生命保険会社の比較においての目安

生命保険会社の比較においての目安

保険大国である日本は、それと共々「保険金殺人大国」でもあります。

 

そのため日本人は、「生命保険」に対して、どっか大金目当ての犯罪が表裏一体になっているイメージを抱きがちなところがあるように思われます。

 

こういうイメージは「必ず払ってもらえるのか?」「どんな災害も、保険金はしっかり下りるのだろうか」という被害者意識、及び保険に対するのほほんとした不安に達するのでしょう。

 

ただし、こういう不安を払拭するために、保険業界には「ソルベンシーマージン(solvency margin)」比率というものが存在します。

 

ソルベンシーマージン(solvency margin)とは、「支払い余力」のことをあらわす用語です。

 

これが高ければ高いほど「責任準備金のたくわえがちゃんとありますよ、何があっても払う力がありますよ」という証明になります。

 

こういったものを目安に生命保険を比較してみると「どこが安心で、どこが不安か」という漠然な視界が同時にくっきりしてくるかと思われます。

 

憶えづらい用語ですが、あまりアリコやアフラックなどの大手生命保険会社のソルベンシーマージン(solvency margin)ランキングがちっちゃいといった特徴もあるので、「自分が入ろうとしている生命保険は大丈夫?」ということを確かめる意味でも、ソルベンシーマージン(solvency margin)は有効かと思われます。

 

安易に、比率がおっきいものに入ればすばらしいというものでもありませんが、生命保険を比較するものさしとして、このソルベンシーマージン(solvency margin)をぜひ使ってみてほしいと思います。

 

 

生命保険、アフラックと他社の比較について

さて、今日は、アヒルと宮崎あおいさんのコマーシャルでおなじみの大手「アフラック」についてご紹介します。

 

アフラックとは、外資の生命保険であり、アメリカンファミリーの生命保険ですね。

 

その保険商品は、がん保険に対する顧客からの要望をしっかりとカバーしているもので、がん保険、医療保険の契約件数は国内ナンバーワンとも言われています。

 

ただしアフラックは、他社と比較しても「がん保険」に傾倒する割合の硬い会社なので、さほど生命保険に特化してる部分がありません。

 

他社の生命保険と比べても、ともかくがん保険以外においては、そこそこサービス内容が充実してないような印象があります。

 

ただし、がん保険には特化しているので、がんに対しての不安がおっきい方にはうってつけの保険だといえます。

 

スタンダードプアーズ社における「生命保険会社格付けランク」の中で、AAという格付ランクをつけられたという保険会社なので、誠実な対応を期待できます。

 

あまり今ひとつかもしれませんが、「生命保険会社格付けランク」は、生命保険会社の優劣を再び客観的に定め、一般人にも通じる記号でそれを示した「成績優秀ランク」です。

 

また、イメージキャラクターが宮崎あおいさんであるということも大きいのか、他社よりも社風にリライアビリティを窺えるといった特徴もあります。

 

驚くべきことだが、彼女のファンであることからアフラックの生命保険に加入するといった人も実にいるようですね。

 

ただし、さすが他社に対してがん保険のサービスが手厚いといった特徴はありますが、生命保険に特化してる会社ではないので、生命保険を重視して選ぶならば、他社のものと比較しながら次第に形づくる必要があるかと思われます。

 

がん保険を選ぶならば、アメリカンファミリーのアフラックがオススメところが、生命保険を選ぶならば、他社のものも延々と見て確かめてほしいところです。

 

 

ソニーの生命保険と他社の比較

アリコやアフラックなど、保険会社を比較するととにかく各社によってさまざまな違いがありますが、ソニー生命保険の場合は、所属するスタッフに違いがあります

 

ソニー生命保険には、「ライフコースナー」と呼ばれる生命保険の相談役が在籍しています。

 

このライフコースナーのシステムが採用されてから約三十年も経っているという、驚きの実績を誇っています。

 

生命保険について、安心して相談出来る専門スタッフがいるというだけで、誠実さがうかがい知れますが、こういった「専門スタッフの充実」が、他社の生命保険会社との大きな違いとなります。

 

何より、保険を貰う側、提供する側の関係とはいえ、人生に密接につながったモノである保険を扱う事業ですから、前もって、それ相応に不安もありますし、スタッフに相談したいことも何かとあるものではないかと思われます。

 

ソニー生命保険ならば、そういう個々の不安を省きながら、しっかりと保険商品についてを説明してくれるので、安心して加入することができます。

 

生命保険を比較してみると、予めこういった人員が充実してないところもまだまだ多く見られますし、「人間力」が顧客評価につながっているのは確かなので、こういった「人」の力をかしこく取り入れているところに、ソニー生命保険の人気の理由があるのではないでしょうか。

 

ネットからカンタンに資料請求も出来るので、興味をもった方はぜひとにかく、ソニーの生命保険の資料を取り寄せてください。

 

 

生命保険、ジブラルタ生命保険と他社の比較

外資の生命保険会社にもさまざまな種類がありますが、「有名な会社だから」「大手だから」加わる姿勢でいると、もしかしたらその大手会社の隠れた赤字と斜陽に気づかず、保険金の返還もままならないまま倒産患うかもしれません。

 

そういった方に知ってほしいのが「ジブラルタ生命保険」です。

 

ご存知無い方も多いかもしれませんが、このジブラルタ生命保険は、外資の中で比較しても、ひときわ長い実績を誇る大手生命保険会社です。

 

その実績は誠に、「百三十年」以上続いています。

 

日本での経営展開はまだまだ日が浅いのですが、かなりの実績があることはたしかです。

 

また、余命六ヶ月を宣告された人が生きているうちに保険金を受け取れる「リビング要望」というオプションを始めたのも、このジブラルタ生命保険です。

 

世界でいよいよ、「リビング要望特約」を作ったこのジブラルタ生命保険は、他社と比較しても、世界に誇れる実績をもつ世界的大手なのです。

 

 

 

また、その実績が発揮されているためか、顧客の評価が非常に良いことけれどもおなじみです。

 

その評価の裏には、サポート内容も非常に徹底されたものになっているという理由があるようです。

 

意外と「リビング要望」自体の需要はなかなかないのですが、真に余命を宣告された人は、生きているうちに受け取った保険金で、残る時間を家族と過ごすことが出来るので、余命を心地よくまっとうすることができます。

 

自分の死に方などに関して、「幸せに過ごしたい」という願望の激しい人は、こういったコースを展開している「ジブラルタ生命保険」がお薦めです。

関連ページ

生命保険の比較について
生命保険会社の比較においての目安、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
若い人にとって重要な生命保険の比較
生命保険会社の比較においての目安、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
生命保険の比較と落とし穴
生命保険会社の比較においての目安、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
生命保険の特約の比較
生命保険会社の比較においての目安、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
生命保険会社の比較、生保レディの場合1
生命保険会社の比較においての目安、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
外資系と国内会社の生命保険の比較
生命保険会社の比較においての目安、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
生命保険の比較をする前に1
生命保険会社の比較においての目安、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
生命保険の死後のサポートの比較
生命保険会社の比較においての目安、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
簡保の生命保険と各社の生命保険の比較
生命保険会社の比較においての目安、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
生命保険と医療保険の比較
生命保険会社の比較においての目安、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
生命保険会社の料金の比較
生命保険会社の比較においての目安、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。