介護保険について

介護保険について

「介護保険」必ず一度は聞いた事がある人もたくさんいる事でしょう。

 

おそらく新聞とかテレビとかで見た事や聞いた事があるからだと思います。

 

気が付いたら介護掛け金を支払っていたという方も多い事と思います。

 

では介護保険について細かく聞いた事がある人ってどれだけいるでしょうか。

 

介護保険とは、高齢者で介護を必要としている方がいます。

 

そんな方の治療や介護に必要とする費用や家族介助や福祉施設利用等の負担分を社会全体で支援して行こうという保険制度となっています。

 

介護が必要という方が日常生活を負担なくくつろげる様に、本人やご家族の負担を燃やす様な形で介護や支援サービスを受けられる様にする為の社会を作っていこうという制度の事を指しているのです。

 

こんな介護保険には民間の介護保険と公的な介護保険とが有ります。

 

一般的に介護保険制度と言われているのは公的な方の介護保険制度という事になります。

 

公的な介護保険と言うのは加入する条件、給付の条件等に高齢者に限るという様な制限が有ります。

 

その為に国民の方は40歳を超えたら加入しなければならないという義務を付けられています。

 

民間は各社に条件を委ねられているので20代でも加入が出来るものもあるそうです。

 

また給付に関しても公的な介護保険ではサービスを受けられるという事に限られますが、民間それでは現金支給が変わる事があるそうなのです。

 

こんな介護保険制度、介護掛け金を充分支払って誰もが負担なく受けられる様な社会を作っていきたいですね。

 

 

介護保険制度の生い立ち

わたしが公的にでは40歳以上になると自動的に加入し、介護掛け金を支払っている介護保険制度。

 

いつその制度が出来上がったのでしょうか。

 

歴史的にはいまだに始まったばかりというのがこの介護保険制度なのですが、平成12年の4月からスタートしたそうです。

 

当初決めた制度だけに留まらず、制度を充分維持して行く為、その時の状況、その後の見通しによって5年ごとに見直しする様な制度も設けられていると言います。

 

また介護掛け金の支払いや施設に払う報酬に関してもいつも一定という訳ではなく、見直しが3年ごとになる様になっています。

 

その見直しがされたのは2005年の事、背景としては介護保険制度が制定されて以降、利用する為の条件である介護保険認定を受けた人が予想をはるかに超えてしまった為、制度を負担なく維持する事が出来なくなってきたという背景があったからだそうです。

 

そうして制度を利用する人が増加してきた事により、重度介護が必要と言われている方が必要としている介護に見合う様なサービスを提供する事が難しさというのが懸念されてきた為、介護認定された方が介護状態から脱却したり、予防したり、サービスの質を向上させたりという事をポイントとして見直しをされてきました。

 

ただしサービスの内容自体は市区町村や施設によって違いが見て取れるのに対して、制度の見直し自体は全国一斉に浴びるので、今まで普通に受けていたサービスを同じく受けるのも難しくなって来たそうで、今後の見直し等に注目を通していきたい所です。

関連ページ

世界の介護保険はどうなのでしょうか
介護保険について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
民間の介護保険について
介護保険について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険の給付について
介護保険について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
地域密着型サービスについて
介護保険について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
要介護認定を受ける際のコツ
介護保険について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護予防サービスの種類
介護保険について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険サービスを受ける為の認定
介護保険について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。