がん保険の選び方の基礎中の基礎

がん保険の選び方の基礎中の基礎

がん保険についての選び方を考えるためには、ほとんど保険自体の知識が必要です。

 

何かとがん保険の知識を把握していても、さほど基礎の部分は抜け落ちがちなので、今日はがん保険の選び方の基礎中の基礎をご紹介します。

 

保険というものは基本的に、皆からお金を集めて管理し、困ったときのために助け合おう、という精神が根底にあるシステムです。

 

保険、とは一口にいっても、年金保険や、医療保険、介護保険などは「公的保険」。

 

死亡保障(終身保険)、年金保障、介護保障は「私的保険」などの二種類の保険があります。

 

勿論それぞれ掛け金を伴いますが、この掛け金は保険期間が長いと高くなります。

 

保険会社のかたはボランティアではないので、掛け金の中から自分たちの収入を引き下げる必要があります、この分の資本を「付加掛け金」と呼びます。

 

また、被保険者に払う金額を「純掛け金」と呼びます。

 

この辺りの用語は中でも保険の選び方には深くかかわって欠けるので知らなくても大丈夫といえば大丈夫なのですが、もしも、保険会社とのトラブルがあった時折、こういった知識がやはりの武器になるので、備えておくにこしたことは弱い筈です。

 

また、がん保険と普通の保険の違いとしては、普通の保険ではまさか払えないような高額な治療費も、対象をがんにしぼることで給付が可能だという点があります。

 

院給付金の支払い日数などにも限度がありません。

 

免責期間には注意が必要ですが、いかに健康にいたとしてもがんになる可能性からずらかれない現代では、このような予備知識が活きて来るときがくる可能性もまた高いのです。

 

 

一生涯のがん保険、終身保険の選び方

永遠という言葉を聞いただけで言わばずんと肩が鬱陶しく至るような気もいたしますが、長く生きるということはでかいことです。

 

一生の中で病気になることもあるかもしれませんが、でも社会のしくみを最大限に利用すれば、また普通の生活に返ることも可能です。

 

発達した医療によって不治の病も不治ではなくのぼる現代においても、がんで死にゆく人は増加し続けています。

 

医療の発達している時代なのだから、がんも直る時代がくるかもしれません。

 

医療の開発を待つためには、がん保険の選び方などをしっかりと見直し、がん保険のサポートを受けながらなるたけ長生きすることが良しと思われます。

 

私が日記の中で何度かお奨めしている終身保険にも選び方があります。

 

終身保険は掛け金が安定している分、家計を省みる余裕をつくり易く、よえり計画的な生活をすることができます。

 

そうして各社の掛け金の競争のなかで、その価格をだんだんと安くしているさなかにあります。

 

昔なら倍だった掛け金が半額であったり、また、そこまでの割引ではなくとも、保険商品がますます勧め易い金額になっているのは確かです。

 

こういったシステムのデメリットは終身払と短期払のどちらを選ぶかによっても変わってきます。

 

例えば、短期払いとしておいて一括の掛け金を多額としておいたことが、あとあと家計を圧迫するということもあります。

 

また、長生きした場合は終身払よりも、短期払いの方が安く上がります。

 

このような場合で若いころに短期払いにするだけの資産があった場合には後悔することになるでしょう。

 

もう一度、この不況のなか保険会社がし資金繰りに失敗してしまった時折どれだけ保険に投資していたとしてもアフターフォローは期待できません。

 

このようにさまざまなデメリットも存在するので、損をすることがないように、保険は熟慮してから加入するのが一番です。

 

また、終身保険の中にも、永遠おんなじ掛け金が貫くコースだけではなく、ある時期を過ぎると掛け金が半額になるものなどもあります。

 

 

家族型がん保険の選び方

私が、がん保険の選び方についてを策するきっかけになったのは去年還暦を迎えた父です。

 

仕事がスキで休みの日もじっとしてられないあの活動的父が、病床に臥すとは思ってもみませんでした。

 

時折旅行などに出向くにも、「家族」で行くわけにはいかず、がんと闘う父をおいて、母と共に親子で温泉にいきます。

 

何でも家族で一緒にできたら、というときもありますが、病気なのだから実にそれほどもいきません。

 

がん保険の選び方にも「家族で一緒に」という希望を許すための家族型のがん保険があります。

 

上記の私のように、なんでも一緒にできたら、という考えで入ったわけではないとは思うのですが、がん保険はあくまで、罹病する単位は1人ですし、子供などが多い場合はその分、掛け金も保険金も分散される性質の保険です。

 

色々な場所で情報を聞いているとどうも、「余程それにする理由がない限りは」入るメリットのない保険だと言えるようですし、選び方を考えてゆくと、どうやら選択肢から外され易い保険であるように感じます。

 

家族型の保険は本来、「みんなでまとめて入って安く」という概念からうまれたものです。

 

1つの契約でみんなのがん保険をまかない、被保険者の奥さまも子供も、その対象の中に入れてしまおうというコンセプトです。

 

そのため割安な掛け金が魅力的ですが、低い分デメリットもあります。

 

被保険者がいよいよがんになったとしても、そこにいただける給付金が本当にかかる費用には届なかったり、生涯がんになることのなかった伴侶の方が保険金を激しく設定されていた、という場合もあります。

 

離婚した場合も、被保険者にその保険が引き継げないということもありますし、割安な分こういったデメリットがいくつもあります。

 

手続きが楽なものを、といういことを念頭においている方もいらっしゃるようですが、それはがん保険の選び方としてはあんまりよく無い方法の一つです。

 

がん保険はしげしげと契約していくものだと覚悟ください。

 

 

オプションにがん保険をつける時の選び方

がん保険の選び方を間違って、保険金が賢くありなかったという経験のある人は、がん保険が豊富にあることを知らなかった、ということが原因の一つとしてうると思います。

 

調べてみるとこれ程豊富なコースがあるのか、とびっくりするくらいにさまざまな選択肢がたくさんあります。

 

特約などのオプションは、主なる契約に足りないものを付け加えてくれます。

 

例えばアフラックが展開している「特約MAX」はがん保険にプラスして、他の病気も保障できる画期的なサービスです。

 

この「特別約款」の存在があとあと大きくなることも誠に多いのです。

 

この特別約款、通称特約の中には、医療保険のオプションとして買えるものや、がん保険単独のものなどがあります。

 

また本人の意思によってどれがいいかを選ぶことができますし、解除返戻金を絶やすことで、より安い掛け金を実現することも可能です。

 

医療保険もオプション次第で、適用外のものを適用させることができるのです。

 

医療保険のオプションは基本的には割安です。

 

がん保険単独のものに比べればその保障内容はやや見劣りしますが、でも十分な保障をうけることは可能です。

 

オプションというときっとおまけという印象もありますが、がんになた際にはしっかりとサポートしてくれます。

 

ただしやっぱがん保険単独のものの内容がきめ細かいというのも事実です。

 

個人的には、自分自身ががんの家系にありますし、がん保険の増加も見込んで、がん単独の保険を欲するのがいいと思ってますが。

 

心臓病などをかかえている人で、がん以外の病気になる可能性が良い人は、オプションとしてがん保険を選ぶという選び方がいいのではないかと思われます。

関連ページ

がん保険の選び方について
がん保険の選び方の基礎中の基礎、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
がん保険の選び方を考える必要性
がん保険の選び方の基礎中の基礎、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
がん保険のない時代の苦労と、保険を選べるありがたさ
がん保険の選び方の基礎中の基礎、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
選び方とは無関係に発生するがん保険のトラブル
がん保険の選び方の基礎中の基礎、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
がん保険の満期日の後の恐怖
がん保険の選び方の基礎中の基礎、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
人間関係から考えるがん保険の選び方
がん保険の選び方の基礎中の基礎、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
がん保険の選び方のまとめ
がん保険の選び方の基礎中の基礎、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。