世界の介護保険はどうなのでしょうか

世界の介護保険はどうなのでしょうか

40歳以上の国民が支払っている介護掛け金、介護保険制度の貴重な財源となっています。

 

介護掛け金は絶対に支払わなくてはなりません。

 

こんな日本の介護保険制度はドイツの介護保険制度を基にして作られたと言われています。

 

世界中の問題として少子化、高齢化、寿命が伸びている、医療の進歩という事が有る様で世界中で介護保険制度が設けられています。

 

こんな日本がモデルにしたというドイツの介護保険制度、世界の介護保険制度はどうなっているのでしょうか。

 

ドイツでは1995年から介護保険制度が施行されています。

 

施行された背景には高齢化率が高まってきたという日本と同じ現状が有った様です。

 

日本とドイツの決定的な違いと言うと、日本では施設等の介護サービスを利用する事が出来る事に対してのみ給付されるという方法ですが、ドイツでは自宅介護を通じている家族に対しても現金給付されると言いますから、家族が仕事を止めて介護に努めたとしても負担が軽減されるという事ですね。

 

次にお隣韓国の介護保険制度ですが、日本以上の高齢化率という事も有ってついつい最近の2008年から老人長期療養保険法という日本で言う所と介護保険制度が施行達する事になりました。

 

内容は日本の介護保険制度と同じ様なのですが介護掛け金を払う年齢が45歳以上である事、要介護認定の基準が日本より恐ろしいという事が言えるそうです。

 

この様にちょい各国で介護保険制度が施行されていて、高齢化社会を通して福祉に対する意識が高まっているという事を察すると思います。

 

 

介護保険法以前の高齢者介護

現在施行されている介護保険制度は少し目新しい法律で有ると言えます。

 

介護掛け金を払う様になったのも最近の事でしょう。

 

こうした介護掛け金や国からの補助によって介護保険制度が保たれています。

 

では介護保険法が施行陥る前、要介護者達はどうして介護サービスを通していたのでしょうか。

 

サービスを受ける費用は自前となっていたそうです。

 

今まで高齢者の要介護者に対するサービス等は、健康保険(老人保健)にて行われていたと言います。

 

その昔、1963年に制定された老人福祉法が1973年に改正された事に伴い、基本的には70歳以上の高齢者に対して医療費を無料で行うという事をやっていた事もあったそうです。

 

但し近年高齢化社会になってきた上に、必要が無いのに診療を受けたり服酢の病院で受診したりする等している人が増加してきた事、一人暮らしの方は治療が終わっても受け入れ先がなくて入院の長期化が余儀なくされてきたという社会問題も有って、高齢者による医療費が一層増えたそうです。

 

1973年に医療費負担が無料になった時から考えてみて単に10年で10倍もの医療費増加になった事を考えてもその増加率が凄い事が伺えます。

 

そうして1983年、医療費を定額負担にするという様に変えた事を受けて1割負担に変わってきた等、高齢者に対しても医療費の負担を強いる事になったのです。

 

そうして公的制度も介護サービス内容や施設を選べずに言われるがままのサービスを通してきたという現状も有った様です。

 

 

何故介護保険法が必要なのでしょうか

老人保健法、老人福祉法等によって今までは高齢者の介護に対するサービス内容を制定してきました。

 

但し高齢者社会になって来て国が負担する医療費が増加してきた事に伴い財源不足になってきました。

 

そうして制度を持続させる事、サービス内容が地域や施設によって格差がある事、施設が絶対的に不足している事を解消する事を考えて新たに介護保険制度というのが定められる様になったのです。

 

制度の内容は負担金の納付方法を分かりやすくする事、社会保障制を導入して制度を維持していく事、クリニックや介護支援サービスを充実化して社会的入院を防ぐ事、必要な介護、必要な支援サービスを通してもらえるような制度を作ろうという目的で制定された介護保険法になります。

 

その為に国民の40歳以上の方への介護保険への加入、介護掛け金の支払いを義務付けて出向く事になりました。

 

介護掛け金の支払い方はその働き方と年齢によって変わってきます。

 

この様に介護保険法はこの時代の背景を通してどうして転がるか分からないという事も有り、5年で見直しをする様に制定されました。

 

介護保険法の見直しにおいて介護保険制度の見直しもされているのです少し介護は色んな問題を抱えているのですが、その時代に合った内容として出向く様に社会全体で関心を所持していかなくてはならないのです。

 

だからこそ、介護保険法が必要になり、それを実行する為、維持する為の決まりが必要になるという事なのです。

 

 

介護保険制度の構造について【被保険者】

介護を必要としている高齢者を、日本の社会全体で支えて行こうという制度を介護保険制度と呼んでいます。

 

色んな規定によって介護を必要としている高齢者が利用出来るか規定されていますし、社会全体と書いて有りますが財源が何のかという疑問も有る事でしょう。

 

ここで介護保険制度の構造について挙げてみたいと思います。

 

先ず被保険者についてですが、被保険者とは介護保険制度を利用出来る人の事を指しています。

 

誰でも高齢者で有れば介護保険を利用出来るというものまずは有りません。

 

自分の住民票がある地域に住んでいる事を最低条件としています。

 

次に介護掛け金を払っている事、これも条件になります。

 

介護掛け金は40歳以上で有れば誰でも払う事になっています。

 

また高齢者と言っても年齢によって第1号被保険者(65歳以上かつ要介護認定、要支援認定にあたっている人)、第2被保険者(40~65歳未満で医療保険加入、特定疾病を原因として要介護認定、要支援認定にあたっている人の事を指しています。

 

)で分けられていますし、介護をどれだけ必要しているかの度合いでもらえるか規定が備わる様になります。

 

また40歳以上であれば介護保険被保険者に条件によって繋がる事が出来ますが、介護保険法以外の施設に入っている場合は、介護保険被保険者になれないという事なので注意が必要です。

 

被保険者に対しても何かと制限や規定が設けられていますので、こうした事を理解した上で介護保険制度としていくこととなります。

 

 

介護保険制度の構造について【保険者】

介護保険制度の保険者と言うのは、介護保険制度に対して管理・運営を通している物の事を指しています。

 

人と言うよりは基本的には市区町村という事になりそこに住んでいる人が介護掛け金を支払っています。

 

国や都道府県も介護掛け金の負担を通しているのですが運営そのものは市区町村に依存している事になります。

 

ですからそこに住んでいる市区町村の人口、施設数、被保険者の数によって介護掛け金の額に違いが出てくると言います。

 

つまり全国一律ではないという事なのです。

 

40歳以上の人になると介護保険への加入が義務付けられ、市区町村が決めた介護掛け金を支払わなければならない義務が生じるという事になります。

 

これが保険者というものなのです。

 

上記にも挙げましたが介護保険の財源と言うのは保険者が扱う事によって成り立っています。

 

その市区町村に住んでいる人で40歳以上の人が納付している介護掛け金と公費(税金)で半々の負担になっているそうです。

 

40歳以上の人も掛け金が年齢によって分けられていて、半分負担の内、40~65歳未満の人が3割、65歳以上の人が2割となっています。

 

介護保険制度が見直されるたびに65歳以上の介護掛け金の負担は年々増加してきていると言います。

 

公費部分に関しても半分の内半分が国、1/4が都道府県、残り1/4が市区町村で賄われていると言います。

 

また被保険者が納めている介護掛け金は3年ごとに改定されてはいるのですが、市町村のタスクを基に決定されているのです。

関連ページ

介護保険について
世界の介護保険はどうなのでしょうか、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
民間の介護保険について
世界の介護保険はどうなのでしょうか、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険の給付について
世界の介護保険はどうなのでしょうか、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
地域密着型サービスについて
世界の介護保険はどうなのでしょうか、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
要介護認定を受ける際のコツ
世界の介護保険はどうなのでしょうか、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護予防サービスの種類
世界の介護保険はどうなのでしょうか、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険サービスを受ける為の認定
世界の介護保険はどうなのでしょうか、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。