、「生」を目指して闘う病気であると個人的に考えています。

 

とにかく死亡保障お金をかけるならば、その分を掛け金に回し、死なずに済むように治療に専念することこそが家族への誠意だと感じるからです。

 

子供のころは妄想するしかなかった死後の世界も、大人になればその知識と行動力で建設することができます。

 

愛する子供のために、愛する伴侶のために、または、性別や年齢を超えた大事な誰かのために何かを残さなければ、という義憤に対し、死亡保障は誠実さを投影させる鏡のように機能してくれます。

 

がん保険の選び方を考えることで、そこに夢はなくとも、大事な人を守れる死後の世界を取ることが出来るのです。

 

 

がん保険の選び方

テレビや映画の世界けれども、がんは熱心に扱われる「お涙頂戴」のカテゴリーにあります。

 

がんは断じて不幸めいたイメージがありますが、がんが不幸ならば日本人の三分の一以上の人は不幸だということになってしまいます。

 

また、何となく「病名を知らないでいたほうが気が楽なのではないか」という心遣いから、本人に告知させないように間周りに申し込む人も少なくありません。

 

がん保険の選び方は、周りにおく人の選び方に通じるものがあるように思うのですが、もしもあなたの親なり夫なりが「告知」してくれない人がいたら、どうなってしまうのでしょうか?

 

ほんとに、人間はプライバシーがある以上、とりわけ頭に浮かぶのが「身辺整理」です、私も日記を焼いたり、遺書を書いたりした経験がありますが、アンケートなどをとると過半数の人が「告知してほしい、身辺整理がしよ」といった回答を陥るそうです。

 

がん保険に入っていれば、ある程度は死後の金銭面の状態を管理することも可能かもしれませんが、余命がわからなければ貯蓄の記し方も上手くいかず、本人が安定した経済を望んでもその望みを打ち破って仕舞う可能性があるのがこの「告知しない」という選択肢なのです。

 

本人が自分の余命を分かりたがっているのに、本人の意思を尊重せずただ自分自身の飛び越したイメージのために押し隠すということを通してしまえば、そんな最後の最後の望みを蹴ることにもなりかねません。

 

貯蓄のぜひや生活の中での行動に計画が立てられずただ不安な時期を明かし続ければ、「最後に何をしよか」の選び方も限定されてくる。

 

そうは思っても、がん保険はさずがに告知までは面倒みてくれない、と思われがちですが、予め告知してほしい知人を指定しておけば、その方に告知しておいてくれるというシステムが本当は存在するのです。

 

この制度を「指定代理請求」といいますが、告知を受けずとも給付金が貰えるシステムになってあり、三親等以内の方を指定することが可能です。

 

親友ではなくとも、信頼できる実直な人を指定しておけば、その相手には酷になりますがだいたい、自分ががんだということを教えてくれることでしょう。

 

 

NO1のがん保険の選び方

ここまで読んでも保険の選び方が分からず不安が留まる、逆に焦点が定まらず迷いが生まれてしまったという方は、前もってアフラックを選ぶつもりで考えてから、自分ががん保険に何を求めているのかを考えてみるとよいかと思われます。

 

アフラック(アメリカンファミリーの生命保険会社)は、がん保険に入るときのサポートが充実していますし、選び方が思い付か方にはうってつけかと思われます。

 

私には保険のセールスレディの知人が何名かいますが、せめて私はアフラックにまつわる実話のなかに、酷い情報を聞いたことは一度もありません。

 

私などは、昭和49年から営業している会社であるというだけでリライアビリティを抱いてしまいました。

 

勿論個々の需要に合う合わないはあるかと思われます。

 

ただしとても抱負なサービスを展開しているのがこのアフラックという保険会社です。

 

「あんなことをしてもらいたいけど、おおかた無いだろうな」とあなたが思っているサービスも、あるかどうかだけでも訊ねる価値はあるのではないかと思います。

 

がんにかかった人でも混ぜる「優しいがん保険」などは、再発への不安を軽減してくれますし、がん保険 f(フォルテ)コサージュは、女性特有のがんをしっかりサポートしてくれます。

 

当然資料請求も可能ですし、多くの代理店がこのアフラックの契約窓口を開いてるので、対面式で相談しながらの契約も安心できるかと思います。

 

また、ホームページを見ていると、利用者の声もまとめてあります。

 

さまざまなエピソードが掲載されてあり、がんについての捉え方が変わるようなエピソードも中にはあるため、参考になります。

関連ページ

がん保険の選び方について
人間関係から考えるがん保険の選び方、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
がん保険の選び方を考える必要性
人間関係から考えるがん保険の選び方、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
がん保険のない時代の苦労と、保険を選べるありがたさ
人間関係から考えるがん保険の選び方、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
選び方とは無関係に発生するがん保険のトラブル
人間関係から考えるがん保険の選び方、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
がん保険の満期日の後の恐怖
人間関係から考えるがん保険の選び方、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
がん保険の選び方の基礎中の基礎
人間関係から考えるがん保険の選び方、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
がん保険の選び方のまとめ
人間関係から考えるがん保険の選び方、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。