民間の介護保険について

民間の介護保険について

私達が介護掛け金を支払っているのは大抵が公的な介護保険であると思います。

 

公的の介護保険サービスを利用する場合ところが、その際には9割が介護保険が負担してくれて残り1割を自前するという形になっています。

 

またまず要介護者になってサービスを利用する様になると、なんだか回復すると言うのは苦しくて丸々長期利用するというケースが多いようです。

 

また公的な介護保険給付では制限が在る為にパーフェクトサービスを受けられないという人もいるみたいで、自前額を払い積み重ねる事自体難しくなってくるケースがあるのです。

 

なのでなかなか民間の介護保険においている人が多いと言います。

 

公的と民間との違いについては、加入条件に公的では義務として40歳以上の人は本当に加入と言いますが、民間は義務ではなく任意ですので加入しなくても何の問題も無いのです。

 

ですから40歳未満の方けれども加入する事が出来るという事で、18歳からでも加入できるというものも有るようです。

 

給付条件についても年齢や特定疾病等の一定の条件を持ち歩いている公的介護保険に対して、各社の規定によって給付を受ける事が出来る民間介護保険という感じになります。

 

また介護保険の給付を受けた後、公的介護保険はその後も介護掛け金を払い続けなくてはならないのに対して、民間介護保険は給付中は払わなくても良いという会社もあるそうなのです。

 

こんな公的な部分では賄いきれない部分を賄って欲しい人が多くいる事も有り、民間介護保険が必要であると言えるのです。

 

 

民間介護保険を利用する際の給付方法について

民間介護保険を利用するときの給付方法は現金支給となっています。

 

要介護状態になった時点で介護掛け金を支払っている保険会社の規定にそって給付金が受けられるそうです。

 

それは給付金という形で一度にまとまった金額を受け取れる「介護臨時金」、要介護状態が続いている限り給付金を感じ取る事が出来る「介護年金」とに分かれます。

 

大抵の場合は介護臨時金と介護年金の両方を給付してもらえるものが多いのですが、個別だけで給付してもらえる保険と言うのも有ります。

 

これは保険会社とどういう契約で介護掛け金を支払っているかによって移り変わると言います。

 

給付内容についても各保険会社によって違いますので、介護掛け金が安いからという理由だけで選ばずに、内容もよく見て選ぶ必要が有ります。

 

そういう民間介護保険は加入自体が自由となっています。

 

これは義務としている公的介護保険と違うところですね。

 

介護と言うのは断じて必要になるとは限りません。

 

不要の人もいれば、公的な介護サービスで充分という場合も在るのです。

 

それでもまずは不十分という人だって中にはいます。

 

その為に民間介護保険のサービスが有ってよかったとしている人だっているのです。

 

介護掛け金もそれほど安っぽいものではないですし、支払い方だって色んなパターンが有って、普通の生命保険の時と同じ様に考えなくてはなりません。

 

正しく公的介護保険も民間介護保険も介護保険の仕組みを理解した上で加入する様にしてくださいね。

関連ページ

介護保険について
民間の介護保険について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
世界の介護保険はどうなのでしょうか
民間の介護保険について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険の給付について
民間の介護保険について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
地域密着型サービスについて
民間の介護保険について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
要介護認定を受ける際のコツ
民間の介護保険について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護予防サービスの種類
民間の介護保険について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険サービスを受ける為の認定
民間の介護保険について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。