要介護認定を受ける際のコツ

要介護認定を受ける際のコツ

仮に介護が必要になってきたのではないかとして、介護掛け金を支払っているのであれば介護保険制度を利用出来ます。

 

介護掛け金は義務として納付しています。

 

サービスを利用する為には要介護認定というのを選ばなくてはなりません。

 

ですから認定調査を受けるときのコツをご紹介してみましょう。

 

認定を受ける高齢者の方だけではなくご家族或いはよくその認定を受ける人の事を知っている人が立ち合った方が良いでしょう。

 

そうしてそこで判断された結果は至極大切な情報になるのです。

 

介護がどれだけ必要なのか調査官に正しく把握してもらわなくてはなりません。

 

それでも習性的に自分の事を話すのを恥ずかしがったり妙に自分を美しく見せようとしたりする人がいるのも実際に有ります。

 

そうしてしまうと実際の介護レベルより軽々しいレベルとして認定されてしまうので、回りの方が正直に語れるように立ち合いましょう。

 

後は介護を通している人は普段どんな介護を通しているのか、認知症の場合は問題行動等、後は気になる事等をメモしておきましょう。

 

日記の様にしておくと調査官にそれをのぞかせるだけで伝え漏れが無くなるかもしれませんのでオススメですよ。

 

包み隠さずに、そして誇張もせずに調査官に当たる事、そうする事で適性な介護レベルを判断していただけると思います。

 

可能であればアンケートを事前に入手しておくと、質問の答えをある程度用意出来ますのでリラックスして応じる事が出来て良いかもしれませんね。

 

 

「要介護者」「要支援者」2つの違い

40歳以上になると公的な介護休業にしっかり加入料しなければならない義務が発生し、介護掛け金を納める事になります。

 

介護掛け金の金額や徴収は年齢や働き方によって変わってきますので、お住まいの市町村の役所に連絡して聞いてもらえば良いでしょう。

 

介護掛け金を支払って介護保険制度の財源としているのですが、介護保険制度の介護サービスを受ける対象として要介護認定を受けます。

 

そこで「要介護者」「要支援者」のどちらかに認定されると介護サービスが頂ける様になります。

 

そこでこの「要介護者」と「要支援者」は何が違うかお分かりになるでしょうか。

 

この2つは利用出来るサービスの内容がほんのりなると言う所に大きな違いが出てきます。

 

代表的なもので言うと、要介護者は介護を受ける為に施設に入所して立ち向かう施設サービスというのが有りますが、それを要支援者まずは受けられないという事だそうです。

 

差別という事ではなく、要支援者は要介護者程状態が酷くなく、施設に入所する程でも無いという判断からそうしているそうです。

 

要支援者が施設に入所した場合には、短期間だけ入所出来るショートステイというサービスが有りますので、それを利用していただくと良いでしょう。

 

介護保険では、要支援者が受ける介護サービスを「予防給付」と言い、要介護認定が受ける介護サービスを「介護給付」と呼んでいます。

 

要介護者にならない様に予防するという意味のサービスなんだそうです。

 

こんな違いがこの2つには見て取れるのです。

関連ページ

介護保険について
要介護認定を受ける際のコツ、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
世界の介護保険はどうなのでしょうか
要介護認定を受ける際のコツ、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
民間の介護保険について
要介護認定を受ける際のコツ、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険の給付について
要介護認定を受ける際のコツ、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
地域密着型サービスについて
要介護認定を受ける際のコツ、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護予防サービスの種類
要介護認定を受ける際のコツ、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険サービスを受ける為の認定
要介護認定を受ける際のコツ、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。