介護保険サービスを受ける為の認定

介護保険サービスを受ける為の認定

第1・2号被保険者が支払っている介護掛け金と税金によって運営されている介護保険制度。

 

今必要としていなくても40歳以上になると介護掛け金は支払わなくてはいけません。

 

そういう介護保険制度の介護保険サービスを受ける為には、要介護認定を受ける必要が見て取れると言います。

 

要介護認定と言うのは介護を必要としている人がどれだけのレベルで介護が必要なのか探り当てる為に行われ、その結果を通して貰える介護サービスがなると言います。

 

先ずは申請書類をお住まいの市区町村もしくは居宅介護支援事業者の窓口へ提出します。

 

そうすると介護支援専門員または市区町村の職員が聞き取り調査をしに訪問調査にきます。

 

その結果にあたってコンピューターが一次判定をします。

 

その後訪問調査で行った特記事項、主治医の意見書と突き合わせて介護認定審査会という二次判定が行われここでどの位のレベルなのか要介護度が決定する事となります。

 

その後申請の日から大体30日以内位に要介護度が如何程有ったか本人に通知罹る事となります。

 

そうしたら様介護度に合わせて介護支援専門員がケア種類という介護サービス計画を作成して出向く事になります。

 

そこで在宅サービスや施設を選ぶ様にしていきます。

 

これが大体の介護保険サービスを受けるまでの次第という事になりますので、先ずは申請をする事から始めてみましょう。

 

分からなければ役所に電話を通じて聞いてみると丁寧に教えてくれると思いますよ。

 

 

介護保険制度を利用していきましょう

介護サービスは介護保険制度が導入なる前は、各市区町村で行政が要介護者を判断して病院への入所を行ったり、在宅介護サービスが貰える様に手続きをするという「措置制度」を通してきました。

 

この措置制度は要介護者が自分で受けたい介護サービスを選ぶという事が出来なかったそうです。

 

また要介護者の判断をしてもらう際に所得調査をめぐっていたそうで、それに対する抵抗感もあったそうです。

 

つまり「介護サービスを受けさせてあげている」という様なお恵み感がある様な感じだったそうです。

 

現在導入されている介護保険制度では介護掛け金を40歳以上で支払わなければならないという義務になりました。

 

この介護掛け金と税金で介護保険制度は動いています。

 

そうして介護サービスを受ける場合、要介護者のレベルに沿って自分で受ける介護サービスを選ぶ事が出来るので計画自体を自分で立てられるという事になります。

 

そう言う事から、介護保険制度と言うのは要介護者は誰に気兼ねする軽々主体的立場で介護サービスを受ける事が出来るという事になるのです。

 

またそれと合わせて自分から申請を出して介護サービスを受ける事、介護サービスを提供している事業者と契約を結ぶという事になります。

 

この様に介護保険制度を賢く利用して行くという事は、自分で受けるという意思をサービス利用者や家族が主体的に所持して出向く事が本当に大切になるのです。

 

自分でこなせるそれが魅力ですね。

 

 

どうやって介護保険料を支払っていくのでしょうか

それほど何か加入書が送られては来ません。

 

ではどうして介護掛け金を支払っていけばいいのでしょうか。

 

それは介護掛け金を払う人の年齢や働き方によって変わると言います。

 

【サラリーマン・公務員】
通称正社員のサラリーマンの場合ところが、第2号被保険者(40~64歳)の方は給料から直接介護掛け金が支払われていますので、ほとんど意識する事は有りません。

 

社会掛け金と同じで事業主が介護掛け金の半分を負担する形になります。

 

【自営業者】
社会保険に加入していない自営業者で第2号被保険者(40~64歳)の方は、国民健康保険料に上乗せされて請求がきて一括で払う様な形になっています。

 

この時全額ではなくて半分は国が負担してくれているそうです。

 

【専業主婦】
第2号被保険者(40~64歳)の方で旦那がサラリーマンや公務員等の社会保険に加入しているサラリーマンで旦那の扶養に入っている場合、本人が介護掛け金を払う必要は有りません。

 

旦那が国民健康保険加入の自営業者で扶養に入っている場合は国民健康保険料に上乗せされて請求がきますのでなので介護掛け金を払う形になります。

 

【第1号被保険者】
第1号被保険者(65歳以上かつ年金受給者)の場合で、年金を月額15,000円以上受給している場合、年金から天引きされますのでその分年金受給額が鎮まる事になります。

 

また月額15,000円以下の受給額の場合は、所属している市町村が直接徴収するという事ですから、そこで払う形になります。

 

また65歳以上の方は扶養に入っていたとしても介護掛け金は支払わなければならないのです。

 

 

介護保険制度の保険料はどんな人が支払うのか

介護掛け金は誰が支払っていると思いますか?介護保険制度を維持して行く為にはお金が一向に必要になります。

 

その財源はどうなっているのかと言うと、半分は国・都道府県・市町村のそれぞれが負担して公費という税金で補われています。

 

そうして残る半分は皆さんが支払っている介護掛け金なのです。

 

介護保険制度と言うのは法律で決められている制度になります。

 

必要で本当に大切な国全体の仕組みになりますので、介護保険への加入は絶対という事になります。

 

ですから「私は介護を必要としないから加入も介護掛け金の支払いもしたくない」という事は認められないのです。

 

しっかり40歳以上になったら介護保険への加入、介護掛け金の支払いをしなくてはならないのです。

 

こうした義務化によって介護保険制度は賄われているのです。

 

では専業主婦の方はどうでしょうか。

 

40歳~64歳の方で夫がサラリーマンで夫の扶養に入っている場合は本人名義で介護掛け金を払う必要は有りません。

 

しかし夫が自営業で夫の扶養に入っている場合は国民健康保険料に上乗せなる形で介護掛け金を支払って出向く事になります。

 

そうして65歳以上になると夫が如何なる職業を通じていても、扶養に入っていても関係無くなり、介護掛け金を払う事になります。

 

それでは日本に住んでいる外人はどうなるのでしょうかと言うと、外人登録を各市区町村で行っていて医療保険に加入しているのであれば、介護保険ももちろん加入しなくてはならず介護掛け金を支払わなければならないという事になります。

 

 

介護保険制度は何故導入される様になったのでしょうか

私達は介護掛け金を支払っていますが、なんでこんな介護保険制度が導入わたる様になったのでしょうか。

 

それは「家族だけでは介護するのに限界が有るから」というのが大きな理由だと言います。

 

この介護保険制度が施行わたる前の状態と言うのは介護は家庭で初めてする物という考えが根強く残っていたと言います。

 

ただしもう日本は世界一の長寿国と言われる様になり、高齢者社会になってきました。

 

それにより寝たきりや認知症等、介護を必要とするお年寄りが増加してきた事、介護自体が長期化する様になってきた事等を通して、介護の必要性や重要性等が大切となってきた事、家族だけでは対応しきれなくなってきた事が問題視される様になってきました。

 

また今では在宅で介護されている方の半分以上が60歳以上の高齢者だと言われています。

 

「老老介護」という言葉を聞いた事があるでしょうが、お年寄りがお年寄りを介護する様な状態になってきているのです。

 

そうして介護を本当はするういういしい世代の人は核家族化という事も有り、家族だけでは二度と何とも感じになってきました。

 

こういう状況を打破しようと、介護を社会全体で賄って行こうという介護保険制度が設けられたのです。

 

昔は介護保険サービスを受ける側は福祉と医療の制度の違いに阻まれて不便だったのですが、今は40歳以上の人が介護掛け金を払う様になり、福祉と医療の制度を一体化させて介護保険サービスを要介護者に提供して行こうという事になったのです。

関連ページ

介護保険について
介護保険サービスを受ける為の認定、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
世界の介護保険はどうなのでしょうか
介護保険サービスを受ける為の認定、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
民間の介護保険について
介護保険サービスを受ける為の認定、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険の給付について
介護保険サービスを受ける為の認定、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
地域密着型サービスについて
介護保険サービスを受ける為の認定、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
要介護認定を受ける際のコツ
介護保険サービスを受ける為の認定、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護予防サービスの種類
介護保険サービスを受ける為の認定、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。