介護従事者の問題点

介護従事者の問題点

介護保険制度がスタートしてからある程度の年月が経ちました。

 

介護サービスを利用する人も増加してきましたし、サービスを提供する介護事業者も増えてきました。

 

利用する人、提供する人が増えてくるとあまりに財源が問題になるのではないかと思いますよね。

 

財源が無いとサービスの質が低下してきたり、不正業者が出てきたりする等、今までに無かった問題が勃発して生じる様になります。

 

介護保険制度の問題は今後増えてくると予想されますが、ここで挙げてみたいのは介護従事者達の質について挙げてみたいと思います。

 

介護をする人はそれなりの資格を持ち歩いている事が義務付けられています。

 

現在介護を通じている人が持ち歩いている資格は「介護福祉士」「介護職員基礎研修」「ホームヘルパー1、2級」の4つになっています。

 

但し今後の展望としてホームヘルパー1級は介護職員基礎研修への吸収と共に廃止浴びる見通しとなっており、今後介護従事者の体制が変わる事が予想されています。

 

また2009年の4月よりホームヘルパー3級の介護報酬自体も廃止となる事を受けて、この資格自体も無くなってしまいました。

 

もちろん至急という訳では有りませんでした。

 

2000年の介護保険制度のスタートから廃止までに9年という長い年月がかかっていますので、ゆるゆる検討されてきたという事が伺えます。

 

但しこの背景には介護業界の人手不足が挙げられているのです。

 

このホームヘルパー3級の廃止によって介護職員基礎研修という資格が新たに導入されたのです。

 

そうして、介護従事者の質を向上していこうと努力する一方で人材不足によるサービス提供不足が懸念されている様な問題が有ります。

 

 

介護保険制度の実状

介護保険制度が適用される被保険者数ところが、介護保険制度が始まった当初と比べてみても現在では第1被保険者と呼ばれる65歳以上の人の数は増えているのに対して、第2被保険者と呼ばれる40~64歳の人の数は減少傾向にあるそうです。

 

ますます被保険者の中けれども要支援の人も含めた要介護認定者数の人の数はかなり増えていて、被保険者が伸びている割合よりもさんざっぱら大きな伸び率を示しているそうです。

 

その要介護者数の中けれども第1被保険者の割合は9割以上となっている事が現状として有る為に、介護保険制度は高齢者用の介護保険制度と実質的になっている様です。

 

その数字だけで見てみると高齢者の中の15%は要介護認定にあたっている計算になるので、大層高齢者の要介護者率は高いと言えますし、高齢者自体も増えてきている事もその原因となっている様です。

 

要介護者と認定された皆が介護サービスにあたっていると思いますが、どうしても介護保険制度が始まった当初よりは2~3倍にも増加している傾向にある様で、その内訳としては6割が居宅サービス(在宅)、3割が施設サービス、残り1割が地域密着型サービスにあたっている事が分かっています。

 

中けれども居宅サービスの伸び率が最も多い様です。

 

また、介護保険の総費用に関してもいともでかいものになっているそうで、そう言った数字の面からも伸び率の面からみてみても国民生活の介護部分の中に介護保険制度が根付いている現状で在る事をもの語っていると言えるのではないでしょうか。

 

 

介護保険制度が誕生した理由

日本はもう高齢化社会としてつつ有ります。

 

その状況を背景にして介護保険制度が誕生したのです。

 

団塊の世代が定年を迎えた今、高齢化社会にまっしぐらと言うのは明白ですよね。

 

1人暮らしをしている高齢の方も手広く、今後一層介護の心配をしなくてはならない状況になっています。

 

そうして高齢者の方は介護が必要にならない様に元気でいる為に、介護が必要となっている方は、現在の症状を悪化させない様に、出来るだけ自立した生活が寛げるようにと社会全体で支援するという事を目的として、介護保険制度が誕生した様です。

 

では、介護保険制度が制定された目的は具体的に言うと如何なるものなのでしょうか。

 

それは何と言ってもこれから低下するであろう高齢化社会にかけて介護問題を社会全体で取り組もうという目的があるからです。

 

高齢化がすすむにつれて寝たきりになったり認知症になったりと介護が必要になる人がどっさり増えてくると予想されています。

 

また介護が必要になってもそれが短期間ではなくて長期間になって仕舞う場合が多くなり、介護する側への負担、介護する人が高齢化になってしまうという事が予想されている為に、家族で介護をするには限界が来ると思う様になります。

 

そう言った自体に陥らない様に社会全体で介護に対する仕組みを作り上げ、介護を受ける側、その家族にかかる負担や不安を軽減させる事を目的として作られたのが介護保険制度で、万全にのぼる様に何かと試行錯誤が繰り広げられています。

関連ページ

介護保険制度について
介護従事者の問題点、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険料の内容
介護従事者の問題点、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
要介護認定の申請はどこにすればいいのでしょうか
介護従事者の問題点、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
ケアマネージャーについて
介護従事者の問題点、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険制度を上手く使おう
介護従事者の問題点、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護サービス【有料老人ホーム】
介護従事者の問題点、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護サービス【訪問介護】
介護従事者の問題点、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険制度の被保険者資格について
介護従事者の問題点、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
介護保険制度が創設された狙い
介護従事者の問題点、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。