印鑑証明書って何?

印鑑証明書って何?

我が家では、先日、車を購入しました。

 

その契約たまに、用意しておいてくださいというのが、実印と「印鑑認可」です。

 

軽く役場の窓口で出してもらっている印鑑認可ですが、「印鑑認可」とは、いかなるものかきちんと理解している人はさほど少ないのではないでしょうか?実際、私もいまいちよくわからないまま、必要だと仰るから用意しといたという感じでした。

 

ここで、「印鑑認可」のことをちょこっと勉強ください。

 

 

「印鑑認可」とは、書類に押した実印が、間違いなく本人の実印であることを証明できるものです。

 

実印とセットで効力を発揮するのですね。

 

 

役場の窓口では、「印鑑登録証」と書かれたカードを持参すれば、代理人も、委任状なしで「印鑑認可」の交付手続きができてしまいます。

 

その際には、本当に、登録者の住所・氏名・生年月日を申請書に書かなければなりませんが。

 

その為、ちょっと注意しておいてほしいことがあります。

 

印鑑登録証のカードの保管方法です。

 

住所・氏名・生年月日が簡単にわかって仕舞う資格や保険証などと一緒に保管しておくことは危険ですので、どうしても別のところに保管しておいてくださいね。

 

 

こうゆう大事なものは、保管する場所に困りますよね。

 

印鑑、断然大事とされている実印の保管も気を使うものです。

 

そんなふうに頻繁に使うものけれどもないので、「あれ?どこだっけ?」と探し回る言うことが私もありました。

 

ご自宅でどこにしまっておくか再び見直してみるのもいいかもしれませんよ。

 

 

 

 

「印鑑証明書」が必要な時

契約たまにこの実印が、間違いなく本人のものであると証明する為にいるのが、「印鑑資格」ですよね。

 

では、具体的に印鑑資格が必要な手続とは、どんな手続があるのでしょうか。

 

 

1.土地などの不動産を売ったり買ったりするとき
2.自動車を買ったり、売ったり、譲ったりするとき
3.マンションなどの、重大な賃貸借契約をするとき
4.保険金を得るときにその届出印がないとき
5.ゴルフ会員権を明け渡す契約をするとき
6.公正証書を作成するとき
7.相続で遺産分割協議書を作成するとき
8.その他、何だかんだ
上記のような場合、印鑑資格が必要になる訳ですね。

 

いずれも、高額なお金の取引がからんでいるようです。

 

このような場面が人生の中で何回あるのでしょう。

 

そんなふうに多くはないはずです。

 

ということは、実印を圧すことも人生において、数回しかないということです。

 

但し、どれも、多額のお金が動き、人生の転機となろうときであることに変わりありません。

 

人生においてそんなに何度も弱い、大事な時。

 

それなりの重みのある実印で臨みたいものですね。

 

 

実印は、自分自身の分身という人がいます。

 

それに恥じない実印をあなたは所持していますか?
私も、結婚を期にはじめて実印を作ったのですが、「実印は、自分自身の分身」であるということを意識して、自分としては、わずか奮発したしっかりとした印鑑を作りました。

 

なので、今後実印が必要となる時が来ても、安心して余裕を所持して、その大事な時を超えることが出来るような気がします。

 

いまだに、出番はないので、引き出しの奥で出番を待っている状態ですが。

 

 

 

 

印鑑を作るときに気をつけたいこと

私は結婚を期に、ようやく実印を作りました。

 

ただし、初めての経験なので、どのようなものを選んだらいいのやらまったくわかりませんでした。

 

なので、母に聞いてみると、「女性は夫より、広い最適印鑑は欠けるほうが相応しい。

 

」とアドバイスしてくれました。

 

母がいうには、夫の印鑑よりも妻の印鑑のほうが立派だと、結婚しても上手くいかなくなって仕舞うというのです。

 

そこで、私は、控えめな女性らしい色の印鑑を選びました。

 

 

どうしてゆう根拠があるかはわかりませんが、印鑑には、「このようにしたら相応しい」といったことがたいしてありませんか。

 

任せるか受け流すかはあなた次第ですが、聞いておいて損はないはずです。

 

一生において印鑑をつくる機会なんて、それほど何度もありませんし、それなら、その時に宜しいものを作って、後々大事に使いたいですよね。

 

 

実印に関しては、男性の場合は、姓名の縦彫り、女性の場合は名の横彫りか、姓名の横彫りがいいそうです。

 

そうして、基本として、女性は男性よりも大きい印鑑は欠けることです。

 

使っていくうちに欠けてしまった印鑑は、金運にマイナスの影響を与えてしまうので、すぐに新しい印鑑に入替ましょう。

 

 

また、印鑑の材料となる印材にも、それぞれ持つ意味があるそうですので、選ぶ際に気をつけてください。

 

たとえば、象牙や水牛は、PMAや明るさをあらわし、経営者や役職者、自由業の人にお進めだそうです。

 

このように自分の職業や目的によって印鑑の材質を選ぶのがポイントです。

関連ページ

実印とは?
実印登録の手順、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
印鑑と風水
実印の重要性、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
お子様に印鑑をプレゼントするなら・・・
ネット販売の印鑑の安さの訳とは?、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
ネットの印鑑屋
「手仕上げ印鑑」って何?、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
高い印鑑がいい理由
これからのエコ印材「彩樺(さいか)」、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
「本柘(ほんつげ)」
マンモス、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
チタン印鑑、キャラクター印鑑
高額な印鑑の訪問販売に注意、保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。