住宅ローン控除

住宅ローン控除

マイホームを購入した際にローンを組んで購入した人に対して税金をいくらか控除してバックしてくれる仕組みが「住宅ローン控除」です。

 

マイホームを手に入れたのはうれしいけれど、たくさんのローンを抱えてこれからの支払いに不安を感じる人もいると思います。

 

そんなあなたに強い味方となるこの仕組み、ローンを抱えて最初の数年は特に利息も高く、頭金などにいくらか支払って貯蓄残高も少なく支払いが大変です。

 

そんな数年を助けてくれます。

 

ローンの残高によって税金が控除されるため、かなり節税することができます。

 

サラリーマンなど会社員の場合、個人で申請手続きを行うのは1年目だけです。

 

2年目以降は年末調整にて会社で手続きしてくれます。

 

毎年その時期に届くローン残高の証明書を会社へ提出しておけば処理してもらえてあとは個人の給与口座へ振り込まれます。

 

住宅ローン控除は戻ってくる金額もかなり大きいため、節税対策としては必ず行っておきたい申告の一つです。

 

 

住宅ローン控除の対象になるのは、次のような人です。

 

・住宅ローンを組み新築住宅を取得した人。

 

・住宅ローンを組み中古住宅を取得した人。

 

・住宅ローンを組み自宅を増改築した人。

 

・住宅ローンを組み省エネ、バリアフリーなどの改築を行った人。

 

 

住宅ローン控除を利用できる条件。

 

・その年の所得合計が3,000万円以下。

 

・自ら所有、住宅所得後6ヶ月以内の入居、その後も引き続き12月31日までそこに住んでいること。

 

・金融機関から返済期間10年以上の住宅ローンを組んだ人。

 

・床面積50平方メートル以上ある住宅。

 

 

住宅ローン控除の控除期間は10年間。

 

控除対象の借り入れ限度額は4,000蔓延、最大控除額の総額は400万円です。

 

住宅ローン控除は、毎年年末時点での住宅ローンの残高金額に対して1%となっています。

 

つまり12月31日時点でのローン残高が3,000万円の場合、30万円が減税されて戻ってくるというわけです。

 

しかし収めた税額より多く戻ることはありませんので注意してください。

 

扶養控除、医療費控除などは所得控除なので課税所得を減らして税金を減らすというものです。

 

それに対して住宅ローン控除では、所得税を通常通りに計算して、その出た税額から差し引くため、わかりやすくて金額も大きいお得な減税制度となっています。

関連ページ

個人の節税
個人の節税・保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
生命保険料控除
生命保険料控除・保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
扶養控除
扶養控除・保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
親の扶養控除について
親の扶養控除について・保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
医療費控除
医療費控除・保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
譲渡損失による節税
譲渡損失による節税・保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
ふるさと納税
ふるさと納税・保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
ふるさと納税のやり方
ふるさと納税のやり方・保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
社会保険料控除
社会保険料控除・保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
セルフメディケーション税制
セルフメディケーション税制・保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
セルフメディケーション税制の対象
セルフメディケーション税制の対象・保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
確定拠出年金
確定拠出年金・保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
確定拠出年金の節税効果
確定拠出年金の節税効果・保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。
節税効果のある投資
節税効果のある投資・保険、介護保険、生命保険、養老保険、ファイナンシャルプランの情報です。