がん保険の選び方のまとめ

がん保険の選び方のまとめ

ここで、がん保険の選び方で重要となる点をまとめてみようかと思います。

 

仮に、依然がん保険の選び方に不安があり、見落してる点がないか必要な方は、概ね目を通して下さい。

 

がん保険は本人型にしなくてよいのか、夫婦型にすることによって掛け金を安くするだけで大丈夫なのか。

 

また、その保険の入院診断金や高額な入院費は出ても、通院で治療可能ながんにかかった場合の通院給付金の用意はなされているか。

 

また、通院などでは二度と治らない、進行したがんの場合、先進医療による治療は保障範囲内であるかどうか。

 

終身保険としてしまうと更新がない分、変更が効かないことは把握しているか、また、定期型としておいて将来の変化を視野にいれておくか。

 

悪性新生もののみを保障し、上皮内新生ものは保障とめるような保険であるかどうか、また、保障するがんの種類は多くあるかどうか。

 

無事治ったときに、退院した後の、退院給付金は掛かるのか。

 

また、再発した際のフォローができる保険であるか。

 

引き続き気にするべき点は数え上げたらきりがないほどありますが、主に重要となるのは上記のようなポイントです。

 

もちろん特約を塗りつけることによって、個々にあったさまざまなサービスを受けることも可能です。

 

またこれは裏技もののものところが、長期間のスケジュールを記入できる手帳を用意し、保険期間や免責期間を把握するべく、スケジュール帳に書き込んでおくと調べる手間なども省けてあとあと頑張るのでオススメです。

 

 

アフラックのトラブルから学ぶ、がん保険の選び方

がん保険、と聞いて、みなさんはまるで頭に何が浮かぶでしょうか?

 

ターミナルケアの現場を見たことがある方は、ホスピスを思い浮かべることでしょう。

 

身内の方にがんの患者さんがいる方は、その人の顔が頭に浮かぶかもしれません。

 

因みに私の頭に浮かんだのはアフラックのCMのアヒルでした。

 

がん保険の選び方は「知名度」はものすごく影響を受けます。

 

がん保険のCMはなんだかさまざまなものがありますが、このアヒルのCMが多分一際、みなさんの心に印象を残している保険会社のCMなのではないかと思われます。

 

CMにおけるイメージ戦略とは、正しく見慣れさせることから真実味を生む行為であるといえるでしょう。

 

がん保険の選び方で一際多いのは本当は「見慣れていて、聴きなれている、真実味のある会社名を選ぶ」というものなのかもしれません。

 

但しそんな、安心できる保険会社の代名詞アフラックにも、トラブルはあるのです。

 

そもそもアフラックの営業展開は、本当は他の保険会社とは違う動きをしています。

 

それというのも、アフラックは完全にコンシェルジュ制度によって展開している会社なのです。

 

とっくにコンシェルジュ制度というものは「母体から離れた」という裏の意味を携えたしくみであるともいえますし、各コンシェルジュによって丁寧に指導が行き届いているところもあれば、不十分であるところもあるということを示す指標にもなります。

 

つまり、おんなじ会社の保険であっても、「どんな場所で」「どんな担当で」加入したかによって大きな差が生まれるということなのです。

 

当然、アフラックと契約するのがよく乏しいということではありません。

 

現にクレームやトラブルの多くは、通販型でよく検討せずに加入したパターンも多いのも事実です。

 

アフラックによって助かっている人たちが日本には山ほどいるのです。

 

ただし問題は、「大手だから安心」「業界NO1だから頑張れる」と過信せず、どんなに「はからずも」を念頭において保険を買えるかということ。

 

がん保険というのは、湿っぽいものなのだという大前提を念頭に置いておくことが、一層安心できる保険選びに変わるのでしょう。

 

 

がん保険の選び方の予備知識は、必要ない人のが少ない

ここまで読んでも依然、「自分だけは大丈夫」だと思っている方がいると思います。

 

がん保険の選び方や、それにまつわる知識に無関係に生きていく人のほうが少ないのにもかかわらずです。

 

痛みなどの症状はなく、定期健診を通していたとしても、発見が苦しいがんにかかっただけで、今とっくに罹病している可能性もあるのに、がんは申告受けるそのときまで、当事者意識を抱きづらい病気です。

 

ひょっとしたら、歯のがんかもしれません。

 

歯のがんは、痛みがないのです。

 

舌には何も異常はないですか?舌がんは、ただのできものだと思い込んで放置することによって進行し、凄まじい場合には手遅れとして、咽頭を切除することになります。

 

舌を切除して、再建手術をしたとしても、味という刺激を感じるための味雷がないので、美味しいご飯は更に食べられません。

 

勿論若い人でも罹病しますし、再建手術のために使われた胸の肉はそこに消え去り、傷跡を残します。

 

周りにタバコを吸っている人はいませんか?吸わせてやることはやさしさではなく、相手をときに死に至ら終わります。

 

いいがん保険に入って経済面だけは安心していたとしても、肺がんの苦しみが、がんの中それでも一番苦しいということに変わりはありません。

 

周りに置く人の選び方けれども発がん率は下がります。

 

換気扇の下で吸ってもタールは吸い込まれません。

 

副流煙の被害者の発ガン率は、喫煙者の5倍です。

 

がんの原因のNO1は車の廃棄ガスだといわれていることを知っていましたか?
幹線道路(有力道筋となる道路)沿線に住む人の肺がん率が良いというデータがあることを知っていますか?
大気汚染は進行し、がん患者は漸増しています。

 

それは「検診の場を渡し、患者を燃やすためのサービスと、無限のリライアビリティの買いもの」であるがん保険の肝要もまた漸増するということを示しています。

 

私は、自分の周囲にがん患者が伸び悩むように、これを読んでくださってる方の人生が健康的に安心して生きられるものがあるように祈っています。

 

安心した生活を送るための知識がすこしでも与えられたら幸いです。

関連ページ

がん保険の選び方について
がん保険の選び方のまとめ、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
がん保険の選び方を考える必要性
がん保険の選び方のまとめ、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
がん保険のない時代の苦労と、保険を選べるありがたさ
がん保険の選び方のまとめ、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
選び方とは無関係に発生するがん保険のトラブル
がん保険の選び方のまとめ、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
がん保険の満期日の後の恐怖
がん保険の選び方のまとめ、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
人間関係から考えるがん保険の選び方
がん保険の選び方のまとめ、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
がん保険の選び方の基礎中の基礎
がん保険の選び方のまとめ、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。