節約の仕方について

節約の仕方について

節約の仕方はたくさん有ります。

 

インターネット等を調べてみると何から手を付けて良いか分からなく繋がる位たくさん情報が出てくるというのです。

 

情報がたくさん有るからと言って色んな節約方法を試してしまうと全部が中途半端に終わってしまうというので、先ずは自分が出来る所から節約方法を実践して赴き、節約生活を送っていく事が思い切り大切だと思います。

 

節約方法にいかなる事が有るか調べてみたら、それが自分が出来そうな事か判断をします。

 

自分が出来そうな事で有ればそしたら手を付けて心がけると良いでしょう。

 

 

節約生活を送る目的としては出費を引き下げる事に見て取れると思います。

 

その為にひとまずはじめる事からには収支と支出の内訳をわかる事、それがバランスが良いか判断する事、無駄が何処にあるか眺める事、その上でどこを削ったら良いか考えてそこに対しての節約方法を見つけると良いと思います。

 

それが人によったら光熱費かもしれませんし、食費かもしれませんし、交際費かもしれません。

 

色んな節約生活方法が有る中で自分が無理なく削れる所から方法を考えて実践していきましょう。

 

そうして家計簿をつけてみるという方法も効果的だと思います。

 

家計簿を塗りつけるとお金の動きが把握出来るのでそこから節約の仕方を突き止めるのも有りですね。

 

キチキチと実行してしまうとストレスが溜まってしまいますので、ストレスを溜めない程度に節約を通していって自分に合うものを見つけながら節約生活をしていきましょう。

 

 

 

 

節約生活の方法【食費】

食費を節約すると言うのは節約生活において基本中の基本かもしれませんね。

 

食費の節約に関しては、すっと効果が出るし実感もし易いので一番節約し易い所だと思うのです。

 

効果を至急受け取るのであれば節約生活をしていてもハリが出てきますよね。

 

ただしあまりにも食費を節約する事に重点を置き過ぎて、味やボリュームが満足できなければ意味が有りませんよね。

 

食費を切り捨ても美味しい料理が作れる事、ボリュームも充分に満足出来る事も工夫出来ればポイントアップだと思います。

 

 

食費を節約する際、どこから切り捨ていけばいいかと言うと食材選びが中心になると思います。

 

安っぽい食材を購入してそれを上手に余す所なく使って出向く。

 

これがポイントになるのではないかと思います。

 

安っぽい食材を買ってきても残してしまったら意味が有りませんよね。

 

それにいかほど全部食材によるとしても高ければ節約にはなりません。

 

だからこの点によって安っぽい材料で無駄無く効率的に取り扱う事、それでいておししくてボリュームがある料理を調べる事、これが食費を節約するポイントだと思います。

 

そうして注意しなくてはいけないのが、どんなに安いからと言ってまとめ買いしてしまうのもいけません。

 

いくら安くても大量に買ったら用いきれなくて腐らせてしまうという事も有ると思います。

 

これそれでは結局無駄な買いものを通しているだけで節約には一切なりませんよね。

 

出来れば貰うものをメモしてからスーパーをめぐって買いものをする様にして、無駄なものは買わない様にする事が大切です。

 

 

 

 

節約生活の方法【電気代】

電気代の節約も節約生活においては特に基本的事ではないでしょうか。

 

東日本大地震が置き、計画停電をしなくてはならなくなり、節電モードになっている日本にとって、節約生活の前に節電をするという意味でも今皆が引っかかる情報で有ると思います。

 

その第一段階として即刻出来る電気の節約では待機電力を食い止める事が挙げられます。

 

電化製品は使っていなくてもコンセントを刺しているだけで微量な電気が流れています。

 

これを待機電力と言うのですが、待機電力も電気代はかかっているのでこれをよっぽど無くしてしまうと節電に繋がるという事です。

 

一番良いのはコンセントから抜いてしまう事です。

 

けれども逐一扱うところコンセントを閉じ込めるとなると面倒ですよね。

 

そこでオススメしたいのが節電コンセントです。

 

1つの節電コンセントにはコンセントを突き刺す部分が6つ位付いています。

 

その個々にスイッチが有り、それを切れば待機電力から下回る事が出来るという優れものです。

 

これを使うとスイッチの入り切りだけで済みますので電気代を節約する事が出来る様になります。

 

後は何だかキッチン周りの電化製品ですよね。

 

炊飯器は保温したままにしておくと必ず電気代がかかってしまいます。

 

その為、ご飯を炊いて余ってしまったら冷凍保存する様にすると炊飯器の保温をしなくてもよくなりますので電気代を節約する事が出来ますよ。

 

二度と最近ECO家電が発売されています。

 

省エネを通して得る家電が次々各メーカーから発売されているので、こうした製品を購入すると言うのも節電対策になります。

 

電気代の節約は見直せば何やかや出来ますので、身の回りを確かめてみると良いでしょう。

 

とても電気代に差が出てきますよ。

 

 

 

 

節約生活の方法【ガス代】

ガス代の節約も節約生活において欠かせない項目の1つになると思います。

 

家庭内でガスを使う場所となると、キッチンとお風呂かな?と思います。

 

この2ヶ所でガスの節約生活をする事のなりますね。

 

先ずはキッチンでのガス節約ですが、鍋を火にかける時強火にしないという事です。

 

激しい火力が必要な中華料理等は別にして、煮込み料理をしたりお湯を沸かしたりする時は中火で充分です。

 

強火だと余計なガスを通じているだけになりますので、中火にするだけでガス代を節約できます。

 

別途酷い鍋より熱伝動が良い広めのフライパンでお湯を沸かすと効率的に沸かせるので、素早くお湯を沸かす事が出来ます。

 

後、野菜を茹でる時、お湯を沸かして茹でているでしょうか。

 

一々お湯を沸かしているとガス代がかかりますので、最近出ているシリコンスチーマー等を利用するといかがでしょうか。

 

電子レンジを使うだけで至急茹でた野菜ができあがりますよ。

 

シリコンスチーマーは色んな色が出ていますし、色んな料理が作れちゃうので本当に楽しんで料理が出来ますし、ガス代も節約できるので一石二鳥な感じですよ。

 

こんな便利グッズを使う事で面白くガス代を節約出来るのであれば良いですよね。

 

 

そうしてお風呂でのガス代の節約ですが、追い炊き機能が付いているとはからずも使ってしまいたくなりますが、あれは大いにガス代を使うと言われています。

 

お風呂を入れたら立て続けに加わる様にして沸かし直しをなくす工夫をしたりとか、お湯を冷めないシートも今は売っていますのでそれを利用する様にしたりとかして、工夫をください。

 

毎日湯船は素敵な事だと思いますが、シャワーの方がガスを使わないので交互にしても良いですね。

関連ページ

節約生活について
節約生活と不況について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
節約生活の方法【水道代】
節約生活の方法【携帯電話】、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
節約生活の方法【ガソリン代】
光熱費を見直して節約生活をしよう、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
節約生活の方法【交通費】
節約生活の方法【医療費】、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
節約生活の方法【書籍代】
節約生活の方法【外食をする時、お惣菜を購入する時】、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
節約生活中のデート
カリスマ節約主婦、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
節約生活の方法【お弁当】
一人暮らしの節約生活、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。