国民健康保険料の免除について

国民健康保険料の免除について

国民健康保険や社会保険は本当に支払わなければならないものですよね。

 

社会掛け金は勤め人を通していると給料から天引きされますので自動的に払う事になりますが、国民健康保険は自営業の方が多いので、基本的には払いますが、払いが詰まる人も多い様です。

 

仮に自営業の方で扶養家族がいる場合それでも扶養家族がいない場合けれども、支払う事が出来なくなったらどうすればいいのでしょうか。

 

 

 

国民健康保険に関してですが、一定事情がある場合は掛け金の納付が免除されたり減額されたりするケースが在る様です。

 

その事由には病気、解雇、倒産、失業等が挙げられますが。

 

この事由は自治体ごとに違いますので聞いてみると良いでしょう。

 

どうにもならない事情から収入が極端に減ってしまった場合、家計は国民健康保険料の納付どころじゃなくなりますよね。

 

そうした場合に自治体に言い立てる事で、免除またが減額浴びる場合が在る様です。

 

ですが至急その申請も認められない事も有って、今の生活状況や財産の所有状況等をおっしゃる場合も在るそうですので、ある程度は私生活をさらけ出さなくてはならないのは覚悟しなければなりませんね。

 

 

 

こんな免除や減額までの基準は自治体によって違いますが、基本的基準は決められていますので大幅に罹る事は無いと思います。

 

それによって扶養家族への影響もなるかもしれませんので扶養家族がいる方はとりわけ放っておかずに調べてみると良いかもしれません。

 

 

 

 

扶養家族と青色専従者について

個人事業を通じている方によくある事だと思いますが、扶養家族として認定している奥さんやお子さんを自分の仕事の手伝いをさせて給料を支払っているという事をしている人はたくさんいる事でしょう。

 

給料を払うという事はその扶養家族を青色従事者にするという事にもなります。

 

そうした場合、どんなメリットが有るのかご紹介してみましょう。

 

 

 

青色申告をする場合、個人事業として行っている仕事に家族が一緒に働いた場合は、その働いた分のお給料を経費として全額申告する事が可能となっています。

 

ですから扶養家族の方けれども充分に動く事が出来るのです。

 

経費として全額見て取れるのであれば無謀な金額が申告受ける可能性も否定できませんが、他の業者に頼んだ場合と同等位の金額という基準が有りますので、よく無謀な金額は申告しないで下さい。

 

けれども給料を全額経費として申告する事は全ての面においてメリットだけではないのです。

 

 

 

では、青色専従者になった場合のポイントには何が有るのかと言うと、青色専従者にした時点で収入の大小に関わらず扶養家族から逸れてしまう事になりますので、扶養家族の特典である配偶者控除や扶養控除は受けられなくなりますので注意が必要です。

 

また、ある一定額以上の給料になると源泉徴収をしなければならなくなりませんので、納税の義務が発生する可能性も出てきます。

 

扶養家族からそれるという事は国民健康保険や国民年金も支払わなければならなくなりますので注意して下さいね。

 

 

 

 

扶養家族のメリットとは

パパの扶養家族になると色んな面でお得な部分が有りますよね。

 

たとえば年金や所得税、健康保険、配偶者控除等色々な面で優遇されています。

 

これが扶養者制度になっています。

 

ただこの制度、1年1年時流なのか内容が変わる事も有りますのでおしなべてこれが規則正しいとは言えませんが、基本的内容やメリットをご紹介してみたいと思います。

 

 

 

よく求人誌を見ていると「扶養の範囲内で動く事が出来ます。

 

」という謳い文句を出している会社が有りますよね。

 

これは健康保険における扶養家族のエリアの年収(130万円未満)あるいは、配偶者控除が適用される年収(130万円未満)という意味で提示されている言葉になります。

 

この範囲内ではたらく事によって様々な控除を受ける事が出来るのです。

 

 

 

では扶養家族になると如何なるメリットが有るのでしょうか。

 

先ずは扶養家族になると夫が加入している健康保険の被扶養者として扱われる事になります。

 

つまり自分で掛け金を支払わなくても健康保険を使う事が出来るのです。

 

負担額は国民健康保険と同じ様に3割負担が普通らしいですが、健康保険料を払ってないのに使えるという事は大きなメリットであると思います。

 

また夫が厚生年金を支払っている場合、扶養家族であるだとすれば国民年金を真に払ってないけど払った感じ扱いになります。

 

また第三被保険者という扱いになって優遇されますので大いにお得という事になります。

 

そういったお得なメリットがあるので、130万円前後でアルバイトやパートをする位ならば扶養範囲内で働いた方がずっとお得という事になるのです。

関連ページ

扶養家族に関する色々な規定
結婚して旦那様の扶養家族になる場合、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
扶養家族とは
扶養家族控除について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
扶養家族と健康保険について
扶養親族について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
扶養家族になる事の利点
扶養控除申告のポイント、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
扶養家族と失業保険
扶養控除と高齢化社会、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
扶養家族として認められない場合
配偶者が健康保険に加入する場合、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
保険証のカード化
扶養家族として範囲内で働いた方が得するのか、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
扶養家族の範囲を超えて働く場合
配偶者特別控除の縮小、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。