扶養家族になる事の利点

扶養家族になる事の利点

税金面において様々な利点が扶養家族になると頂ける事になります。

 

税金面と言うのは所得税や健康保険、社会保険等に関する金額になります。

 

では誰でも扶養家族になってしまえば良いんじゃないかと思いがちですが、扶養家族になる為には見て取れる一定の条件をクリアしなければならないのです。

 

扶養家族になる為には申請する必要が有り、その手続き自体がちょこっと面倒かもしれませんが、控除が頂けると一層頑張ると思いますので、ぜひ申請する事をお勧めします。

 

 

 

税金の加わり方だが、扶養家族の立場とか年収とかで変わって来る。

 

ここでは配偶者の場合で考えてみたいと思います。

 

配偶者の収入が100万円以下の場合、住民税が課税されない事になります。

 

100万円を超えた時点で超えた金額に対して住民税が課税されます。

 

また配偶者の収入が103万円以下の場合は所得税も課税されません。

 

再度扶養家族が配偶者という位置付けですので配偶者控除を受ける事も出来るのです。

 

また配偶者の収入が103万円~141万円までだと配偶者特別控除を受ける事が出来る様になりますので、配偶者の年収はずっと抑えておいた方が良い事になります。

 

但し扶養している人の所得が1000万円を超えた時点で配偶者特別控除は適用対象外となりますので注意して下さい。

 

 

 

扶養されている人の年収が130万円以上になると健康保険を自分で払わなくてはならなくなりますが、未満の場合は扶養家族として扱われ3割負担で健康保険を使う事が出来る様になります。

 

また昔は保険証と言ったら家族で1枚という感じでしたが、今は1人に1枚となっていますので扶養家族であっても1枚各自のものが来る事になります。

 

 

 

 

扶養家族と在宅の仕事について

扶養家族の方で多少なりとも家計を助けようと在宅での仕事をしている方もたくさんいる事でしょう。

 

在宅の仕事も今は何やかや有りますので仕事の幅も増えてきている様に感じます。

 

ただし正しく覚えておいてほしいのが税金面の事です。

 

在宅と言ってもある一定額以上の収入があれば税金を支払わなくてはならなくなります。

 

また税金を払わなければならなくなった時点で扶養家族からも逸れなくてはならなくなりますので注意が必要です。

 

 

 

在宅仕事をしている方は、その働き方によって税金の納め方が変わって来たりします。

 

本業の他に在宅仕事をしている方、個人事業粗方在宅仕事をしている方、主婦で在宅仕事をしている方など色々です。

 

近年多いのは専業主婦の在宅仕事です。

 

専業主婦は彼の扶養家族として扱われているケースが多いですので、実際には税金は払っていませんよね。

 

但し、在宅仕事である程度の収入を得ている場合は色々納税方法が有りますが、扶養家族の枠を出てしまうケースも考えられますので注意しましょう。

 

 

 

通常、在宅仕事は雑所得として扱われます。

 

本業がある方は雑所得が20万円以内であれば税金に関わって現れる事は無いそうです。

 

また、雑所得は在宅仕事で得た収入全てでは有りません。

 

通信代やパソコンの使い捨て代等、在宅仕事をする為に使った経費を除いた額が雑所得となります。

 

その額が103万円超えた時点で扶養家族から飛びなければならなくなります。

 

場合によっては年金や税金を差し引いたら、扶養内で働いている方が得と言うのも考えられますので注意しながら在宅をやりましょう。

 

 

 

 

扶養控除申告のポイント

扶養控除申告をする事で税金や社会保健において色々な優遇を受けられますので申告はしておいた方が良いと思います。

 

ここでは申告をするときのポイントをいくつかご紹介してみたいと思います。

 

 

 

先ずは扶養家族に増減が無いかという事です。

 

結婚して配偶者が出来た。

 

子供が生まれた。

 

扶養している人が亡くなった。

 

扶養している人が扶養家族から外れた等を申告ください。

 

次は控除を重複させていないかという事です。

 

重複してしまうと後ほど返還という事にもなり兼ねませんので、しっかりと確認しましょう。

 

次は扶養家族として生計を一緒にしている家族や親族に所得を得ている人がいるかどうか、また所得が扶養家族限度外でないかどうかという事を確認しておかなければなりません。

 

次は配偶者控除を受ける場合は民法上における配偶者であるかと言うのもポイントとなります。

 

扶養家族としている人のお給料が103万円以内であるかどうか。

 

扶養家族のなかに70歳以上の方がいるかどうか。

 

扶養家族としているのに生計が別でされていないかどうかという事にポイントを置いて申告を通していきましょう。

 

 

 

また、扶養控除を申告するたまに書き方が難しいと不安に感じる場合も低くは有りませんよね。

 

でも意外に少し位間違っていても修正が簡単ですから気にする事はないですし、無性に分からなければ税務署に電話してみるとある程度丁寧に教えてくれますよ。

 

利用してみて下さい。

 

申告書の書き方を心配するよりは申告書を提出しない方が税金面で何かと損をしてしまいますので、忘れない様に取り出しましょう。

関連ページ

扶養家族に関する色々な規定
結婚して旦那様の扶養家族になる場合、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
扶養家族とは
扶養家族控除について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
扶養家族と健康保険について
扶養親族について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
扶養家族と失業保険
扶養控除と高齢化社会、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
扶養家族として認められない場合
配偶者が健康保険に加入する場合、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
保険証のカード化
扶養家族として範囲内で働いた方が得するのか、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
国民健康保険料の免除について
扶養家族のメリットとは、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
扶養家族の範囲を超えて働く場合
配偶者特別控除の縮小、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。