扶養家族に関する色々な規定

扶養家族に関する色々な規定

色々な規定を基に税制が控除されるという仕組みが扶養家族には有ります。

 

その規定は税制によって違う様ですのでいくつか説明して見たいと思います。

 

 

 

先ずは住民税についてですが被保険者の配偶者の収入が100万円以下であれば課税罹る事は有りません。

 

しかし100万円を超えた場合は超えた分に対して住民税が課税罹る様になりますので注意しましょう。

 

 

次に所得税についてです。

 

扶養家族として103万円以内の年収であれば所得税は課税罹る事は有りませんし、配偶者控除がもらえる様になっています。

 

103万円以上の場合ところが一層ある一定の基準内で有れば課税はされないようです。

 

再び所得税は複雑で、配偶者の年収が103万円~141万円以内である場合でかつ、被保険者の年収が1000万円以内であれば配偶者控除の対象となりますので課税罹る事は有りません。

 

 

次に健康保険料についてですが扶養家族の年収が130万円未満の場合は健康保険料は納めなくても可愛い様で、被保険者の被扶養者という事で治療費3割負担で受ける事が出来ます。

 

健康保険料は年収130万円以上の人の場合は扶養家族から逸れて加入しなければならないという決まりが有るのです。

 

この掛け金ですが今働いている所得によってこなせる訳では有りません。

 

前年度の所得によって額が決められていますから、その点を注意しておかなくてはなりません。

 

 

最後に個人事業主の方だが、申告する際に特別控除額を引いた金額が38万円以下の人もいると思います。

 

そう言う方は扶養家族として扱われますので所得税は課税されない事になるそうです。

 

 

 

 

結婚して旦那様の扶養家族になる場合

結婚を通して仕事を止めて専業主婦になる場合だが、専業主婦として生活するのであれば基本的には旦那様の扶養家族として扱われる事になります。

 

旦那様が加入している健康保険組合から奥さんを扶養家族にするという認定を雇用保険を受給した後に受けなければなりません。

 

その後で扶養家族として認められる事になりますので、仕事を止めてからは間があく事になります。

 

その間は国民健康保険に加入するという事になるそうです。

 

仮に奥さんになる人が結婚前に働いていないか、低い収入だった場合、親の扶養家族に入っている可能性が良いと思いますが、その際には健康保険資格の喪失証明と、親の扶養家族の際に携帯していた保険証のコピーを携帯して旦那様の健康保険組合に提出すると、今度は旦那様の扶養家族として認められる事になります。

 

 

 

そうして、奥さんが旦那様の扶養家族になった場合の健康保険の使い方ところが、もしも奥さんが妊娠出産という事になる場合も充分に考えられますよね。

 

この際、社会保険に申請する事で「出産育児瞬間金」を味わう事が出来る様ですので、ぜひ利用してほしいものだと思います。

 

グングンもしも奥様のご両親、つまり旦那様としてみたら義理の両親を旦那様の扶養家族にしたいという申し出がある場合ところが、これには少々条件が付きます。

 

年収も当然一定額以内である事が条件に入りますが、旦那様と同居している事と言うのも条件に入れなければならないそうで、その証明の為に住民票を申請する必要が見て取れるそうなのです。

 

同居していなくても仕送りして生計を一緒にしているという証明が出来れば、別居していても扶養家族にする事も可能だそうです。

関連ページ

扶養家族とは
扶養家族控除について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
扶養家族と健康保険について
扶養親族について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
扶養家族になる事の利点
扶養控除申告のポイント、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
扶養家族と失業保険
扶養控除と高齢化社会、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
扶養家族として認められない場合
配偶者が健康保険に加入する場合、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
保険証のカード化
扶養家族として範囲内で働いた方が得するのか、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
国民健康保険料の免除について
扶養家族のメリットとは、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
扶養家族の範囲を超えて働く場合
配偶者特別控除の縮小、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。