節約生活の方法【交通費】

節約生活の方法【交通費】

仕事をしている以上、なかなか外せないのが足代ですよね。

 

節約生活をしていても足代だけはかさんで出向くってあるというのです。

 

会社から全額負担されていればいいですけれども自費で賄っている人だって多いはずです。

 

その上定期外の所に行くとすると余計に足代はかかってしまいます。

 

使わなくてはならない足代であれば、工夫して節約をする様にしてみると良いと思うのです。

 

そこで節約生活を送る為に、足代の節約方法をご紹介ください。

 

 

 

先ずは定期券は有効利用くださいという事です。

 

定期券はその区間内であればどこで降りても追加料金は発生しません。

 

ですから休日等も出来るだけ定期区間を利用していく様にすると足代が節約出来ますよ。

 

次に新幹線代や飛行機代を節約する上で利用してほしいのが金券ショップです。

 

いく区間が決まっているとある程度安く手に入れられると思います。

 

バスカードや回数券等も売っている場合が有りますので、ぜひ利用してみて下さい。

 

そうして金券ショップは足代だけじゃなく映画のチケットやレジャー施設のチケット等も売っている場合が有ります。

 

こういうチケットを上手に利用する事で定価より安く遊べる事が出来ますよ。

 

そうして前挙げた回数券ですが、定期券を利用するほどじゃないけど定期的に電車やバスを利用するという場合、回数券を利用するとお得になるのです。

 

大体は10回分の値段で11回分利用できて1回分お得という場合が多いです。

 

平日と土日祝日と違いますが、賢く利用すると足代の節約になりますよ。

 

 

 

 

節約生活の方法【衣服代】

節約生活をするにあたって節約したい部分に「衣服代」が挙げられます。

 

それでも女性であれば他で節約生活をしても洋服が欲しいとか、お母さんであれば自分が我慢してでもお子さんに洋服を買ってあげたいとか想うものだと思います。

 

そこでまだまだ工夫をするだけで節約ができるというのでその方法を挙げてみたいと思います。

 

 

 

先ずはベビー服に関してですが、出来れば出来るだけ買わない様にする事をオススメしたいです。

 

ベビー服って買ってみるとそれ程高価なものである事が分かります。

 

やっと大きいお金を出して買っても至急子供が大きくなって着られなくなってしまうという事も多いのです。

 

それは無駄よね。

 

そうしたお宅が多いのも事実ですので、仮に自分よりちょい上のお子さんがいるご家庭でそうしたお洋服が余っているからには貰って使うと言うのも方法です。

 

洋服が無駄にならずに用い回せて経済的ですよ。

 

次にフリーマーケットやオークションを利用するという方法があります。

 

ここでは定価よりやけに格安で商品が提供されています。

 

そうして意外にも新品である事も多いのです。

 

ですから一度探してみて利用してみるとなかなかいい節約術だと思いますよ。

 

そうして最近ではウェブストアが相当安くて品ものも充実しています。

 

品質はインターネット上ではわかりませんが、ひと度購入して品質を確かめて良ければそこで中心的に買うと言うのもありでしょう。

 

愛らしい流行の洋服を格安で手に入れられると思いますよ。

 

そうして洋服を購入するのであればバーゲンは欠かせませんよね。

 

流行を探し求めなくて定番的ものを貰うのであればバーゲンまで待って購入すると来シーズンでも着られる洋服が半額など格安で手に入りますよ。

 

そうして工夫して衣服代を切り捨ていきましょう。

 

 

 

 

節約生活の方法【医療費】

医療費の節約に関しても節約生活をするのであればぜひやっていただきたい項目だと思います。

 

医療費は加入している医療保険によって負担額が変わってきますが、大体は2~3割負担が一般的ですよね。

 

少額負担である様にも感じますが、節約生活をしているとやはり医療費って良いなと感じると思います。

 

それでも仮に医療費がある一定額以上かかってしまった場合には、申請をすると医療費の一部が戻る制度も有りますのでぜひ利用したいものです。

 

これを高額医療費制度と言うのですが、高額の医療費の場合、月額自費が大体7万ほんのりという決まりが有ります。

 

それを超えた金額を申請する事により取り戻せるというものです。

 

知らなければ全額自費になってしまいますのでぜひ利用したいですよね。

 

 

また確申の時期に医療費控除を申請するという方法も有ります。

 

年間10万円以上の医療費を支払った場合、申請をすると所得税の医療費控除が出来るので少々なら奪い返す事が出来ますよ。

 

医療費には足代、診察代、薬代、入院費と挙げられます。

 

証明が出来る様に領収証は一概に取り置く様にください。

 

ただし、差額ベッド代等、医療費に含まれない事項も有りますので、ちゃんと事前に調べて置きましょ?
そうして健康診断の節約ですが、フリーターや専業主婦等は民間の健康診断を受ける事になります。

 

随分費用が良いので受けない人も多いのですが、放っておくと病気を発見出来ずに一大事になってしまうかもしれないのです。

 

そうならない為に保健所で健康診断を通じている場合が有ります。

 

自治体毎に違いますので一度役所に連絡して聞いてみると良いでしょう。

 

とってもお手ころ価格で健康診断が受けられますよ。

関連ページ

節約生活について
節約生活と不況について、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
節約の仕方について
節約生活の方法【ガス代】、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
節約生活の方法【水道代】
節約生活の方法【携帯電話】、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
節約生活の方法【ガソリン代】
光熱費を見直して節約生活をしよう、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
節約生活の方法【書籍代】
節約生活の方法【外食をする時、お惣菜を購入する時】、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
節約生活中のデート
カリスマ節約主婦、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
節約生活の方法【お弁当】
一人暮らしの節約生活、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。