携帯電話のブラックリストに載ることその1

携帯電話のブラックリストに載ることその1

みなさんもご存知のように、ブラックリストという情報は、金融関係の信用度があるか、ないかというプライバシーを元に作られています。

 

 

あちらこちらで借りたお金も、その人は総額で、どれくらい借金があるのか、そういう情報を、貸す側である金融機関が共有しているのです。

 

 

 

たとえば、車のローンを組みたてたい、住宅のローンを申請したいということもあるでしょう。

 

 

このような大きな買いものは現金それでは思い切り難しいですよね。

 

 

ですから、毎月払い積み重ねるローンを組んで貰う方がほとんどですよね。

 

 

ですが、このローンを組み上げたくても、申請してみると審査で落ちてローンが組めない、と言ったトラブルがあるのです。

 

 

クレジットカードを作ろうとする場合も、ローンを組む場合も、そうですが、ブラックリストに載っている人は審査を通過できないでしょう。

 

 

人生で大きな買いものと言われているマンションや、一軒屋、そうしたら、土地などの不動産は、とにかくローンを組む必要があるでしょう。

 

 

一括で総額を用意出来る人もまれです。

 

 

ですから、このような人生の大きな節目に、ローンが組めなかった、という心残りアクシデントは避けたいものですね。

 

 

 

過去に支払いを遅延したことがあった人、または、支払いが出来ずに自己破産した人など、金銭的にトラブルを起こした人がブラックリストに載っています。

 

 

金融業者側も、トラブルを起こしたことがある人に、お金を貸すことは、当たり前ですが、リスクが高いですよね。

 

 

 

 

携帯電話のブラックリストに載ることその2

リストに載っているような人に、お金を貸すと、ひょっとして返済してもらえないかもしれません。

 

 

金融業者も慈善事業ではないのですから、貸す以上は、ちゃんと返済してもらわないと会社もつぶれてしまいますよね。

 

 

貸す側にとってみれば、信用のない人には貸したくありませんよね。

 

 

ですから、審査でブラックリストを利用することは、無論といえば当然です。

 

 

 

さて、ブラックリストに載る要因は実にさまざまです。

 

 

ひときわ多いケースが、借金返済の遅延です。

 

 

ローンの返済、購入代金の支払いなど、何度も繰り返し遅延した場合が、一番多いのではないでしょうか。

 

 

また、最近は所持していない人の方が物珍しい、携帯電話。

 

 

みなさんも、一台や二台は所持していると思います。

 

 

子供から老人までみなさん、携帯電話を所持している時代です。

 

 

これが普及したことによって、携帯電話の使用料金の未払いが問題になっています。

 

 

この未払いが原因で、ブラックリストに載る人も年々、増えているのです。

 

 

 

たとえば、お金を所持していないわけではないのに、郵送で届いた請求書を見極めることを忘れてしまった人もいます。

 

 

また、口座引き落としとしている人は、口座にお金を入れておくことを、うっかり忘れてしまった人もいるでしょう。

 

 

支払うつもりでいたのに、コンビニに行くたびに、払い忘れていた人もいるでしょう。

 

 

また、払ったつもりで洗いざらい忘れていた、など、支払う気があるのに忘れているケースも多発しています。

 

 

当然、中には意図的に払わないという犯罪まがいのことを通している人もいるようですが。

 

 

 

 

携帯電話のブラックリストに載ることその3

携帯電話料金も、借金返済と同じで、支払いの遅延はブラックリストに載ります。

 

 

一度で載るわけではありませんが、何度か繰り返しているとそうなります。

 

 

また、最悪の場合は、契約を強制的に打ち切られるのです。

 

 

ある日、携帯電話が通話不能になるということです。

 

 

 

それは支払う意思があるか、ないか、それは関係ありません。

 

 

そこにある事実は、料金未払い、料金支払いの遅延、というものだけです。

 

 

その人が「うっかり忘れた」とか、「たまたま忘れた」とか、こうしたケアレスミスの言い訳は通用しません。

 

 

お金があったとしても払っていないのなら、悪質な利用者とみなされ、強制的に解除されてしまいます。

 

 

極論、大金保ちでもセレブも、うっかり携帯電話の料金を支払い忘れたら、ブラックリストに載ります。

 

 

そうは言っても、携帯電話の利用料金支払いの遅延は、そのブラックリストに理由も記載されていると言います。

 

 

次に新しく契約をする際、どこまでその理由を汲んでできるか、徹頭徹尾考えてもらえないのかは不明ですが。

 

 

ですから、あなたが初々しい携帯電話を契約する際、問題があった場合は、過去に料金のことでトラブルにならなかったか考えてみると良いです。

 

 

 

一度、リスト入りになってしまった場合、一定期間を過ぎないと、他の携帯会社も契約できません。

 

 

支払いを忘れていて、まとめて全額払っても、許していただけるわけではありません。

 

 

ドコモとかauとかソフトバンクとか、それぞれの携帯電話会社がブラックリストのデータを共有して利用しているのです。

 

 

 

 

携帯電話のブラックリストに載ることその4

まず、載ってしまったら、ほとぼりが冷めるまで契約できなくなってしまいますから、料金の払い忘れには度々注意したいものです。

 

 

そうしたら、思いがけず携帯料金が高くなってしまった場合も、払えないという状態が起きます。

 

 

携帯電話のサービスを見直したり、いくら使っても定額になるサービスを申し込んだり、携帯電話の料金が払えないほど厳しくならないように注意したいですね。

 

 

 

料金未払いでブラックリストに載ることがありますが、犯罪がらみも載ります。

 

 

たとえば、払込み詐欺で使用された携帯電話がそうです。

 

 

 

ここ数年で、少し増加している振り込め詐欺ですが、携帯電話を使っている犯人が多いです。

 

 

ですから、NTTドコモ、KDDI、また、ソフトバンクモバイルをはじめ、携帯電話事業者各社は、詐欺に使用された携帯電話の名義人を、ブラックリストに記載して、各社で共有しています。

 

 

振り込め詐欺など、電話による犯罪に使用された疑いがあると、その携帯電話は、利用停止になります。

 

 

この理由で利用停止になった名義人リストを、ブラックリストとして、分配することで防犯に一役買っているのです。

 

 

やはり、名義人が法律を犯すことは薄く、たいだいは転売された携帯電話を使って、詐欺などをはたらくのです。

 

 

ですから、携帯電話の転売はお金になるからと言って、権利を他人に転売するのは、大いに危険ですし、もっともう携帯電話を契約できない状態になって仕舞うこともあります。

関連ページ

インターネットのブラックリスト
金融会社のブラックリストとは、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
家賃保証会社のブラックリスト
様々なブラックリスト続き、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
ホテルのブラックリスト
ホテルのブラックリスト続き、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
債務とブラックリストその1
債務とブラックリストその4、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
ブラックリストと信用情報機関その1
ブラックリストと信用情報機関その3、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
過払い金とブラックリスト
過払い金とブラックリスト続き、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
ヤフーオークションのブラックリストその1
ヤフーオークションとブラックリストその4、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
企業や個人のブラックリストその1
ヤフーオークションのブラックリストその5、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。