住宅ローン減税について

住宅ローン減税について

みなさんは、持ち家にお住まいでしょうか?
住宅を新規に買おうとするとその費用はかなり高いですよね。

 

 

おうちを貰うという人は、人生において、一番大きな買いものと言えるかもしれません。

 

 

いかに少ないもの件も何百万はするでしょうし、普通で何千万、良いものになると億単位のもの件もありますよね。

 

 

 

良い買いものを通してローンを組んだ場合、住宅ローンにおいて、その費用負担を多少なりとも何気なくするため、納税者としての税負担が軽減されています。

 

 

みなさんも、住宅などを取得する際は、ローンなどでお金を借りると思います。

 

 

この場合、借入金の一定割合を、所得税から控除されます。

 

 

当然、それにはいくつかの要件があり、該当者のみとなります。

 

 

この減税を住宅ローン減税と呼びます。

 

 

 

住宅ローン減税は続いてきましたが2008年12月31日で一度、終了しました。

 

 

ですが、その後、国土交通省は、住宅ローン控除として5年間、再び延長されるようになりました。

 

 

また、控除率も引き揚げ、そして、控除対象に住民税も新たに与え、2009年度からの税制改正案を成立させています。

 

 

そうして、2009年4月から施行された減税制度、これは最大で600万円の控除を受けられるケースもあるのです。

 

 

何度もいうようですが、本当に住宅は良い買いものです。

 

 

ローンを組んだら家計も大変になります。

 

 

ですから、他の面で多少なりともお金が戻ってきたり免除されていたりすることは、ありたがいことですし、助かりますよね

 

 

住宅ローン減税と所得その1

住宅ローン減税は、今、住宅ローンを支払っている人を対象に、税金を減らしてもらえるという、嬉しい制度ですよね。

 

 

住宅ローンを組んだ人で、ある一定の条件を満たしている人が対称です。

 

 

その人が、確申をすると、とうに払ってある所得税から、一定の割合で返金されます。

 

 

簡単に言えば、家やマンションを買って、住宅ローンの支払いが一大人、また、残高が沢山残っている人は、税金を安くしてあげようというシステムです。

 

 

 

自分、消費者にとって好ましいこの制度は、引き続き貫くものではありません。

 

 

最近では、2009年以降、住宅ローン減税制度は取りやめる予定でした。

 

 

それが、ともかく、現在は2013年まで貫くことになったようですが、永久に貫く制度ではないので、不安に思う人も多いのではないでしょうか。

 

 

他にも12月31日に購入した家に住み始めた人、また、次の日の1月1日に住み始めた人で、税金の戻りが違ってくる、なんて心配もありました。

 

 

麻生内閣の時に、景気対策の、追加経済対策の柱として、住宅ローン減税が期間延期となりました。

 

 

共に金額の拡大も決定したのです。

 

 

控除額も、当初、300万と言われていたことより、600万と大幅にアップしています。

 

 

 

ですが、600万の控除額って、みなさんはどうして思いますか?
自分一般人にとって、この数字はどうなのでしょうか?
所得税からの減税が今まで行われていましたが、一般家庭ですと、所得税額が控除額より乏しいおうちも多いでしょう。

 

 

 

 

住宅ローン減税と所得その3

住宅ローン減税と世帯所得についてお話してきましたが、住民税の減税について、総務省は住民税の減税に反発しているようです。

 

 

ひとつの案として、所得税額が控除額を下回ったケースにおいて、1年の税額が60万円を下回った場合だけ、差額を住民税から差し引くことを提案していました。

 

 

住宅ローン減税で、誰が得をすると言えば、いよいよ家を購入する消費者ですよね。

 

 

住宅ローン減税が拡大されれば、わたるほど、不動産が売り払えるようになります。

 

 

不景気で大きな買いものが出来なくなっている私達も、住宅ローン減税があるのなら、買って見るか、という気持ちになります。

 

 

 

簡単に言ってみると、住宅を貰う人を応援しますという政府の政策ですね。

 

 

他にも、リフォーム減税、または不動産取得税が軽減されることもありますし、これらはちょい議論の余地があるようです。

 

 

10年で600万と聞けば、住宅を貰うなら今だという人も多いでしょうし、不動産屋さん住宅ローン減税をアピールして購入を薦めるでしょうね。

 

 

マイホームを購入したいと、もっと思っていた人は、このような住宅ローン減税は、背中を押される感じですよね。

 

 

 

さて、一般住宅においては、最大で500万円の控除を受けられます。

 

 

また、耐震性に優れた「長期優良住宅」といわれる家、200年住宅とも言われていますが、この場合は最大で600万円の控除が10年間、受けられます。

 

 

現行の住宅ローン減税ですと、10年間で最大、160万の控除でしたから、その金額はかなりアップしたと言えますね。

 

 

そうして、上限は住宅ローンの残高が、5000万円となります。

関連ページ

住宅ローン減税と住宅の種類その1
住宅ローン減税と住宅の種類その4、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
住宅ローン減税の申請
住宅ローン減税の申請続き、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
住宅ローン減税と入居日その1
住宅ローン減税と入居日その3、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
住宅ローン減税と名義
住宅ローン減税の還付、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
リフォームでも住宅ローン減税が使えるその1
リフォームで住宅ローン減税申請をする、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
住宅ローン減税の再適用その1
住宅ローン減税の再適用その4、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
住宅ローン減税シミュレーションその1
住宅ローン減税シミュレーションその3、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
住宅ローン減税の手間
住宅ローン減税の手間続き、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。