介護保険の給付について

介護保険の給付について

介護保険を利用するための介護掛け金は現金で納めていますよね。

 

では介護掛け金を支払っている介護保険制度を利用しようとした際、どういう方法で給付がされるのでしょうか。

 

要介護認定は1の軽度から5の重度までの5段階で映し出す様に規定されています。

 

その人が病院や介護訪問サービス等を利用すると利用額というのが発生します。

 

その利用額を市区町村が負担できるという形で給付されるに関しての様です。

 

ただしサービス利用は全額負担できるというものではなく10%が自前という形になっています。

 

ですから残り90%を負担できるという事になります。

 

また「介護給付」「予防給付」という2種類に給付方法は分類されます。

 

その振り分け方法としては「要介護認定」「要支援認定」が合わせて7区分ありますので、それで得る様になりますし、その他にも「市町村特別給付」という形で市区町村から給付を得る事が出来ます。

 

その「予防給付」についてですが、介護給付と基本的には同じ感じで給付されるのですが、要支援認定という日常生活を送る中で介護支援が必要だと市区町村が判断した場合に支援サービス利用額を負担できる形で給付されるというものです。

 

無論全額ではなく1割は自前という形にはなります。

 

2000年に介護保険が制定された当時は予防給付は「要支援1」だけという事だったらしいですが、2005年に見直しが入り介護予防サービスが導入された事により、対象を要支援1と要支援2という様に増やして分類したそうです。

 

 

介護保険サービスを受ける際の限度

介護保険によって介護サービスをもらえる為に私達は40歳以上になると介護掛け金を払う事が義務付けられるのですが介護掛け金を払っているんだからサービスは必要なら必要な分だけ受けたいですよね。

 

但し介護サービスにはもらえる限度というのが存在するそうです。

 

介護を必要とした際に要介護認定を受けます。

 

その結果要介護度というのが決まるのですが、この要介護度によって介護サービスの支給限度額も決まって本人やご家族に通知されるのです。

 

要するに限度額以内であれば1割の自前で介護サービスを受ける事が出来ますよという意味合いになります。

 

それ以上になるとサービスを受けられなくなるのかと言うとそう言う訳では有りません。

 

超えたら超えた分の全額を負担すればもらえるという事なのです。

 

ですから無制限に保険内でサービスがもらえるという訳ではなく、利用者の考え方だんだんなると言えるですね。

 

高齢者の場合、日常生活に困難を来してくると精神的に弱気になりがちです。

 

ですから介護は出来れば本人が出来る様な、目標にしやすい様な介護サービスをもらえる様に心掛ければ良いのではないかと思います。

 

介護サービスに制限があるからこそ、目標を持たせ、やる気を出させ、楽しみを暮らしの中に見いだせる様にしていけば良いのではないでしょうか。

 

そうすれば長引きそうな介護サービスにもやる気が出せて結果にも結び付いて来るのではないかと思います。

 

 

介護サービスの費用と負担額

毎月介護掛け金を支払っている事と年齢や要介護度レベルによって介護保険のサービスを受ける事が出来ます。

 

介護サービスをいざ受けた場合だが、毎月支払っている介護掛け金と介護サービスの1割を自前分として支払わなければなりません。

 

その介護サービス費用の9割は保険でカバーできるという事になります。

 

介護保険は誰でも平等に介護掛け金とサービス料の1割り負担という事になっているのです。

 

しかし収入が少ないとそれも払えないという人もいると思います。

 

その場合は介護保険制度以外の制度を利用して介護サービスがもらえる様に、負担額を切り落としたり介護掛け金を減額したりと負担が軽減される様な処置が取られています。

 

基本的に介護保険は市町村毎に行われている物になります。

 

但しもらえる介護サービスの料金自体は全国で統一されているみたいですので、むやみに高い地域が有ったり、安い地域が有ったりという事は有りません。

 

また全ての介護サービスがおんなじ料金という事ではなく、介護サービスの種類が何やかやある事からも見て、それぞれに値段設定がされています。

 

また受ける時間の長さにも制限が有るので、時間が長くなるにつれて料金も高くなって出向く場合があるみたいですし、症状によっても料金がなる事が有るみたいです。

 

ですから、各自治体に問い合わせてみて下さい。

 

この様に、介護掛け金を支払っていたら次いで全てOKという訳ではなく、その他にも負担をしなくてはならない事も有るので、理解した上で利用して行く様にください。

 

 

介護サービスにはどんな種類があるのでしょうか

介護サービスとして介護掛け金を支払っている人で一定の条件の人が利用出来る介護保険が有ります。

 

介護掛け金は各市町村によって違いが見て取れるそうです。

 

介護サービスの種類としては「在宅サービス」「施設サービス」に大きく種類が分けられます。

 

そこでここでは在宅サービスについて挙げてみたいと思います。

 

【居宅サービス】
・訪問介護:ご家庭でホームヘルプが介護やお世話を援助して貰える。

 

・訪問入浴介護:ご家庭を巡回入浴差で訪問して入浴介護を通じて貰える。

 

・訪問看護:家庭にナースや保健士が訪問して立ち向かう看護支援になります。

 

・訪問リハビリテーション:理学療法士、作業療法士が行うもので、日常生活の自立や手助けや心身の機能を衰え断ち切る様に維持回復させる為の訓練を通じて貰える。

 

・居宅療養管理指導:家庭に医師や歯医者等が訪問して、療養上の管理を行います。

 

・通所介護:利用者の趣味や生きがいに関する活動や、入浴の介護等を在宅サービスセンター等で行います。

 

・通所リハビリテーション:入浴や食事等に関する介護や機能訓練を病棟等で行います。

 

・短期入所生活介護:介護しているご家族が病気等の理由によって介護が一時的に利用できなくなってしまった場合、特別養護老人ホーム等に短期間入所出来るというものになります。

 

・短期入所療養介護:介護しているご家族が病気等の理由によって介護が一時的に利用できなくなってしまった場合、老人保健施設等に短期間入所出来るというものになります。

 

未だこの他にも種類は有ります。

 

今は介護保険法が改正になった事で、ここに挙げた在宅サービスは要支援では受けられず、要介護認定以上でなければ受けられなくなったのが変わった部分になります。

 

 

施設介護サービスについて

介護保険施設と言うのは介護保険で運営している施設サービスに入所出来るという施設の事で、「特別用語老人ホーム(介護老人福祉施設)」「療養型病床(介護老人病棟)」「老人保健施設(介護老人保健施設)」の3種類見て取れると言われています。

 

40歳以上になると介護保険に加入する義務が有りますので介護掛け金を支払っています。

 

この介護掛け金で介護保険制度の半分ほどを賄っていると言われています。

 

その介護保険法が改正された事で、介護保険施設で出していた食費と居住費が今までは保険給付の対象だったのに、利用者が自費をしなくてはならなくなりました。

 

これにより施設サービスを利用する人の負担がかなり増える事になってしまい、実際に利用する人も少なくなっている現状でも有ります。

 

断然収入が少ない高齢者の場合は毎月の介護掛け金を支払っているだけでも困難のに、一段と食費や居住費、それ以外のものまで自費となると受けたくても受けられないというのが現実ですよね。

 

また今まで利用者が自費していたものには以下のものが有り、それは改正された後でも自費のままという事になっています。

 

大体は日常生活費の事で、身の回りのもの、健康管理費、洗濯代、特養でのユニットを渡したときの費用、教養娯楽費、預かり金に対する出納管理費、その他に特別な費用として特別室への入所代、療養室代、病室の費用という事だそうです。

 

仮に施設介護サービスによって後日、介護保険対象外の費用として請求が有った際には、その明細をよく確認して見ると良いでしょう。

 

 

介護予防サービスについて

改正介護保険制度という介護保険法が2005年に改正されました。

 

そこで新たに新設されたのが「介護予防サービス」というものになります。

 

私達は40歳以上になると介護保険に加入する義務が有り介護掛け金を納付しなければなりません。

 

その介護掛け金は介護保険制度を運営する為に必要なものなのです。

 

その中の介護予防と言うのは、要介護状態にならない為にサービスとして防いで出向く事、要介護状態に例えなったとしてもその状態を悪化させない様に予防する事、という2つに重点を置いて要支援状態になった高齢者が日常生活を無理なく積み重ねる事が出来るようにする事を目的としています。

 

そんな介護予防サービスは誰でももらえるというものではなく、要介護認定で「要支援1」「要支援2」の認定をされた人だけが受ける事が出来るサービスとなっています。

 

また例え要支援にならなかった人についても、地域支援事業という改正介護保険で新規に法整備されて作られた介護予防サービスを受ける事が出来ますので安心して利用する事が出来ます。

 

そうして「新予防給付」についても、上記に挙げたサービスの事を指しています。

 

要支援1若しくは2の軽度の人を対象にして立ち向かう介護予防サービス、または要支援状態や要介護状態になる可能性が見て取れる高齢者の方を対象にして受ける地域密着型の介護予防サービスになります。

 

高齢者のその時の状態によって地域支援事業から新予防給付という流れで統一された介護予防サービスが受ける様になっています。

関連ページ

介護保険について
介護保険の給付について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
世界の介護保険はどうなのでしょうか
介護保険の給付について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
民間の介護保険について
介護保険の給付について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
地域密着型サービスについて
介護保険の給付について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
要介護認定を受ける際のコツ
介護保険の給付について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護予防サービスの種類
介護保険の給付について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険サービスを受ける為の認定
介護保険の給付について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。