扶養家族の範囲を超えて働く場合

扶養家族の範囲を超えて働く場合

妻が扶養家族の場合それでも働くという事は多いに考えられます。

 

それが自営業を通じている人の妻も、サラリーマンの妻も扶養圏外という事になればそれなりの時間、仕事をしなくてはならなくなります。

 

すると家事や育児と仕事の両立はかなり難しくなるとして良いでしょう。

 

この時サラリーマンの妻であるとすれば100万~150万円位で動くのであれば損をする可能性が出てきますので扶養の範囲内で働いた方が良いと思います。

 

自営業の妻で有ればその辺は大丈夫だと思います。

 

 

 

もし可能それであれば扶養家族の圏外ではたらく場合は正社員であるのが一番良いかもしれません。

 

正社員として頑張れるならば社会保険や厚生年金に入る事が出来ます。

 

これが一番のメリットかもしれません。

 

こんな掛け金はお給料の額で変わってきますのでおしなべて言えませんが、お給料が上がれば年金額も上がりますが、将来受け取る額も加わる事になります。

 

但し、こんな税金等はお給料から天引きされていますのでわざと負担に感じる事は無いと思います。

 

厚生年金は国民年金の上乗せ年金として将来の年金額が増えます。

 

これはとても大きいメリットですよね。

 

国民年金での年金額はかなり少ないです。

 

次いで夫婦共に国民年金だと相当将来的にギリギリの事が考えられます。

 

それを回避出来るのであればぜひ加入しておきたいものです。

 

 

 

扶養圏外ではたらくのであれば正社員の方がお得という事になります。

 

しかし、扶養家族から外した夫側の税金は控除類が無くなるので加わる事になります。

 

その分を差し引いてもプラスになる様な働き方をすれば問題ないと思うのです。

 

 

 

 

離婚した際に行う扶養家族の手続き

離婚した場合、悲しみに嘆いているばかりではいられません。

 

離婚後に関する手続きをたくさんしなければなりません。

 

たとえばお子様がいるとすれば「母子手当」や「児童手当」、お子様や元配偶者様の「扶養家族が増減した事の申請」、「寡婦控除」「扶養手当」等です。

 

この「扶養家族」について説明してみたいと思います。

 

先ずは「扶養」とは、生活費を出して生活に関する面倒をみるという事を指しています。

 

扶養の中には「税金」「社会保険」この2つが扶養の中に考慮される様になっています。

 

 

 

扶養家族になっている事で、税金面においては所得から一定額が控除されます。

 

その為に税金が他人より安くなります。

 

また社会保険において扶養する場合は扶養家族の方の社会掛け金が実質不要となっています。

 

このメリットを受ける為には扶養家族になる為の条件をクリアしなければなりません。

 

税金面においては年収103万円以下、社会保険においては年収130万円以下となります。

 

 

 

離婚をした女性の場合、お子様を連れて離婚達する方も多いと思います。

 

かつて旦那の扶養家族として暮らしていた女性の場合、今度は旦那の扶養家族からは飛びて、自分がお子様を扶養家族として入れなければならなくなるのです。

 

ただ、扶養家族に前もって入っていたのであれば収入が少ない人も多いでしょう。

 

そうした方は自分の両親の扶養家族として手続きすると良いかもしれませんね。

 

しかし、元旦那がお子様の扶養解除手続きをしないと新規扶養家族申請が出来ませんので注意しましょう。

 

 

 

 

扶養家族になるケース2

一家の大黒柱として扶養家族を持つ事は充分に考えられますよね。

 

では扶養家族として申請しなければならないケースをいくつか挙げてみたいと思いますので参考にして下さい。

 

 

 

【別居中の配偶者の両親を扶養家族へ】
基本的に配偶者の両親を扶養家族にする場合は同居している事実が必要になります。

 

ただし別居していても扶養家族に出来るケースが有ります。

 

それは扶養する人が別居している配偶者の両親へ仕送りを通じていてそのお金で生計を立てている場合です。

 

この場合は扶養家族として申請する事が出来ます。

 

 

 

【個人事業主が扶養家族へ】
個人事業大概働いている場合、確申の際に青色申告を通じている人もいると思います。

 

そう言う人は通常扶養家族として申請する事が出来ないのですが、青色申告をするたまに特別控除額を受けますが受けた後の所得金額が38万円以下になった場合には、所得税は扶養家族として申請する事が出来ます。

 

売り上げが少なくて経費がかかった場合には所得金額が少ないという事も多いに考えられますので、個人事業主だからと諦める必要は無いのです。

 

 

 

【60歳以上の人を扶養家族へ】
60歳以上の人もしくは障害者認定を通している人で収入が180万円未満であれば扶養家族として認定して貰う事が出来ます。

 

 

 

上記のときの場合は扶養家族としての認定を受ける事が出来ます。

 

他にも多々扶養家族として認定されるケースが有りますので、調べたり役所などに聞いてみたりすると良いでしょう。

 

 

 

 

扶養家族になるケース

色々なケースが扶養家族になる為のケースとして有ります。

 

如何なるケースが有るのかいくつか挙げてみますので参考にして下さい。

 

 

 

【結婚退職】
仕事をしている女性と結婚した場合に、女性が結婚の為に退職して専業主婦になるケースが多々あります。

 

そういった場合、結婚した夫の扶養家族として申請する事が出来ます。

 

結婚退職をした場合、いまだにはたらく意思があるとみなされると雇用保険が受給されます。

 

その需給が終わったら夫が加入している健康保険組合に申請して扶養家族に認定される様にします。

 

認定までは多少時間が要る為に、その間は少しの期間けれども国民健康保険への加入となります。

 

 

 

【扶養家族から扶養家族へ】
このケースは結婚をするたまに見つかる可能性が在るのですが、結婚をする女性が働いておらず、ご両親の扶養家族として認定されている場合、結婚後は夫側の扶養家族として認定させる必要が有ります。

 

この様に扶養家族から扶養家族に代わる場合は、今使っている保険証のコピー、結婚前の健康保険資格の喪失証明証等を持参して夫側の健康保険組合に申請します。

 

このケースは即時扶養家族としての認定を受ける事が出来ます。

 

 

 

【自分の両親を扶養家族へ】
両親の年収、生計、年齢等、ある一定の規定をクリアした場合に限り、自分の両親を扶養家族として認定して頂ける事が出来ます。

 

 

 

【配偶者の両親を扶養家族へ】
このときの場合、条件として配偶者の両親と同居していなければなりません。

 

その確認の為に住民票を提出する必要が有ります。

 

 

 

 

配偶者特別控除の縮小

色々な控除に関してですが毎年何かしら変わっている所も有りますので、税金等の申告をする際には控除に関して何か変わってないか確認する必要が有ります。

 

その仲間が配偶者特別控除に関してです。

 

配偶者特別控除は扶養家族としての配偶者に割り振られた控除になります。

 

平成16年度以降、配偶者特別控除と配偶者控除を二重に適用する事が出来なくなりました。

 

扶養家族の配偶者控除はどちらか仲間しか適用する事が出来ない様になったのです。

 

 

 

今までは103万円未満の収入しかなかった配偶者の人は、配偶者控除と配偶者特別控除で最大76万円の控除が適用されていましたが、この改正からは103万円以下の人は配偶者控除の38万円しか控除されない事になりますので今までの控除額の半分になってしまった事になります。

 

実質配偶者特別控除が無くなったと言っても良いのかもしれませんね。

 

ただし、配偶者の年収が103万円~141万円の方は今までと何も変わらず最大控除額の38万円が収入によって少なくなっていきますので覚えておきましょう。

 

これが配偶者特別控除という事になります。

 

しかし、この配偶者控除や配偶者特別控除は扶養する人の所得金額が1000万円以下の場合だけに適用されるものになりますので高額所得者には該当しないという事になります。

 

こんな縮小によって多々家計にダメージが来る様にもなりますので、注意して下さい。

 

またサラリーマンの場合はそういった内容が分からなくても、会社が一括で行ってくれるので心配する事は無いでしょう。

関連ページ

扶養家族に関する色々な規定
結婚して旦那様の扶養家族になる場合、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
扶養家族とは
扶養家族控除について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
扶養家族と健康保険について
扶養親族について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
扶養家族になる事の利点
扶養控除申告のポイント、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
扶養家族と失業保険
扶養控除と高齢化社会、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
扶養家族として認められない場合
配偶者が健康保険に加入する場合、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
保険証のカード化
扶養家族として範囲内で働いた方が得するのか、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
国民健康保険料の免除について
扶養家族のメリットとは、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。