介護サービス【訪問介護】

介護サービス【訪問介護】

介護保険制度から提供されているサービスの1つに訪問介護サービスが有ります。

 

これは日常生活を自力でするのに支障がある介護利用者に対して、ホームヘルパーが自宅へ赴き、介護や世話を通して得るサービスとなっています。

 

訪問介護では生活介護と身体介護というサービスを主に提供しています。

 

【身体介護】
身体に関する介護の事を指しています。

 

主に食事や排せつの世話、入浴の介助、寝たきりの人の場合は体位を変えてあげたり、移動させてあげたりする事も有ります。

 

また洋服の着脱のお手伝い、起床や終身に関する介助や、外出のお手伝い等も行っています。

 

この他にも身体的に必要だと感じる介護が行われています。

 

【生活介護】
生活に関する介護(介助)を主に行っています。

 

これは要介護者が自分で出来ない生活面、掃除、洗濯、炊事、買いもの、薬の授受等が行われています。

 

これは要介護者が1人暮らしだったり、家族が家事を出来なかったりするたまに利用されるサービスになっています。

 

勘違いされやすいのですが、年に一斉の大掃除や、ワックスがけ、本人以外の部屋の掃除や本人以外の食事の支度、草むしり等はこの中においていませんので、利用者側も注意する様にください。

 

また、介護保険制度が改正されてからは要支援と認定されて人は介護予防サービスと呼ばれるサービスを受ける事に変更されています。

 

このサービスそれでは本人が出来るものは本人に出来る限り行って貰うという事に重きをおいたサービスを展開しています。

 

これにより多少のリハビリにはなるのではないかと予想されます。

 

 

介護サービス【訪問看護】

要介護者と介護保険制度で認定された方がもらえるサービスの1つに訪問看護が有ります。

 

このサービスまずは訪問看護を主としている施設等ならナースを介護が必要な方の自宅へ派遣して、自宅療養に関するチェックや健康チェックを行うサービスとなっています。

 

訪問看護をもらえる方は、病状が安定している方、かつ医師が訪問看護が必要と判断された方に限って利用する事が出来る様になっています。

 

病院に定期的に通院出来ない方それでも、ナースが症状をチェックして担当医師に伝えているので、在宅を通していながらも絶えず病状がチェック出来ると利用者には便利なサービスとなっています。

 

では、訪問看護で浴びる内容とはどういうものが有るのでしょうか。

 

訪問ときの病状をチェックして、担当医師に報告を通して必要であれば医師が訪問したり、病院に行ったりという判断をしてもらう事が出来ます。

 

また入浴出来ない方は蒸しタオル等で体を洗ったり、髪を洗ったりしてもらう事が出来ます。

 

もう一度寝たきりの方は床擦れが起きない様に体の向きを変えてあげたり、床擦れが出来ている人にはその処置を行ったりする事もしています。

 

また、ご家族への介護指導も行っています。

 

この訪問介護、本来は介護保険制度が取り入れられた介護保険で浴びる様になっていますが、医療保険も利用出来る場合も有ります。

 

末期ガンの方、難病患者の方、主治医が必要と判断した方等になっています。

 

介護保険と医療保険のとも利用出来る方は、主治医やケアマネージャー等に相談して下さい。

 

 

介護サービス【訪問看護2】

訪問看護ステーションや病院や病院等で訪問看護サービスは行われています。

 

どこの施設から訪問看護を受けるかは主治医と相談して定める事が重要になると思います。

 

では何をポイントに選んだらいいのか、訪問看護と組み合わせてもいい介護サービスは何が有るのかちょこっと挙げてみましょう。

 

病状によると思いますが、訪問看護も24時間対応の所を選ぶ事をポイントと挙げている場合が有ります。

 

この場合は利用料金が少し増す場合が多いですので注意しましょう。

 

また介護保険制度を通じている場合は訪問介護と訪問看護が連携されている事業者を選ぶと介護サービスに対して多々安心して利用出来ると思います。

 

また両方のサービスを提供している事業者も有りますので、調べてみると良いでしょう。

 

たとえば訪問で入浴介護サービスを通じている場合が有りますが、訪問入浴介護をするには原則的にナースが付き添っていなければなりません。

 

ですから、訪問介護と訪問看護を上手に使い分ける様にケアマネージャーの方にコースを作成して買う様にすると上手に両方が利用できる様になります。

 

グングン、訪問看護との組み合わせで嬉しい介護サービスとなるとデイケアもお勧めです。

 

デイケアで病舎に置いてリハビリテーションを利用する場合はその場所に医師やナースを配置しなければなりませんので、何か有ったまま便利です。

 

こう言った事も訪問看護と共に使い分ける様にすると、介護保険制度が上手に使えるようになると思います。

 

 

介護サービス【訪問リハビリテーション】

訪問リハビリテーションという介護サービスが有ります。

 

利用者の家庭を理学療法士や作業療法士の方が訪問して、日常生活の自立を目指すため、心身の機能をにぶり打ち切る様にする為の維持、回復を目指して行なうサービスとなります。

 

介護保険制度では一般的なサービスとなっています。

 

介護保険制度として使われているケースも多いです。

 

リハビリテーションではどういう事が得るのかと言うと、日常生活で必要とされている歩行訓練、入浴や食事や排泄といった行動訓練等、また寝たきりにならない様にこわばり易い関節の稼動域を広げるリハビリ等が主に行われている内容になります。

 

一層、ご自分達も毎日リハビリがやれる様に、利用者やご家族に対しての指導も行っています。

 

最近の入院事情を見てみると、長期入院を打ち切るで短期で退院できる傾向が有ります。

 

従ってリハビリを通している方が途中で退院となる事も珍しくないのです。

 

ただし、リハビリが終了していないのに退院しても続けなくては意味がなくなってしまいますよね。

 

そこで通院が困難な人の為に利用されているのが訪問リハビリテーションになります。

 

入院していた病院に訪問リハビリテーションのサービスが有るか、または介護保険制度としているだとすれば、ケアコースの中に組み込んでもらう様にしてもらうか確認しておきましょう。

 

但し、要介護支援と認定された方は新たに制定された介護予防サービスとしての介護予防訪問リハビリテーションを利用する様にください。

関連ページ

介護保険制度について
介護サービス【訪問介護】、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険料の内容
介護サービス【訪問介護】、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
要介護認定の申請はどこにすればいいのでしょうか
介護サービス【訪問介護】、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
ケアマネージャーについて
介護サービス【訪問介護】、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険制度を上手く使おう
介護サービス【訪問介護】、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護サービス【有料老人ホーム】
介護サービス【訪問介護】、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護従事者の問題点
介護サービス【訪問介護】、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険制度の被保険者資格について
介護サービス【訪問介護】、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険制度が創設された狙い
介護サービス【訪問介護】、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。