ケアマネージャーについて

ケアマネージャーについて

介護保険制度の制定が行われてから、ケアマネージャーという資格が注目を集めています。

 

要介護認定で介護レベルが判断され、介護認定基準と判断される事によって介護保険サービスを利用する事が可能となります。

 

どんな介護サービスを受けられるか、如何なる周期で受ければいいのか司るのがケアサービスと呼ばれる計画になります。

 

このケアサービスだが、介護を受ける側が我らで形づくる事はおそらくなく、大抵はケアマネージャーに依頼して作成して買うのが一般的となっています。

 

このケアマネージャーは、介護保険制度のスペシャリストとしてなっていて、ケアサービスの作成はもちろんですが、介護保険に関する相談、各種申請や手配、介護掛け金の計算などもやってくれます。

 

このケアマネージャー、本当は介護保険制度が始まる事によって導入された資格になります。

 

誰でもなれるというものではなく、医療・介護・福祉いずれかの国家資格を携帯している人、キャリアが在る人が受けられる様になっていますので、現場の考えによる判断が期待される職業だと思います。

 

ケアマネージャーの試験は年1回で、それに合格した後、前後期に分けて浴びる実務研修を受講した後に何とか資格が貰える様になります。

 

介護保険制度に関する豊富な知識と、ケアサービスを練り上げる冷静な判断や、毎年変わる介護保険法を把握する情報収集能力が必要な職業ではないかと思います。

 

ケアマネージャーの受験資格は医師や保健師、ナース、あんまマッサージ師、栄養士、作業療法士等、医療・介護・福祉に関わっている人達になります。

 

明るい事は各市町村の窓口に問い合わせてみて下さい。

 

 

ケアマネージャーはどうやって選んだらいいのか

ケアマネージャーは介護サービス提供事業者や在宅介護支援センターや老人ホーム等の介護支援事業者で働いている場合が多い様です。

 

介護保険制度から提供されている介護サービスを受ける為にはケアプランを作成してもらったり、色んな情報を提供して貰ったり、もっとお付き合いが貫く様になるかもしれません。

 

介護保険制度は毎年見直されたりされていますので、その情報にも敏感な人じゃないといけませんよね。

 

ですから知識が多く介護を受ける方とのコミュニケーションがしっかり出来るケアマネージャーを選ぶ事が、後々介護サービスを受ける上で大切なのではないかと思います。

 

ケアマネージャーは介護利用者やご家族の方とコミュニケーションも取っていきますし、色んな連絡や調整を行う非常に重要な役割を担っています。

 

あんな大切なケアマネージャーを選ぶポイントとはどういう事なのか挙げてみましょう。

 

【ポイント】
・ケアマネージャー個人の意見を押し付けず、介護利用者側の意見を正しく聞いてくれるかどうか
・何か問題が起こった場合、その問題から逃げずに親身になって相談に乗ってくれるかどうか
・ケアマネージャーが立てたケアプランに対する説明を、理解出来る様にして貰う事が出来るかどうか
・介護サービスだけじゃなく、色んな知識を教えてくれるかどうか
・ケアプランを立てたらそれっきりという訳じゃなく、定期的に連絡を取ったり、訪問したりできるかどうか

 

等が挙げられます。

 

ポイントを見てみると知識とコミュニケーションがやっぱり大切であると言えますので、そう言う所をポイントとして選んでみてはいかがでしょうか。

 

 

ケアマネージャーが作成するケアプランについて

介護サービスを受けるにあたって、ケアマネージャーと呼ばれる人がケアコースを作成するのですが、このケアコースは要介護度によってどういうサービスを渡したらいいか、その頻度はこの位で、この位のサービスを受けたら良いという様な感じで作成して出向くものとなっています。

 

なんで要介護度によってなのかと言うと、度合いによって上限費用が決まっているからで、その費用の中でサービスをもらえる様になっています。

 

介護保険制度によってもらえる介護保険サービスの自費額は1割となってあり、残りの9割が介護掛け金から頂ける様になっています。

 

しかし、これはケアコースを作成しているときの話になります。

 

もしもケアコースを作成しない状態で介護サービスによる場合、流転では有りますが費用を全額負担する事になっています。

 

その後に申請をして9割戻して味わう償還払いという流れになり、流転ではあるでも全額負担は当然負担になりますので出来ればケアコースは作成して貰った方が良いと思います。

 

ケアコースはケアマネージャーに作って貰うのが自然となっていますが、個人でも作成する事が可能となっています。

 

ただし、介護保険制度は理解が難しいという事も有りますのでともかく慣れない内はケアマネージャーと共に作って行く等して、知識を蓄えていう方が良いかもしれません。

 

その後にゆったり自分達の意見も取り入れて出向く様な感じにしていくと良いでしょう。

関連ページ

介護保険制度について
ケアマネージャーについて、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険料の内容
ケアマネージャーについて、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
要介護認定の申請はどこにすればいいのでしょうか
ケアマネージャーについて、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険制度を上手く使おう
ケアマネージャーについて、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護サービス【有料老人ホーム】
ケアマネージャーについて、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護サービス【訪問介護】
ケアマネージャーについて、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護従事者の問題点
ケアマネージャーについて、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険制度の被保険者資格について
ケアマネージャーについて、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険制度が創設された狙い
ケアマネージャーについて、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。