扶養家族と失業保険

扶養家族と失業保険

失業保険に関してですが、失業すると失業保険を買う場合が有るというのです。

 

その受給額や受給期間は雇用保険に加入していた期間や貰っていたお給料で変わってきますのでおしなべて何とも言えない所が有ります。

 

失業保険を貰っていて二度と扶養家族になるとするとすれば何かと注意が必要になります。

 

場合によっては扶養家族になれないケースもあるそうなのです。

 

 

 

結婚して会社を辞めて失業状態になった時、先ずは失業保険を貰おうとしますよね。

 

その額によっては旦那さんの扶養家族になれないケースが有るそうです。

 

それは旦那さんの入っている組合によるのでしょうが扶養家族にする為の上限額というのが設定されているそうです。

 

失業保険をたくさん貰っている場合はその上限額を超えて仕舞う可能性が出て来る為に扶養家族に認定されない場合が見て取れるのです。

 

1日あたりの給付金額が低くても関係ありません。

 

受給期間が長いとそれ程味わう事になりますからトータルで考えると高くなるとかそう言う事です。

 

結婚後に夫の扶養家族に入ろうとしている場合は、失業給付金と夫の会社が加入している保険の条件をよく見て位置付ける事が大切になります。

 

仮に失業保険を貰いたいのであれば給付期間中は自分で国民健康保険や国民年金に加入する等する必要が出てきます。

 

但し給付されるまでは待機期間というものが有りますよね。

 

この間は扶養家族に生まれ変われる場合も有りますので、色々なケースが予想されます。

 

ですから何かと勉強して見る事をお勧めします。

 

 

 

 

扶養家族から外れる場合

家族が扶養家族から外される時と言うのはどういう場合でしょうか。

 

たとえば扶養家族の方が就職して給料を貰う様になった場合、また死亡してしまった場合に扶養家族から外されてしまいます。

 

給料は年収130万円以上(60歳以上の場合は年収180万円以上)になった場合に扶養家族から外される事になります。

 

そういった収入による扶養家族から逸れる飛びないという基準としては、年収が130万円超えた時点で締め出すという事では有りません。

 

サラリーマンになる等継続的に収入が見込める様になった場合には、収入を得る様になった時点で扶養家族から外さなければならないのです。

 

 

 

では扶養家族を欠かす手続きと言うのはどうすればいいのでしょうか。

 

扶養家族から取りはずす理由は様々有りますよね。

 

どんな理由があるも扶養家族からなくす事になった場合は「被扶養者異動届」と扶養家族だった人の保険証を扶養者が加入している健康保険組合に提出する事で手続きをする事が出来ます。

 

資格喪失日に関してですが「被扶養者異動届」の自由発生日が基本的には資格喪失日となります。

 

また扶養家族の方が死亡して資格喪失となった場合は死亡日の翌日が資格喪失日となります。

 

どんどんサラリーマンになってその会社が加入している健康保険組合から保険証が発行された場合は、そちらの資格取得日を所持して資格喪失日となります。

 

この手続きが遅れてしまうと、過去に遡って給付された金額などを返還しなくてはならなくなるのでどうしても手続きはきちんと行う様にください。

 

 

 

 

扶養控除と高齢化社会

昨今の不況、または高齢化社会になってきた事によって、多少なりとも税金を安く抑えようと親を扶養家族にする人が増えてきているそうです。

 

平均寿命が延びてきていますし、少子化も進んでいます。

 

その為に高齢化社会が進行しているのです。

 

また、お年寄りを支えなければならない若い世代にとっては不況という事も重なって、仕事が無いとか生活が酷いとかいう人も増えてきています。

 

自分の生活の面、親の生活の面を考えてみて、親を扶養家族にすると少しは生活が楽になるのではないかという練る人が多いみたいなのです。

 

 

 

親を扶養家族にする場合、健康保健においての被扶養者、税法上においての被扶養者と2通りパターンが有ります。

 

健康保険においての被扶養者とは、親の年齢が60歳未満である事、かつ年収が130万円未満の人と定められています。

 

ただしなんらかの障害を携帯している人でかつ年収が180万円未満の方であれば60歳以上の親も被扶養者にする事が出来るそうです。

 

しかしこの年収にもルールが有って被保険者の年収の半分未満である事が条件と定められています。

 

再び、親の生計を立てているのが被保険者の年収でという条件も付加されます。

 

つまり現実的に扶養しているという事実が無いと扶養家族にはなれないという事なのです。

 

扶養家族で在るのに親の方が年収が高いとか、親のお金で自分が生活しているのに自分の扶養家族になるというケースは認められないのです。

 

また、親を扶養親族として定義付け、扶養控除を受けるケースも有ります。

 

この場合は親の所得(経費を差し引いた金額)が38万円以下で在る事が条件に入ります。

 

これには年金も留まる様なので扶養親族にするのは難しくなる場合も有ります。

関連ページ

扶養家族に関する色々な規定
結婚して旦那様の扶養家族になる場合、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
扶養家族とは
扶養家族控除について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
扶養家族と健康保険について
扶養親族について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
扶養家族になる事の利点
扶養控除申告のポイント、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
扶養家族として認められない場合
配偶者が健康保険に加入する場合、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
保険証のカード化
扶養家族として範囲内で働いた方が得するのか、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
国民健康保険料の免除について
扶養家族のメリットとは、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
扶養家族の範囲を超えて働く場合
配偶者特別控除の縮小、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。