リフォームでも住宅ローン減税が使えるその1

リフォームでも住宅ローン減税が使えるその1

住宅ローン減税は、住宅を購入した人で、ローンを組んでいる人がある条件のもと、適用することが出来る減税制度です。

 

 

ですが、本当はリフォームすることそれでもそれが使えるのです。

 

 

ある条件に該当すれば、リフォームした場合それでも、本当は住宅ローン減税が適用されることをご存知でしたか?

 

歴史的な出来事でした、民主党への政権交代。

 

 

民主党がマニフェストとしてあげている項目の中で、住宅政策に関することもありましたよね。

 

 

具体的に言うと、リフォームというものを最重点に位置付ける、ということらしいです。

 

 

また、バリアフリー改修、そしたら、耐震補強改修、他にも、太陽光パネルや断熱材設置など、省エネとなる改修工事を支援するということです。

 

 

 

古臭いものを壊す、そして、また新しいものを作りあげる、そして、また壊して定めるといったことが続いてきたのが、この現代社会だと思います。

 

 

そこで、地球のためにもなり、環境にもやさしく、省エネで、二度と長持ちする家を取ることを支援しようという政策は素晴らしいものだと思います。

 

 

平均寿命が30年と言われている日本の住宅を、これから、寿命200年に伸ばして行きましょう、という試みです。

 

 

そのため、200年住宅と呼ばれている、長期優良住宅を普及促進するため、住宅ローン減税においては、一般住宅よりも長期優良型のほうが優遇されているのです。

 

 

そうして、一定要件に該当すれば、自宅のリフォームにも住宅ローン減税が適用されるようになったのです。

 

 

 

 

リフォームでも住宅ローン減税が使えるその2

これは、2001年度の税制改正後、続いている租税特別措置のひとつです。

 

 

適用条件をすべてクリアすることで、リフォームした場合それでも減税制度が受けられます。

 

 

では、リフォームにおいて、住宅ローン減税が使えるケースとは、どんな条件になっているのでしょうか?
仮に、自分がリフォームを考えているとか、該当しみたいという方は、確認しておくと良いでしょう。

 

 

因みに、当該手引きは、リフォームした後、2009年中にそこへ入居した方を対象としています。

 

 

 

では、ここで、住宅ローン減税を払えるか、どうにか、リフォームときの適用条件をご紹介ください。

 

 

一旦、リフォームする前から自分の名義であり、所有している住宅であることです。

 

 

マンションで言うと、共有部分ではなく、専有部分になります。

 

 

このリフォームであることが条件です。

 

 

「所有していること」だけが要点であり、居住している必要はありません。

 

 

 

また、リフォーム工事が終了してから半年以内に入居して、その年の12月31日まで、住み続けていることがあげられます。

 

 

そうして、工事費用が100万円をオーバーしていること、名義共有住宅のケースは、自分の持分以外の工事にかかった費用を隔てる必要はありません。

 

 

ですから、妻と夫の共有名義になっている住宅の場合、それぞれの工事費を分けて位置付ける必要はないということですね。

 

 

工事にかかった費用一式の全てが、100万円を超えていたらオッケーであり、住宅ローン減税の対象になります。

 

 

 

 

リフォームでも住宅ローン減税が使えるその3

そしたら、工事にかかる部分のうち、自己の居住用(自分が実に住んでいるところ)以外で、工事する部分がある場合、自己の居住用に供する部分にかかった工事費用が、リフォーム費用全額の半分以上であることがあげられます。

 

 

簡単に言えば、工事した部分を全体だとしますと、その半分以上が、自分で居住する部分なら、減税対象に混ざるということですね。

 

 

 

また、リフォーム後の床面積もポイントになってきます。

 

 

これは登記簿に記載する面積のことだが、50平方メートル以上あることも、減税が適用になる条件のひとつです。

 

 

そうしたら、リフォーム後の床面積の半分以上が、居住用となることもあげられます。

 

 

他にも、償還期間が10年以上であること、通称、リフォームローンとしていることが、住宅ローン減税の適用対象となります。

 

 

この際、住居を購入するときのマイホームローンがあっても、これはまったく関係ありません。

 

 

 

では、マンションの場合、住宅ローン減税が適用になる該当項目には、如何なるものがあるでしょうか?
マンションそれでは、専有している部分内の床、壁の過半についてのリフォームであることが条件です。

 

 

これは、一定の修繕、模様替えの工事となります。

 

 

 

修繕工事も模様替えも、ただ、壁紙に飽きたから模様替えをしたいとか、古くなった部分を目新しいものにリフォームした、っていうことまずは、住宅ローン減税は使えません。

 

 

そのリフォームは、一体何のためにするのか、リフォームの目的が重要なのです。

 

 

そうでないと、税金を控除はしてくれませんからね。

 

 

 

 

リフォームでも住宅ローン減税が使えるその4

たとえば、バリアフリー住宅にするためのリフォームもそうですが、これは減税対象になります。

 

 

また、暖かさが逃げないように断熱効果をアップさせるようなリフォームを行うこと、省エネに関して貢献するようなリフォームをしなければ、政府もバックアップしてくれません。

 

 

控除の対象となるわけですから、たとえば、二酸化炭素排出量を燃やすなど、それなりに社会貢献していなければならないのでしょう。

 

 

 

さて、一定の修繕、模様替えには住宅ローン減税が適用になる、という記述ですが、下記のように定められていますのでご紹介しておきましょう。

 

 

意外と、区分して所有している部分の、床の過半、屋外階段を除いた階段の過半で得る修繕、または模様替えのことです。

 

 

たとえば、畳からフローリングにリフォームしたり、フローリングの張替えをしたりして、床の面積半分以上がリフォームなるということです。

 

 

 

そしたら、所有する部分の、間仕切り壁ですが、室内に面している部分の過半で執り行う修繕、または模様替えです。

 

 

また、建築ものの構造上、重要でない間仕切壁を除いた、室内の壁、これに面する部分の過半でする修繕、模様替えです。

 

 

そうして、修繕若しくは模様替えは、遮音の目的、熱の損失の防止目的など、性能を向上させるリフォームに限っています。

 

 

遮音性能のある石畳ボードを取り入れたリフォームだったり、また、グラスウール、遮音シートなど、ある特定の材料を使用していたり、リフォーム工事であることが、住宅ローン減税の条件です。

 

 

 

 

リフォームでも住宅ローン減税が使えるその5

やはり、これらのリフォームは、その材料が使われていることだけでオッケーということではありません。

 

 

その材料の力が生かされるための施工が、きちんとされていることも条件としてあげられます。

 

 

ここまでしないと住宅ローン減税は使えません。

 

 

 

さて、他にもマンションのリフォームで、住宅ローン減税を使うための条件があります。

 

 

専有部分内における各居室、お風呂、キッチン、トイレ、または、トイレ、玄関、納戸、廊下など、床或いは壁の全部をリフォームすることです。

 

 

また、耐震工事であったり、バリアフリーのための工事であったり、省エネのための工事であることも、住宅ローン減税の対象になります。

 

 

 

中古マンションを購入した場合、それと一気にリフォームも行った場合、これはどうなるのでしょうか?
2008年ますます前は、住宅ローン減税の適用条件が、所有、居住、ということでした。

 

 

ですから、購入後に入居するような、中古マンションのリフォームは、以前は住宅ローン減税の対象になっていません。

 

 

住んでいなければ適用になりませんから、リフォームした後、住むのでは適用外だったのですね。

 

 

ですが、リフォーム工事前から住み続けているという条件が撤廃され、中古マンションけれども購入して専有部分のリフォームをした場合も、住宅ローン減税が使えるようになりました。

 

 

リフォームローンを形作り、かつ、住宅ローンを組んだ方は、この両方で住宅ローン減税を利用できるというわけです。

 

 

 

 

リフォームで住宅ローン減税申請をする

持ち家、またはマンションに対して行ったリフォーム工事が、住宅ローン減税に適用する場合、その申請には必要な書類があります。

 

 

必要書類はどういうものか、ここでご紹介しておきましょう。

 

 

 

特に、リフォーム工事の代金支払いをローンで支払うことが、住宅ローン減税の適用になる条件ですから、そのローンの残高資格が必要です
そしたら、住宅ローン減税を受ける人、だいたいは男子だと思いますが、共同名義のところもあるでしょう。

 

 

その方の、住民票が必要になります。

 

 

そしたら、給与をもらっているサラリーマンなどの場合、源泉徴収票が必要です。

 

 

 

そうしたら、工事に尽書類も必要になってきます。

 

 

とりあえず、リフォーム工事に関係している、建築確認済証の写しが必要です。

 

 

また、同じく、リフォームした家の検査済証の写し、そしたら、それが減税対象になるかどうか増改築等工事資格などが申請に必要です。

 

 

そしたら、登記簿謄本や請負契約書の写しも必要です。

 

 

そうして、住宅借入金等特別控除額においての計算明細書となる、確申書も必要です。

 

 

 

さて、リフォームの場合、どこからどこまでが、減税対象になる工事で、どこからどこまでが対象外かは、素人では判断出来ません。

 

 

そのリフォームが意外と減税対象となるか、どうかを判断する人がいるのです。

 

 

たとえば、建築士だったり、指定確認検査機関だったり、住宅性能評価機関だったり、これらの判定によって決定します。

 

 

ですから、増改築等工事資格とは、住宅ローン減税の対象になる工事であることを証明する書類です。

関連ページ

住宅ローン減税について
住宅ローン減税と所得その3、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
住宅ローン減税と住宅の種類その1
住宅ローン減税と住宅の種類その4、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
住宅ローン減税の申請
住宅ローン減税の申請続き、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
住宅ローン減税と入居日その1
住宅ローン減税と入居日その3、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
住宅ローン減税と名義
住宅ローン減税の還付、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
住宅ローン減税の再適用その1
住宅ローン減税の再適用その4、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
住宅ローン減税シミュレーションその1
住宅ローン減税シミュレーションその3、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
住宅ローン減税の手間
住宅ローン減税の手間続き、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。