介護予防サービスの種類

介護予防サービスの種類

介護予防サービスを利用する為にはどうしたら良いのでしょうか。

 

私達は40歳以上になると介護保険に加入する義務が有り介護掛け金を納付しなければなりません。

 

その介護掛け金は介護保険制度を運営する為に必要なものなのです。

 

あんな介護保険制度の一門、介護予防サービスを利用する為には要介護認定で「要支援1」「要支援2」という要支援認定をされなくてはなりません。

 

ただ認定されただけでは利用できなくて、先ずはケアコースという介護予防サービス計画を作成し、それに沿って介護予防を通して行く事になります。

 

ケアコース作成は保健士等が行いますが無料で行ってくれます。

 

介護予防サービスにはサービスが大きく分けて6つ在ると言われています。

 

要支援者の自宅に介護専門者が訪問してサービスを通して行く「訪問系サービス」、要支援者が施設に通ってリハビリや介護等のサービスを受ける「通所系サービス」、要支援者が短期間施設に入所して介護サービスを受ける「短期入所系サービス」、特定の施設に入所している要支援者に対して介護等のサービスを提供する「居住系サービス」、福祉用具の貸与や販売、自宅改修費の支給という様に住環境を改善する為のサービスとして、介護に役立つ自宅環境を整えていただける「住環境の改善サービス」、各地域ごとにそこに住んでいる住民だけが利用出来る「地域密着型サービス」等が有ります。

 

そういったサービスを通じて要介護認定されない為の予防を通して貰える。

 

 

訪問系サービスに対する種類

訪問系サービスというサービスが介護予防サービスの中に有ります。

 

具体的にどの様なサービスなのでしょうか。

 

こんな介護予防サービスは介護保険制度が提供しているサービスになります。

 

これはわたしたが介護掛け金を納付している、この介護掛け金を財源の一部として運営している制度になるのです。

 

それでは「訪問介護サービス(ホームヘルプサービス)」というサービスで、ヘルパーさんや介護福祉士等の人達が要支援者のご自宅に訪問し、食事、入浴、排泄と言った日常生活に関する介護を通じている物になります。

 

次に「訪問入浴介護」というサービスだが、入浴のサービスによって買う為に、要支援者のご自宅に浴槽を運び入れて入浴介護を行うサービスになります。

 

次に「訪問看護」というサービスで、要支援者のご自宅にナースさん達が訪問して、医師の指示によって療養上の世話、診療等のサービスを通じています。

 

次に「訪問リハビリテーション」というサービスで、理学療法士、作業療法士等が医師の指示にもとづき要支援者のご自宅に訪問し、日常生活を多少なりとも不自由無く暮らせる様に必要なリハビリを通じてくれるサービスとなります。

 

次に「居宅療養管理指導」というサービスで、療養上の管理又は指導を医師や歯医者、薬剤師等が要支援者のご自宅をめぐって立ち向かうサービスです。

 

この様に要介護認定されない為の予防策としてなさる介護予防サービスになっています。

 

要支援者等の認定を受けると高齢者の方は気落ちして仕舞う方も出てきますので、本人がなるたけ出来る様な介護が出来る様に介護する人は心掛けましょう。

 

 

通所系サービスに対応する種類

通所系サービスというサービスが介護予防サービスには有ります。

 

その通所系サービスにはいくつか種類が有りますので挙げてみたいと思います。

 

この通所系サービスは介護保険に加入していて介護掛け金を納付している方で一定の条件に該当する方が利用出来る様になっています。

 

介護掛け金は年齢や働き方によって徴収方法が変わりますので、ご自身の納め方がどの様になっているか一度確認して見ると良いでしょう。

 

介護保険は40歳以上になると加入が義務付けられていますし、民間のもので有ればいつでも加入する事が出来ます。

 

先ずは「通所介護」(デイサービス)というサービスが有ります。

 

サービスを利用する要支援者が、入浴や食事と言った日常生活における介護を受けたり、簡単な機能訓練を受けたりする事が出来るサービスで、デイサービスセンター等に通って受け取れるサービスになります。

 

次に「通所リハビリテーション」(デイケア)というサービスところが、サービスを利用する要支援者が介護老人保健施設、病院、病院などに通い、医師の指示を通して心身の機能の維持と回復を図りながら、日常生活を自力でできるように自力を促せる為に必要なリハビリを介護予防を目的として行います。

 

介護予防サービスは要介護者にならない様にする為の介護予防、今の状態を維持もしくは回復させる為のリハビリを目的として行われているサービスになります。

 

ある一定の場所に通って立ち向かうサービスとなっていますので、要支援者と認定された方はぜひ利用して見ると良いと思いますよ。

 

 

短期入所系サービスに対する種類

短期入所系サービス(ショートステイ)どの様なサービスが介護予防サービスの中に有ります。

 

具体的にどの様なサービスなのでしょうか。

 

こんな介護予防サービスは介護保険制度が提供しているサービスになります。

 

これは私が介護掛け金を納付している、この介護保険制度を財源の一部として運営している制度になるのです。

 

先ずは「短期入所生活介護」というサービスだが、要支援者の場合長期入所茅出来ないという状況に有ります。

 

要支援者はなんらかの事情で入所しなければならないら利用する物で、特別養護老人ホーム、介護老人福祉施設に短期間だけに入所を通じて、日常生活における食事、入浴、排泄の世話や機能訓練という事をて頂けるサービスになります。

 

次に「短期入所療養介護」というサービスところが、短期間だけ介護老人保険施設や介護療養型病棟等に入所して、医師の指示を通して介護や機能訓練という様な必要と思われる医療を受ける事が出来るサービスとなります。

 

介護予防サービスは、生活を支援するという意識を所持して行動されているサービスだとおもいます。

 

心掛け1つで要介護者にならない様な予防も可能かと思いますので、こんな介護予防サービスを有効利用して、日常生活を負担なく暮らせる様にしていきたいものです。

 

そういったサービスは介護保険に加入し、介護掛け金を納付しているのですから当然の権利です。

 

利用する条件が揃っているのであれば、ぜひ利用してご自身の生活に役立てる様にください。

 

 

居住系サービスに対する種類

居住系サービスというサービスが介護予防サービスには有ります。

 

どの様な内容のサービスが有るのでしょうか。

 

ほんのり挙げてみたいと思います。

 

この居住系サービスは介護保険制度によって提供されているサービスになるのですが、介護保険制度自体は40歳以上になると加入が義務付けられ介護掛け金を払う様になります。

 

その介護掛け金は介護保険制度の財源の一部になっているのです。

 

種類としては「特定施設入居者生活介護」というサービスになるのですが、このサービスは有料老人ホーム(特定施設)も介護保険の指定を受けた所に入居している要支援者が、介護サービスとして日常生活上の介護、機能訓練の介護、療養上の介護を貰えるサービスになります。

 

またここで行われているサービスには内部提供型と言って施設側が提供しているサービス、外部サービス利用型と言って入居している施設と契約している外部事業者が提供しているサービスと種類が分かれています。

 

このサービスを利用する為には先程挙げた有料老人ホームが有りますが、それ以外では養護老人ホームあるいは高齢者専用賃貸住宅等で利用する事が出来るそうです。

 

介護をする側の心構えとしては、介護者の主体的に介護が出来るようにしていくと、生活範囲を広げて授ける事が出来ますので有難いみたいです。

 

生活範囲が広くなりコミュニケーションも増えてくると日常生活への意欲が高まってきますので良い結果を考え出す事に繋がるでしょう。

関連ページ

介護保険について
介護予防サービスの種類、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
世界の介護保険はどうなのでしょうか
介護予防サービスの種類、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
民間の介護保険について
介護予防サービスの種類、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険の給付について
介護予防サービスの種類、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
地域密着型サービスについて
介護予防サービスの種類、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
要介護認定を受ける際のコツ
介護予防サービスの種類、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険サービスを受ける為の認定
介護予防サービスの種類、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。