実印とは?

実印とは?

印鑑は私達の暮らしの中で大事なものですよね。

 

銀行で通帳を定める際に登録するのが銀行印。

 

宅急便などで自分宛てに荷物が届いたときに圧すのが認印。

 

そうして次が一番大事な印鑑です。

 

車を買ったり、家を買ったり、人生の中それでもそんなふうにはない大きな高額の買いものをするたまに契約の書類に圧すのが実印。

 

使い道、プライオリティーはそれぞれ違ってきますが、どれもなくしては参る大事なものです。

 

 

中けれどもやはりプライオリティーのおっきい印鑑が、実印です。

 

実印とは、「本人であること」を証明できるもので、こちらが住民登録を通している市区町村役所に登録した印鑑のことです。

 

不動産の売買や車の購入など、重要な契約ときどき、必ず実印と印鑑証明が必要になります。

 

その二つが、間違いなく、「我々」、「本人」が契約を結ぶ事を証明できるのです。

 

印鑑登録とは、印の印影により個人を証明する制度をいいます。

 

ですから、実印の印影は完全オリジナルである必要があるのです。

 

また、実印は法律上・社会上の権利、義務の発生を伴う至極重要な印鑑で、実印を押した書類もかなりの効力があります。

 

 

そんな実印の重要性、社会への効力を考えると、安さ重視のどれも同じ機械で作った印鑑では、どっか不安ように思えてきませんか?どこででも手に入る機械彫りの印鑑では、悪用、偽造の心配数も上がります。

 

認印なら、でもいいと思いますが、実印だけは、世界で自分だけのオリジナル感広がる印鑑のほうが、実印には向いているように思います。

 

 

 

 

実印

印鑑もたくさん種類、用途がありますよね。

 

中それでも「実印」とは、どうしてゆうハンコでしょう。

 

一般的には、役所に登録した印章を「実印」といいます。

 

家、車などを購入する際や、高額な取引や重要な書類に使います。

 

このように甚だ重要な書類に用いる為、生産の同形印は実印として登録できません。

 

どこにでも手に入るような100%機械で作られた印鑑では、どれも同じに思え、悪用されやすく、危ないですよね。

 

実印は、「自分の証」となるものです。

 

仮にものたまに、悪用されない為にも100%オリジナルの世界に一つしかない実印を手に入れましょう。

 

 

彫刻する文字としては、姓名両方彫るのが相応しいでしょう。

 

姓だけだと家族と混同してしまう可能性もありますよね。

 

そうならない為にも姓名を彫ったものがよいでしょう。

 

 

書体は、条例では「楷書、行書、草書、てん書、れい書、古印体等いずれでも良い」となっています。

 

一般的には、てん書を選ぶ人が多いそうです。

 

 

大きさは、条例では「8mmの正方形に収まらないもの。

 

25mmの正方形に鎮まるもの」となっています。

 

一般的には15mmを目安に12mm~18mmがほとんどです。

 

 

印鑑の材質としては、主に、柘、黒水牛、牛角、象牙が主流です。

 

これらは、材料によって値段が大きく変わってくる。

 

ゴム印、浸透印(シャチハタ)、やわらかい木などは、長年使っていると変形しやすい材料な為、印鑑登録はできません。

 

 

印鑑は自分の分身です。

 

割高印鑑が、すばらしい印鑑だとは思いませんが、一生取り扱うものそれで、印鑑を貰う際は、自分にあった印鑑を探してください。

 

 

 

 

印鑑登録について

NEW街に引っ越してきました。

 

その時に、市区町村役場でしなくてはならない届けの中に、実印の登録があります。

 

実印は印鑑ライセンスとセットで使うと効力を発揮します。

 

それには、ひとたび、実印の登録をお住まいの市区町村役場でしておきましょう。

 

では、実印の登録には、如何なるはんこでもいいのでしょうか。

 

準備して行くものは?簡単にできるの?など、うだうだ疑問が出てきますよね。

 

簡単にですが、実印登録の手続きのポイントはこのような感じになります。

 

 

 

1.実印 登録する場所は?
住民登録を通じている市区町村役場で行います。

 

 

 

2.実印 登録のときに必要なものは?
実印として登録する印鑑
免許やパスポートなど身分を証明できるもの
実印の登録にかかる費用(だいたい200円~300円程度)

 

3.実印として認められない印鑑もあります。

 

印鑑選びには、注意が必要です。

 

 

印影の1辺の長さが8ミリ未満のものはNG。

 

 

印影の1辺の長さが25ミリ以上のものはNG。

 

 

変形しやすい材質のもの(ゴムやプラスチックなど。

 

)はNG。

 

 

枠が欠けていたり、摩耗してきれいになつ印できないものはNG。

 

 

戸籍上の姓名もしくはそのいずれかで彫刻されたものではないものNG。

 

 

 

何度も足を運ばなくてもいいように、上記の点をしっかりチェックして役場に向かいましょう。

 

実印は、如何なるはんこも、印鑑登録を通じてしまえば、それが実印になってしまいます。

 

実印とは、個々を証明する大事なものです。

 

それを踏まえて、しっかり、どっしりとしたすさまじさのある印鑑を実印にしたいものですね。

 

 

 

 

実印登録の手順

印鑑登録おわりまでの流れを簡単に説明します。

 

登録までにそれほど時間もかからないと思いますが、流れを理解していると、ひときわスムーズに手続きが済みますよね。

 

 

前もって、住民登録している市区町村役場へ行きます。

 

実印として登録する印鑑と、身分を証明できるものを忘れず持参して下さい。

 

役場にたどり着くと、備え付けの印鑑登録申請書に要所を記入して下さい。

 

それと、持参した印鑑を窓口に提出します。

 

 

申請が無事受領されると、晴れて実印が登録されます。

 

窓口で「印鑑登録証」というカードが交付されます。

 

次回から、このカードさえ持参すれば、登録印鑑(実印)は、持参する必要はありません。

 

このカードさえ窓口で出せば、「印鑑証明書」を発行して味わうことができます。

 

 

私もこの「印鑑登録証」、○×市民カードを携帯していて、自動交付機も、印鑑登録証明書、住民票の写しなどを示すことができるのでとても便利です。

 

申請書を記入する無用ので、簡単な手続きで証明書を受け取ることができるのです。

 

こうゆう証明書の類は、申請書に要所を記入しなくちゃならなくて、待ち受け時間も繋がるし、なかなか時間のロスだなぁとしていたので、大変楽になりました。

 

 

また、休日や平日の早朝・夕方なども利用でき、大変助かります。

 

仕事をしていると、ほしい証明書があっても、随分時間が作れませんよね。

 

お昼休みも窓口での順番待ちを考えると、難しいですもんね。

 

 

市役所のホームページで、自動交付機の配置場所、取り扱い時間など、詳細が載っているので出向く前にチェックをお忘れなく。

関連ページ

印鑑証明書って何?
印鑑を作るときに気をつけたいこと、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
印鑑と風水
実印の重要性、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
お子様に印鑑をプレゼントするなら・・・
ネット販売の印鑑の安さの訳とは?、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
ネットの印鑑屋
「手仕上げ印鑑」って何?、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
高い印鑑がいい理由
これからのエコ印材「彩樺(さいか)」、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
「本柘(ほんつげ)」
マンモス、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
チタン印鑑、キャラクター印鑑
高額な印鑑の訪問販売に注意、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。