扶養家族とは

扶養家族とは

「扶養家族」とはどんな意味があるのかご存知でしょうか。

 

簡単に言うと自分が養育(扶養)しなければいけない家族の事を刺しています。

 

この扶養家族がいるいないで社会保険や健康保険等何かと変わってきますので、全く重要なものです。

 

まずは1人あたりの扶養家族の人数についてですが、扶養家族が何人だったとしても社会掛け金は貫くそうですが、結婚や家族の死亡、子供が生まれたなど人数の増減が有った場合には、早速働いている会社の事業主に対して変更届を提出する必要が有ります。

 

この扶養家族制度は色々な制度との絡みがはなはだ奥深い制度となっています。

 

社会保険、健康保険、確申、税金等実に様々な税金絡みです。

 

扶養家族制度を上手に利用する事によって様々な税金面に対して優遇される事が有りますので、しっかりと勉強しておくと良いでしょう。

 

 

 

【所得税】
所得税の考えの中で扶養家族という位置付けは、被保険者の配偶者若しくはその子供という様に生計が同じで在る人の事を指しています。

 

その人達は扶養控除達する対象となりますので、所得税の税額が軽減される様になります。

 

ただし配偶者ですから子供だからと言って無条件に扶養家族に生まれ変われる訳では有りません。

 

それぞれの年収が130万円以下で在る事、かつ被保険者の年収の半分未満で有る事、かつ被保険者と三親等以内で在る事という条件が課せられています。

 

ただし扶養家族の方が60歳以上または障害厚生年金を受給している障害者である場合はその年収が180万円未満まで認められています。

 

 

 

 

扶養家族と103万円と130万円の関係

正社員等で働いているサラリーマンの方はお給料を会社から貰っていますよね。

 

自分の収入がこう言った給与収入のみの場合だが、所得税という税金だけが徴収される様になっています。

 

この「所得税」ですがお給料から一定金額を差し引かれるのですが、金額は扶養家族の人数によって違うそうです。

 

扶養家族が多いほど税金を払わなくて済むという計算方法が設けられています。

 

これが扶養家族控除です。

 

但し扶養家族の定義は正しく決められていますからそれに従わなくてはならないのですが、たとえば扶養家族の方が働いて収入を得たとします。

 

このときの収入が一定額を超えてしまうと扶養家族から逸れてしまうのです。

 

この一定額が何かと基準が有るので下記で説明してみたいと思います。

 

 

 

たとえばあなたが結婚を通していたとして専業主婦になっている場合、貴方は旦那に扶養されている扶養家族になります。

 

だが専業主婦を止めてアルバイトを始めたとください。

 

毎月コンスタントに10万円お給料としてもらったとします。

 

すると年間120万円単純に稼ぐ事になります。

 

年間103万円以上稼いでしまうと扶養家族として扱われなくなってしまう為に、旦那の扶養から飛びてしまい旦那は扶養家族控除が受けられなくなってしまいます。

 

グングン120万円の年収ならまだ良いのですが、もう稼いで130万円以上稼いでしまったとします。

 

そうすると奥様は奥様自身で所得税を支払わなくてはならず、確申をしなくてはならないのです。

 

この103万円、130万円という数字は扶養家族の方は微妙なラインになりますのでよく頭に入れておくと良いと思います。

 

110万円程度しか稼がないのであれば103万円以下に調整する等、扶養家族控除の方がお得になる場合が有りますので、チェックしてみると良いでしょう。

 

 

 

 

扶養家族控除について

ここで扶養家族控除について説明してみたいと思いますので、参考にしてください。

 

 

 

【年収103万円以下】
被保険者の配偶者や家族等、年収が103万円以下の方がいる場合は、扶養家族として認められますので扶養控除や配偶者控除を受ける事が出来ます。

 

その金額はそれぞれ38万円の控除と言われています。

 

 

 

【年収130万円以下】
被保険者の配偶者や家族等、年収が130万円以下の方がいる場合は、健康保険の扶養家族として認められますので、被保険者(主にダディの方)が健康保険料を納めるだけで、扶養家族の方は掛け金を納めなくても3割負担で医療を利用する事が出来る様になっています。

 

 

 

【年収130万円以上】
ご家族の方が130万円以上の年収がある場合は、その方ご自身で国民健康保険に加入する事になりますので、その年の所得に応じた掛け金を来年支払って出向く事になります。

 

 

 

扶養家族の扱いは上記の様になっています。

 

扶養する人の課税対象額としては、お給料から様々な控除額が差し引かれた金額に対して受ける事になっていますので、扶養家族が多いほど税金を納める額が少なくなるという計算式が成り立ちます。

 

扶養家族控除の適用についてですが毎年年末の12月31日の状況によって適用されるかどうか判断されています。

 

その為に極端に言うと12月31日に生まれた子供がいる場合、その子供も扶養家族控除が適用される事になるのです。

 

もっと12月31日以前に扶養家族の方が亡くなっている場合だが、亡くなる前に扶養家族として適用しているのであればその年に限って扶養控除が貰える様になっています。

関連ページ

扶養家族に関する色々な規定
結婚して旦那様の扶養家族になる場合、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
扶養家族と健康保険について
扶養親族について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
扶養家族になる事の利点
扶養控除申告のポイント、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
扶養家族と失業保険
扶養控除と高齢化社会、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
扶養家族として認められない場合
配偶者が健康保険に加入する場合、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
保険証のカード化
扶養家族として範囲内で働いた方が得するのか、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
国民健康保険料の免除について
扶養家族のメリットとは、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
扶養家族の範囲を超えて働く場合
配偶者特別控除の縮小、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。