住宅ローン減税の申請

住宅ローン減税の申請

住宅ローン減税を受けたい方は、どのように申告をすれば良いのでしょうか?
これは、入居の翌年に申告をしなければなりません。

 

 

住宅ローンを組、家などを買うと10年から15年間、ローン残高のうち一定の割合だけですが、所得税から還付されます。

 

 

これが住宅ローン減税です。

 

 

住宅関連の減税制度は何かとありますが、この制度はお得ですから、みなさんも対象者であれば、ちゃんと申告したほうが良いです。

 

 

 

入居した翌年に、確申をする必要ありますが、給与所得者の場合、2年目以降については、年末調整での手続きで大丈夫です。

 

 

これは簡単で助かりますよね。

 

 

また、住宅ローン減税は、その制度の中身が変わることが多いので、先ず申告しただけで安心していてはいけません。

 

 

途中で、一層手続きが必要になることもあります。

 

 

この手続きが間違っていたり、手続き自体を行わなかったりすると、帰るはずの所得税還付が全部受け取れない場合もあるのです。

 

 

住宅ローン減税を受けられるのに、間違いなどで、損をしないようにしたいものですね。

 

 

 

ここで、注意して下さいことは、すでに住宅ローン減税を申告した方は、住民税控除の申告が必要な場合があるということです。

 

 

平成19年、国から地方へ税源移譲が始まりました。

 

 

ですから、それ以前と比べると、所得税が減っていて、その分、住民税が増えている人が多いと言えるでしょう。

 

 

平成11年から18年、この期間に入居し、もっと住宅ローン減税にあたっている人においては、一段と住民税から控除を受けられる場合もあります。

 

 

 

 

住宅ローン減税の申請続き

本来でしたら、住宅ローン減税は、初年度に申請した後は、毎年の年末調整だけで大丈夫かが、平成20年の申告から住民税において申告する必要があるということです。

 

 

税源移譲により、根っから、所得税から受けられる予定だった住宅ローンの減税額が少なくなってしまった人がいた場合、その方は住民税の申告をすることで減った控除の分を住民税から控除浴びるというシステムです。

 

 

 

では、その住民税控除の申告、または、申請手続きはどのようにするのでしょうか?
住民税の控除を受けられるか、受けられないか、これは、源泉徴収票を見てください。

 

 

申告が必要か、不要か、わかります。

 

 

 

あなたの前年分の源泉徴収票を見てみましょう。

 

 

摘要欄に、住宅借入金等特別控除可能額が記載されています。

 

 

この金額が源泉徴収票に記載されている、住宅借入金等特別控除の金額より大きい場合、住民税の控除申請が必要なのです。

 

 

 

仮に、あなたが該当したならば、市区町村に届け出をください。

 

 

毎年、住宅借入金等特別税額控除申告書に、源泉徴収票を添えて毎年、3月17日までに取り出しなければなりません。

 

 

その申告書ですが、市区町村の窓口に置いてあります。

 

 

また、ホームページでも入手出来ます。

 

 

住民税分の申告においては、その後、毎年、しなければなりませんので忘れないようにしたいものですね。

 

 

住宅ローン減税とは違って、控除申請を毎年しなければならないことは面倒だと想う人も多いでしょうが、申請しなければ返還されません。

関連ページ

住宅ローン減税について
住宅ローン減税と所得その3、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
住宅ローン減税と住宅の種類その1
住宅ローン減税と住宅の種類その4、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
住宅ローン減税と入居日その1
住宅ローン減税と入居日その3、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
住宅ローン減税と名義
住宅ローン減税の還付、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
リフォームでも住宅ローン減税が使えるその1
リフォームで住宅ローン減税申請をする、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
住宅ローン減税の再適用その1
住宅ローン減税の再適用その4、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
住宅ローン減税シミュレーションその1
住宅ローン減税シミュレーションその3、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
住宅ローン減税の手間
住宅ローン減税の手間続き、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。